夜に香港のジミーちゃんと飯を喰い、深夜12時半に仕事が終わるユーマくんを新宿まで迎えに行きそのまま宇佐美の別荘へ。
DSC07985
3時を回って宇佐美に到着し6時に起床。
長い長い二日間が始まります。
DSC08011
今回の四川料理教室の舞台は南伊豆のゲストハウス コドコド
こちらに宿泊し翌日は西伊豆の戸田の道の駅 くるら戸田
DSC07994
この日のユーマくんは絶好調。
P1000219
グイグイ押してくるタイプの稲取では舞い上がってしまい説明もせずに調理を進めてしまったり・・
我が道を往くタイプの宇佐美では自由すぎるゲストを制御しきれないユーマくんでしたが・・
P1000241
南伊豆では本領発揮。
南伊豆の的確な質問に水を得たのかわかりやすい説明で丁寧に講習が進みます。
P1000249
この余裕の笑み。
進化するユーマくん。
しかし・・・このあと・・・とんでもない事態になるとは・・・
P1000254
ユーマくんのわかりやすい説明もあってこの日の教室は大成功
DSC08003
各自個性が出つつも美味しい麻婆豆腐の完成です。
DSC08004
楽しく真剣に、そして何よりも今まで以上に四川料理に対して興味を持ってもらえたのが大収穫です。
DSC08009
南伊豆っぽい写真も。
DSC08010
ノリに乗っているユーマくんは鳥だしで使った肉で葱油ソースでもう一品。
DSC08013
この日はここ、ゲストハウスコドコドで宿泊。
DSC08014
プロの料理人やプロ並みの腕を持つ宿泊者が勢ぞろい。
DSC08017
豪華夕食の競演です。
DSC08018
こちら南伊豆のブダイはコドコドさん特製!
DSC08019
ユーマくんは他のお客さんのホンビノスで葱油ソース
DSC08020
そして一度もキンメの煮付けを食べたことがないユーマくんが、キンメの煮付けなど百戦錬磨のみんなに作って振る舞う暴挙。
花椒を使う独創的な味にコドコドさんからレモンを入れたら?のアドバイス。
これがまた美味しいメニューに仕上がる不思議。
DSC08021
Takuさんからはたけのこのシンプルパスタ
DSC08022
美味しい日本酒やワインの差し入れもあり、大いに盛り上がりました。
DSC08025
翌朝はコドコドさんの美味しい朝食。
しかし・・昨日ノリに乗ってたユーマくんが起きない。
IMG_8853
調子に乗ったユーマくんが激しい二日酔いに・・・

P1000307
ふらふらのユーマくんを車に押し込みこの日の会場くるら戸田へ。
P1000319
参加者不足だと思われたくるら戸田ですが・・・
P1000320
みんなの呼びかけのおかげで逆に過去最高の参加者数になりました。
DSC08077
加えてこちらの素晴らしい施設。
DSC08097
前回の宇佐美と稲取の会場はコミュニティスペース。
南伊豆はアットホームなゲストハウス。
そして文句のつけようのないここキッチンスタジアム。
DSC08102
料理教室は場所を提供してくれる方と、参加者を一緒に呼びかけてくれる方、そしてもちろん参加者で成り立っていることを実感して感謝しまくりです。
DSC08103
さぷら伊豆の読者さんも何人も来てくれました。
DSC08110
二日酔いのユーマくんはここに到着するまで死んでおり、教室が終わってからも死んでおりました。
しかし講習の間はなんとか頑張ってくれました。
DSC08139
隣のキッチンで作っていたアンコウの味噌汁のおすそ分けいただきました。
コミュニティースペースの本領発揮。
ありがたいです。
DSC08143
今回も青島ビールを提供してもらったり遠くから参加してくれた方、場所提供していただいた方、SNSなどで情報を広めてくれた方などなど感謝感謝の開催でしたが・・
DSC08157
ひとつだけ僕たちの料理教室を自慢させてください!
他の料理教室より圧倒的に素晴らしいと胸をはれることを言わせてください!
DSC08159
幅広い年齢層の笑顔があふれているということです。
DSC08163
毎回毎回こちらが楽しませてもらってます。