早朝、暗いうちから鳥を探す予定でしたが1つ目のポイントに到着したのは昼前・・
DSC00634
ブラックマウンテンロード(Black Moutain Rd)
気温38度の真夏のケアンズ。
こんなクソ暑い日のお昼に鳥がいるとは思えませんし・・鳴き声さえもあまり聞こえない。
P1140001
ここで見つけたかったのはカソワリ、ヒクイドリです。
看板はあるもののとにかく鳥がいない。
DSC00633
ケアンズに到着して最初でこの状態・・先行き不安のまま・・退散・・
DSC00636
LCCで食事もなかったので空腹に耐えきれず・・
マリーバ(Mareeba)という街まで飯を探しきにました。
DSC00635
red rooster
DSC00640
レッドロブスターだと思って近寄ってみれば・・チキンのチェーン店でした。
DSC00641
REG CLASSIC HALF 14.49A$(約1130円)
DSC00642
CHICKEN WAFFLE CONES 5.59A$(約436円)
DSC00646
かなりの空腹だったので真実はわかりかねますが・・しっとり柔らかい身でハーブの香りもよく美味しかった印象です。
DSC00648
この界隈にはシロアリの巨大な蟻塚だらけなんですが・・二番目のポイント・・
グラニット・ゴージ自然公園(Granite Gorge Nature Park)
に到着しました。
P1140092
ケアンズ探鳥第一号は
パプアオオサンショウクイ
どこにでもいる鳥だと思っていましたが・・やはりどこにでもいました。
でも思っていたよりも毛並みが綺麗で色が薄く美しかったです。
P1140098
あとは・・
ヤドリギハナドリ
以上w
P1140067
というか・・ココって野生のロックワラビーに餌付に成功していて30A$でワラビーの近くに行ける有名な場所のようです。
そうとは知らずに説明が始まったので遠くから写真を撮って逃げるように帰ってきました。
DSC00651
ここで突然の大雨。
マリーバに戻ってスーパーで買い物をしました。
マリーバって一年のうち300日がサンシャインデイと聞いていたんですが・・
僕にとっては大雨の街です。
DSC00654
水を入れてふるだけでホットケーキ生地ができる楽ちんアイテム。
1.5A$(117円)・・甘くないの種類もあります。
IMG_7163
ここからどんどん田舎に向かい・・
マウント・モロイ(Mount Molloy)
というポイントで・・ようやく少しだけ探鳥っぽくなってきました。
P1140146
ノドジロハチマキミツスイ
本当にハチマキまいているみたいです。
奥は
キイロミツスイ
P1140180
アオツラミツスイ
ようやくケアンズっぽい、来てよかったと思える鳥さんですよ。
なんでこんなメイクになったのか考えるだけでワクワクします。
P1140213 (1)
クロオビヒメアオバト
これメスなんですがカラフルなオスが見たかったぁ・・
P1140186
ゴシキセイガイインコ
この色!この鳥が街でもどこでも山ほどいるって信じられないです。
本当に多い。
DSC00658
ということで本日から2泊する
キングフィッシャーパークバードウォッチャーズロッジ
(Kingfisher Park Birdwatchers Lodge)

名前の通り鳥がいっぱいいる敷地を持つ宿です。
DSC00663
食事はありません。近くにレストランもスーパーもないので買い出ししてから入りました。
皿と塩胡椒はありました。
DSC00665
この暑さでもクーラーはありません。扇風機だけ。
でも昼間は探鳥してるし夜は都会ではないので若干涼しいです。
布団なしで汗だくでしたがw
P1140273
ヤブツカツクリ
P1140248
ケアンズでゴシキセイガイインコの次に多いと思います。
都会でも山でもどこでもいます。
飛べないと思ってたんですが・・意外と少し飛んでました。
P1140275
キアシヒタキ
チュチュチュと高めの鳴き声が可愛い。
P1140352
オーストラリアガマグチヨタカ
これめちゃめちゃ見たかったんですが上を向いて寝てたのが惜しい・・
しばらく待ったんですが動かず。
夜来てみたらもういませんでした。
P1140381
ヨコフリオウギビタキ
白い眉毛と黒いお髭がチャーミングでした。
P1140389
オナガテリカラスモドキ
これは都会にもいました。
ということで!
ケアンズ初日の探鳥は・・・ちょっと消化不良でしたが終了です。
DSC00670
もうグルメブログとは思えませんが・・
スーパーで買った食材です。
上がラム肉、6.19A$(482円)グラム202円
下がオージービーフ、14.40A$(1123円)グラム249円
DSC00671
フライパンや冷蔵庫、電子レンジも完備!
IMG_7470
田舎を車で走ったんですが牛は牛舎もないような環境で草ばかり食べていました。
人工的に作られてないオージービーフ。
美味しい理由がわかりました。