車の上に積んだテントで寝泊まりしながら旅行する。
そんな旅行をしたいと思い始めたのはずいぶん前のこと。
でもそんなのはもっと歳をとってからでもできるし気力体力が充実している今することではないと思っていました。 
IMG_2877
それを早め今年決行した理由で一番大きいのはやはりコロナで海外に行けなかったこと。
北海道ならいける。
8年前バイクで一周した北海道も内陸部に入ってないし知床にはもう一度行きたかった。
IMG_2892
そう思いながらむかえた今年のGW、キャンプ場で使っていた軽バンのスズキエブリィを塗り替え、安くなってきた車上テントを積み、今回の旅行に至りました。
IMG_2888
今回の旅行の1番の目的は極力自分以外のものに時間をしばられないようにすること。
もちろん極力ですが、先入観・下調べ・前日までの予約を減らしイキアタリバッタリを楽しみたい。
宿泊地は前日までにキメないでその場のノリを大切にする。
IMG_2897
飲食店に入らない・宿泊施設に泊まらない・人とコミュニケーションをとらない
の3つをキメゴトにしました。
でも飲食店や宿泊施設、人とのコミュニケーションは時間にしばられることでもあるのでコロナ関係なしにヤリたかったことでもあります。
IMG_2901
出発前に行きと帰りのフェリーは予約しました。
出発前に思い描いていたのは秋の北海道ですから内陸部で紅葉が見たいということと知床で遡上している鮭を見てみたいということくらい。
IMG_2904
人のアドバイスやHPを参考にせず旅行した方が楽しいんじゃないかという矛盾をかかえつつ、今回のブログは車中泊やテント泊で北海道でまわるとこんな感じでしたという参考になるような書き方もします。
それは車中泊というものが禁止されていたり快く思っていない施設も少なくないからです。
IMG_2906
やはり、24時間トイレ・近隣の日帰り温泉・火の扱い・ゴミ処理・費用などの問題が解決しなければ第一歩を踏み出しづらい人にも「あれ?意外とイケルかも?」と思ってもらえればうれしいなぁと思います。
IMG_2907
-1日目というんでしょうか・・
19時に会社を終え自宅から大洗フェリーターミナルまでは車で1時間半。
IMG_2908
出港は翌日の1時45分、苫小牧到着は19時45分。
18時間の船旅です。
IMG_2909
さんふらわあの深夜便だいせつ
時期によって値段は変わるようですがこの時期は・・35720円(車+大人1名)
IMG_2910
夕方便にはレストランがあるようですが深夜便は自販機と食事スペースのみ。
今回はセブンイレブンや大洗のセコマでお弁当を買い込んでから乗船しました。
IMG_2943
設備は思ったより充実していて快適に過ごせます。
狭さや退屈さを感じることはありませんでした。
IMG_2947
船の中とは思えない大きさの大浴場。
IMG_2927
元気に朝を迎えました。
IMG_2958
海鳥を撮影することも期待していたんですが・・
鳥が集まる船の前後には行くことができないので大苦戦。
IMG_2929
さて今回の旅行、グルメブログというジャンルで書いておいてなんなんですが・・
特に早朝や昼飯はセコマのおにぎりやサンドイッチが多かったです。
道の駅のテイクアウトも結構食べました。
IMG_2971
もともと外食しないと決めていたのもそうだし、目の前に飛び込んでくるものに好奇心が爆発し続けあまり美味しいものを食べたいという意欲がなかったんです。
IMG_2973
なので北海道グルメを期待してブログを見るとつまらないものだと思います。
ほんとすんません。
IMG_2989
苫小牧に到着し、道の駅ウトナイ湖に直行。
IMG_2996
こちら、施設から離れた場所にも大きな駐車場がありスペースをゆったり使えます。
道の駅は大通り沿いにあることが多く車の音や出入りのライトを気にする人もいるようです。
今回一度もそんなことは思いませんでした。
なぜなら・・
毎日2時〜4時には起きていて8時くらいには爆睡しているからです。
耳栓よりも効果的だと思います。
IMG_2998
道の駅では買ったもの以外のゴミは持ち帰りました。
有料で引き取る道の駅もありましたが利用しませんでした。
IMG_3002
車中泊を快く思っていない道の駅に関しては施設の入り口やトイレにその旨が貼ってあります。
よくわからなかったら問い合わせること。
今回の旅行中4泊が道の駅でした。