5日目、知床で迎えた朝
前日はイレギュラーで午前0時に起きてしまいましたが・・
夜明け前4時前後に起きる毎日です。
IMG_3760
この日も鮭の遡上をゆっくり見ようかなぁと思い海に来てみると・・
P9221728
鮭釣りをしている人がいました。
川で鮭を釣ることは禁止されています。
なので皆、川に入る前の鮭を海で釣っているんですね。
P9220197
ウトロ漁港に移動してみると船がどんどん入ってきます。
そしてどんどん鮭が入った網が積み下ろされていくんです。
P9220201
これはボクも釣ってみたいと思い調べてみると・・
道の駅の前にある、シンラという店で釣り道具を一式貸してくれて釣り方や場所を案内してくれるらしいのでお願いしてみました。
IMG_3828
ポイントはウトロ漁港の目の前でした。つか道の駅のスグそばです。
こんなとこで釣れるんかいな?
と半信半疑で釣りをスタートさせるも堤防にズラリといる誰も釣れていません。
と・・・
IMG_3769
なんと開始たった1時間でワタクシ・・73cmのオスをビギナーズラックGET!
なんたる幸運・・・
IMG_3775
真ん中が赤くなっているのが婚姻色。
もう川を登る準備万端のシャケは、地元では「ホッチャレ」「ブナ」と呼ばれ脂がのっていないのでムニエルやバター焼き、鮭トバに加工されることが多いとのこと。
IMG_7328
何はともあれ、ほとんど周りで釣れていない中の大金星。
クール宅急便で帰宅日の自宅に送りました。
IMG_3796
北海道旅行の目的だった、大雪山の紅葉・鮭の遡上に加え鮭を釣り上げることもでき・・
大満足で知床半島を南下。
前回霧の中だった知床峠にリベンジするもやはり霧w
IMG_7354
前回、衝撃的に美味しかった・・ぶどうえびを食べた道の駅知床らうすに到着。
IMG_3800
早速ぶどうえびを食べようと探すも・・何たる金額設定・・・
余裕であきらめました。
IMG_3808
その代わりと言ってはなんですが・・
IMG_3809
こちらでテイクアウトして・・
IMG_7357
羅臼のクジラの見える丘公園で贅沢ランチです。
うに丼 4400円 + ご飯大盛り 150円
IMG_7360
知床海鮮カレー 1000円
うに丼は高いので旨くてあたりまえですが・・このカレーがめちゃ美味しかったのでオススメです。
P9220212
ここから羅臼よりさらに東へドライブ
道端にコンナ凄い滝があるって・・やはり知床半島はんぱない。
P9221829
キタキツネも普通にたくさん野生でいます。
耳の裏や足首が黒いのがホンドキツネとの違い。
ワン!って鳴きますw
P9221881
オジロワシもここでは珍しくありませんが・・
日本の天然記念物です。
翼を広げると2m、世界では2万~4万個体いるとされますが日本では1000個体に満たないそうです。
テレビや漫画で見たイーグルのイメージそのままの凛々しい姿です。
IMG_3805
この日は徹夜することに決めたので温泉は早めに
らうす第一ホテル 500円
かなり暑い温度でいい風呂でした。
特に露天風呂の広さたるや・・ここが閑散としているとか信じられない。
IMG_3815
そして徹夜を決めた理由が・・ココ、鷲の宿
この川に毎日・・世界最大級のフクロウ、シマフクロウがやってくるというんです。
IMG_3816
宿泊者でなくても奥のプレハブ小屋に3000円で夜更け前から朝の5時まで滞在させてもらえるんです。
なんとトイレもあります。
P9221917
夕方4時にカメラを構え始め・・
ひたすら川に来ていないか目で探し、黙って鳴き声がしないか耳をすます。
ただそれだけ・・ただそれだけを・・信じられないでしょうけど・・
10時間経過してもまだ来ない。
10時間なにも来ない川を見続けたんです。
P9232820
そして・・ついに午前2時!
P9233086
低いボ、ボ、ボー!という地鳴りに近いような響きの中・・
巨大なシマフクロウが降り立ちました。
翼を広げて180cm!
P9233323
この世界の過去のこと、未来のこと、全てを知り尽くしているような神のような姿、立ち振る舞い。
優雅に翼を広げて川の魚を王者の如く鷲掴みにする。
P9233324
アイヌの人たちはシマフクロウを部落の神様「コタン・クルカムイ」として崇めているそうです。
自信に満ち溢れ、品格を持ち、鋭い視線で世界を見る姿はまさに神様そのもの。
P9232220
世界的に見ても生息地は極東(ロシア南東部・中国北東部・北朝鮮)のみ。
日本では北海道中東部と北方四島だけです。
P9232269
北海道の生息数は165羽、絶滅危惧の中でも最も危惧されるIA類(CR)です。
今回ラッキーなことに午前2時からは入れ替わり立ち代わりでオス・メス・ヒナ3個体のすべてを見ることができました。
P9232459
絶滅の危機にあるイキモノに対する考え方は人それぞれで
・今の環境に合ってないものを無理やり増やすのはおかしい、絶滅すべき
・人間の都合で絶滅しないよう守っていかなければならない、絶滅させない
極端ではありますがどちらも間違っているとは言い切れない部分があると思う。
P9232803
でも、
かかわりがない人が死んでも悲しくはないが一度かかわりを持った人が死ぬのは悲しいのと同じように・・
一度も自分の目で見たことがないシマフクロウは絶滅危惧種のたくさんの種類のひとつでしかない。
一度自分の目で見たことがあるシマフクロウは絶滅させたくない。
それが一番自然なことだと思います。
IMG_3887
多様なイキモノがいて人間が生きていけることを知る意味でも、知って守るべきものの存在を確かめる意味でも、いろいろなイキモノを見ることは大切なことだと感じます。
P9233329
それはイキモノだけでなく世界のあらゆるものを自分の目で見て親しみがあれば戦争も起こりえないし無意味な競争社会にもならないし、飢えたり貧困で心にない生き方をしなければいけない人が目にするかもしれないSNSで無意味なお金の使い方をひけらかしたりすることもなくなるのになぁ
なんてことが頭に浮かびました。
P9233349
自分自身は神の存在とかはちゃんちゃらおかしい嘘としか思っていないんですが・・
悪いことや恥ずかしいことは何度も繰り返すと意外と平気になるものです。
P9233504
そんな時に身近なもので神らしきものに見透かされてると思う恐怖感は実に効果的。
それをシマフクロウには感じました。
P9233646
正直、眠かった10時間を乗り越え・・
シャッターを切ることにアドレナリンが出まくった3時間。
P9233901
いつの間にか夜は明け時計を見たら朝の5時でした。

関連ランキング:定食・食堂 | 羅臼町その他