早朝は塩嶺御野立公園で野鳥観察し、
その後、そこで会った野鳥愛好家の方から聞いた烏川渓谷緑地に向かいました。
IMG_2909
ナビってみれば・・その辺って・・
もうちょっと行けばアソコが近いよね?
今アソコに行けばアレがいい状態で見れるんじゃね?
アソコに行くならコノ服装じゃヤバイよね・・
ってことでまず・・モンベルに立ち寄り軽アイゼンを購入しました。
IMG_2914
寄り道してからたどり着いたのが・・烏川渓谷緑地
クーラーをつけるとなぜか熱風を出してくれるエブリィ爺さん。
この渓谷の心地よさと言ったらもう楽園以外の表現が見つかりません。
IMG_2920
奥に見えるのは蝶ヶ岳。
その雪解け水が涼しげに穏やかに流れる渓谷。
P5050984
早朝ココを教えてくれた野鳥愛好家の言葉に偽りなし。
オオルリ、オオルリ、オオルリ・・
オオルリの楽園です。
P5051002
聴くものの誰もを魅了する伸びやかなさえずり。
角度を変えるたびに鮮やかさに変化が出るコバルトブルー。
井上陽水が「どこか卑怯なイライザブルー」と誰も理解できない歌を歌っていましたが、
実はコノことなんじゃないかと思いました。
違うと思いますけど。
P5051058
でもココ変わってて・・オオルリ以外の鳥が見つからない・・
サルは波勝崎か!ってほどいますけどw
IMG_2934 2
時間があると知らない人の情報を鵜呑みにしてダメもと行動ができていいです。
オオルリに囲まれて川の前に座ってアイスコーヒーとセブンスターがあればもう何もいらない。
IMG_3232
渓谷から降り安曇野に戻り日帰り温泉「しゃくなげの湯」
IMG_3233
風呂上りは夕飯を探して、登山者御用達の大町名店街へ
IMG_3234
ヒマラヤン シェルパ 大町店
IMG_3236
このアーケード商店街自体が味があっていい雰囲気なんですが・・
ネパール人ばかりの店員さんが作る本場のネパール料理屋さんなんです。
IMG_3235
北アルプスの登山者はネパール登山経験がある人が多いので、こんな店が繁盛してたりするんですよね。
メニューもカトマンズ郊外の普通の定食屋さんで普通にあるものばかり。
IMG_3237
ダルバート 1050円
IMG_3239
現地の農家が普通に家で食べているような素朴なダルバート。
日本人はひとつひとつの具を味わって食べるんですが、こういうのは全部グチャグチャに混ぜるのが現地風でかつ旨い。
IMG_3241
モモ 550円
IMG_3243
皮が洗練されていないのがまた現地風で素朴でいいです。
小籠包じゃないのでスープなんかなくていいんです。
IMG_3246
ここからは最初に書いた「アソコ」の玄関口で前泊するためエブリィ爺さんに山をあがってもらいます。
IMG_3574
日が暮れちゃいましたが・・ここは
「扇沢市営無料駐車場」
そうなんです。夜が明けたらアソコでアレを撮影しに行きます。

ヒマラヤン シェルパ 大町店ネパール料理 / 信濃大町駅北大町駅南大町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4