ワタクシが超絶オススメしている宍倉さんが、もしも猪鍋を作ったら・・
そんなコンセプトで開催されたのが今回の会。
DSC02560
さぷら伊豆グルメオブザイヤー2015タイトルホルダー
割烹宍倉
DSC02562
今回の揚げました胡麻豆腐は京都の菜の花入り。
嫌味なくほろ苦さがしっかり楽しめます。
DSC02566
同行した神子元さんも絶賛の子持ち昆布
DSC02570
茶ぶりの赤ナマコ
コレまた神子元さん悶絶
DSC02575
ウニのお寿司は・・
DSC02578
わさびの葉をサンチュのようにして食べて驚きの絶品
DSC02581
猪鍋の会とはいえ、そこに至るまでの絶品の数々。
まだまだあります。
DSC02584
6種の山菜
蕗の薹の唐揚げやタラノメ、雪うるい、ワラビ、うどなどを和えて
DSC02587
今日の天ぷらが凄かった。
紅はるか。そして・・
DSC02589
なんとこれ2キロの太刀魚!
太刀魚も出世魚にして別の名前にしてほしいレベル
DSC02591
お造りは・・
クエの背トロと背、みる貝、サヨリ、北海しまえび、カワハギ
DSC02594
クエの背トロ
完全に魚というジャンルを超えてます。
DSC02595
宍倉さんのカワハギもよそとは全く違う味
DSC02600
ミルガイのひもとカワハギの肝を別皿で・・ときたら!
DSC02604
クエのヒレ酒
DSC02606
クエのエスカベッシュ
DSC02612
刺身でも唐揚げでも美味しいんですが・・まだまだ!
DSC02614
ここから天才宍倉の猪鍋劇場です。
DSC02618
猪鍋とは思えない極上素材。
猪鍋にクエ入れるとか聞いたことがないし、軽い神への冒涜かと。
DSC02622
ゴボウ・セリときて・・
DSC02624
極上の猪鍋。
なんと鍋汁も吉野葛が入っていますが・・
猪肉にも葛うち。
DSC02632
こんな豪華な治部煮感覚の鍋があっていいんでしょうか。
DSC02638
猪鍋をほとんど作ったことがないという宍倉さんが作る独創的な猪鍋。
DSC02640
宍倉さんの引き出しの多さ、センス、経験。
そして極上素材を惜しみなく使うスタイルがパワー全開です。
DSC02649
最初、正直素材を見て成金趣味と言いましょうか・・いいもの入れればなんとかなる的な発想かとも思いました。
DSC02654
しかし・・予想をはるかに全てを覆されました。
全てが喧嘩しないどころか引き立て合っている。
DSC02660
宍倉さんに猪鍋を作ってもらってよかった。
人生の中でコレが食べれたこと自体が幸せと思える食事など何回ありましょうか。
DSC02662
さぷら伊豆グルメオブザイヤー2015に選出させていただけたことがこのブログの自慢でもあります。
DSC02642
絶対的に一生通い続けたいと確信している店の中の一つです。

関連ランキング:割烹・小料理 | 西新宿五丁目駅都庁前駅西新宿駅