今回で66回目です。
DSC06623
奈る実
DSC06625
突然訪れても様々な食材を多彩な料理で楽しませてくれる奈る実。
そんな奈る実さんと出会えたことは幸せです。
会社から近く家からも近く、こんなに長年よくしてもらってるんです。
DSC06626
もちろんそれは奈る実さんのお陰なんですが、奈る実さんと出会うきっかけを作ってくれた人にも感謝すべきと考えました。
DSC06627
まず奈る実さんを直接紹介してくれたのは、南伊東の焼肉店はつかのです。
初めて、はつかので焼肉を食べた時、はつかのさんがどこから来たの?
東京と答えれば東京のどこ?
渋谷です。
渋谷なら常連さんいるわよ。
渋谷でふぐ料理の奈る実さん。
DSC06630
伊東に別荘を持っていてよく来てくださるのよ。
わわ・・ここ入ったことないけどかなり近所です!
・・そんなこんなで入ってみたのが奈る実さんです。
DSC06631
はつかのさんに感謝です。
しかし、はつかのさんに出会ってなければ奈る実さんに出会うこともありません。
はつかのさんと出会うきっかけを作ってくれた人・・
それが寺門ジモンさんです。
DSC06632
忘れもしません。2007年。
バイクを購入し安いヘルメットを購入し高速道路でフェイスガードが破壊。
そこで代官山のバイクファッションの店にブコのヘルメットを購入しに行ったんです。
その時店にいたのが寺門ジモン。
DSC06633
どちらからともなく話しかけ初対面ではあるものの色んな話をして一番盛り上がったのがグルメ話。
一番大好きなお好み焼き屋という話になって、、僕はその時すでに閉店してしまった吉祥寺の吉祥夢(キッチョム)が過去最高だったと話せば寺門ジモンはこのおやっさんと仲が良く閉店して南の離島に移り住む時、店を継いでくれないかと頼まれたほどだという。
DSC06634
意気投合して今いちばんのお気に入りの店を寺門ジモンは話し始めた。
それが伊東の焼肉はつかのだ。
その時は伊東って伊豆だろ?
伊豆に行ったら海鮮料理、焼肉なんかわざわざ行って食べることはないだろう。
そう思っていた。
DSC06635
それから数年後、私は伊豆、しかも伊東の近くで別荘を購入することになる。
毎週伊豆で遊ぶ生活が始まり1年近く経っていただろうか。
寺門ジモンの話を思い出す。
そして、はつかのの扉を開けることになる。
DSC06638
寺門ジモンのおかげだ。
しかし吉祥寺に8年住むことがなかったらこんな看板もないような店にたどり着くこともなかった。
きっちょむの話で盛り上がったから寺門ジモンは話してくれた。
吉祥寺に住むきっかけは2年住んだ三鷹から始まる。
三鷹に住んだはいいがいつも酒を飲むのは吉祥寺。
DSC06640
ワンメーターのタクシーにのるのが嫌で吉祥寺に移り住んだ。
三鷹に引っ越したきっかけは弟のやっちゃんが上京し別々に一人ぐらしをするなら一緒に住んだ方が経済的だと話してくれたから。
DSC06641
もし弟と三鷹で一緒に住む話をしなかったら吉祥寺にも住んでないしきっちょむにも出会っていない。
DSC06642
話を戻そう。
奈る実さんとの出会い。
DSC06645
それは弟のやっちゃんのおかげかもしれない。

関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅