ケアンズ滞在中は日本では考えられない早起き。
毎日夜明け前の5時です。
DSC01044
この日の朝はケアンズの海岸線沿い、エスプラネードを歩き水鳥中心に探鳥。
P1184571
朝イチは
メガネコウライウグイス
P1184574
これは
オーストラリアオニカッコウ
でしょうか。
P1184681
コシグロペリカン
海岸にいっぱいいます。身近にペリカンがいっぱいいる生活ってなんか凄いです。
P1184746
チュウシャクシギ
ダイシャクシギ・コシャクシギとの間の大きさだからこんな名前を付けられたんだと思います。
ふざけてます。
P1184871
ダイサギ
チュウサギ・コサギより大きいからこんな名前を付けられたんだと思います。
ふざけてます。
P1185426
インドハッカ
P1185431
オーストラリアの他の鳥に近いものがないなぁと思っていたら・・
インドからの外来種みたいです。
市街地でしか見かけませんでした。
P1185481
ズグロトサカゲリ
ほっぺたがペロンペロンしてるんですが、スターウォーズのキャラクターにしか見えません。
ヅラっぽいし・・・
P1185605
激しい正常位です。
DSC01048
相当歩いたので朝飯を。ケアンズの中心地にあるミートパイ屋さん。
今回の旅行、唯一調べて行った店です。
メルドラムス・パイ・イン・パラダイス
DSC01055
一応買った地球の歩き方に書いてあった店。
DSC01057
ステーキチーズベーコン 6.70A$(546円)
ソーセージロール 3.50A$(273円)
カレーチキン 7.20A$(561円)

DSC01066
圧倒的にステーキチーズベーコンがうまかった。
薄いのにサクサク感が軽やかなパイ生地に煮込みまくりのシチュー。
ケアンズの食事はあまり美味しくなかった印象がありますが・・
ガイドブックとかちゃんと見てこればおいしい店はたくさんあるのかもしれません。
DSC01070
金曜日と週末に開かれるラスティーズマーケットにも来てはみましたが・・
見所なしということで・・
DSC01072
あまり時間がないんですがケアンズ植物園にタクシーで強硬して行ってきました。
DSC01074
熱帯雨林そのものに靴を汚さず歩ける素晴らしい施設です。
DSC01077
しかしながらお昼ということで38度の猛暑。
鳥は出てきませんでした。完全な空振りです。
DSC01080
この日はガイドさんに動物探しに連れて行ってもらえるツアーに申し込んでいるので慌ててホテルに戻りホテルでランチです。
Cafe China
DSC01091
ワンタン麺は細麺が柔らかすぎてちょっとアレでしたが・・
DSC01095
チャーハンはかなりの大盛りで美味しかったですよ。
DSC01098
そしてツアーは始まりました。
P1180686
テングシロアリの蟻塚です。
地球上の生物が作るものの中では一番硬いものだそうです。
こんな話が聞けるのもガイドさんがいるからこそ。
DSC01113
木ではなく葉っぱを食べるシロアリとのこと。
アボリジニはかつて整腸のためこのシロアリを食べたと聞いて・・
ボクも食べてみました。
やはり食べているもののせいか葉っぱっぽい味でした。
P1180695
下にはこのテングシロアリが作った蟻塚を乗っ取ろうとする別のアリ、キラーアントが攻め込んでました。
どの世界に生まれても生きるって大変ですね。
P1186191
カンガルーはどこにでもいます。これはゴルフ場の木の木陰にいました。
野生というより野良カンガルーって感じでしょうか。
オーストラリアの人口2500万に対してカンガルー1億以上。
獣害がひどいみたいで間引きしているとのこと。
スーパーやお土産物屋さんで肉や毛皮よく売っています。
P1186475
エリマキトカゲもいました。
雨季のこの時期しか見れないそうです。
エリマキを広げていないとちょっとチンコっぽいですよね。
P1186616
ライチョウバト
ワラビーがいっぱいいる岩場に連れてきてもらったんですが・・
思わぬレアキャラに遭遇。
P1180709
もちろんワラビーいっぱいいました。
ワラビーはグループで行動するようです。
この土地の人が餌を巻いていたら15グループのうち1グループが餌付けに成功して近寄って来るんだそうです。でも他のグループは警戒して近付かないんだとか。
P1186845
ワラビーとカンガルーの違いは、大きさだと言って間違いなんだとか。
あとシドニーに住んでいる若い女の子が一度カンガルーが見てみたくてケアンズに旅行にきたと言ってました。
オーストラリアって広い大陸なんだなぁと。
P1180780
このグーの手で近寄って来るのがもうたまらなく可愛い。
P1180922
そしてやはりワラビーはこの長いマツ毛が可愛い。
P1180933
ガイドさんが言ってましたがカンガルーとワラビーの間の大きさのワラルーってのもいるそうです。
ふざけてます。
P1187077
自分で車を運転していると動物など見つけられないんですが、運転してもらっているといろんなものが見つかる。
何気にうれしかったのが・・
コクチョウ
ブラックスワンです。
DSC01116
次に連れてきてくれたのが
カーテン・フィグ・ツリー
500年以上かけて締め殺した寄生樹のイチヂク。ラピュタですね。
P1187473
ここにはキノボリカンガルーがいると聞いて探したんですが見つからず。
でも思わぬ出会いがありました。
ワープーアオバト
しかも親子です。この鳥も見てみたいと思っていたのでカメラを持つ手が震えました。
手塚治虫のリボンの騎士を思わせる優しい目をしていました。
DSC01130
そして最大の目的地がこの川。
確率はそこまで高くはないんですがカモノハシが見れることもあるとのこと。
P1187538
しかし・・全く出て来る気配もない。
ハイムネメジロ
を見ながら虫に刺されながらとにかく川を見ていると・・
P1187741
まさかの・・カモノハシ降臨!!
2秒浮き上がっては2-15分潜るの繰り返し。
どこに出て来るのかわからないので写真に撮るのが難しい。
P1187668
NHKでカモノハシの30分番組を作るのに5年かかったと聞きました。
オーストラリア人の1/10しかカモノハシを見たことがないと聞きました。
これだけでもオーストラリアに来た価値がありました。
DSC01133
夕飯はBBQ施設でガイドさんが肉を焼いてくれました。
カンガルーとワニ・・
DSC01135
そしてオージービーフ
DSC01220
BBQ施設の片隅に餌付け台があって果物を置くと・・
DSC01181
夜行性有袋類のポッサム
臆病なクセに食べている時は無警戒なのが可愛い。
P1181154
この後、森の中を歩いていてもポッサムを見ることができました。