人生初のサブスクのお寿司屋さんです。
IMG_6233
神楽坂 藤井
IMG_6237
このお寿司屋さん「神楽坂 藤井」と南青山のフレンチ「La clé tokyo」が
月額制で予約のとれる限り何度でもいただけるというもの。
詳しくはコチラ→ https://www.makuake.com/project/sushi_fujii/
IMG_6238
驚きだったのが、酒のみ放題コミであること。
その酒の種類たるや呑み放題していいようなレベルのものではない!
ということで、いつもさぷら伊豆ではお酒の写真はひかえているんですが今回全部載せます。
IMG_6239
蕎麦の実の稲荷ずし
IMG_6240
神楽坂という雰囲気抜群の場所にあって、これだけゆったりと贅沢にスペースを使っている場所があることに驚きです。
内装は極めてお洒落でゴージャスでグラマラス。
IMG_6244
赤貝・干柿梅と天豆・稚鮎・カマス・ヤングコーンのグラタン
IMG_6245
サブスクという仕組みゆえ、客層は意外と若い。
客数に対してのスタッフさんの多さ、きめ細かいサービスもホテル並み。
IMG_6246
かといって、つかず離れずの間合いもよく、格式の高さは入店した瞬間に感じるだけでラフに楽しめる。
IMG_6249
ツキノワグマのお椀
IMG_6252
そして一番驚愕したのが・・
女将21歳!料理長22歳!
堂々とした立ち振る舞いと、料理の組み合わせや盛り付けのセンスがコノ歳で完成されてしまうということ自体が奇跡。
自分がこの歳のころなんて山に行ってクワガタ捕まえて遊んでたころだ。
俺はいったい今まで何をしていたんだと落ち込むほど。
IMG_6253
初鰹
IMG_6254
高級で希少なお酒というだけでなくペアリングも絶妙。
呑みたいものを呑んだ後は完全におまかせ。
全てがバチッとキマってる。
IMG_6257
稲取金目
これが水茄子と胡麻のピューレが絶妙に合うなんて考えもしなかった。
この歳でどれだけ幅広いアイデアがあるのか・・
IMG_6259
しかし・・お値段は先ほどのリンクで見ていただきたいんですが、これって月に一度でも酒をしっかり飲むだけで元がとれる。
下衆な話だが、月に2~3回予約が取れてしまったらお店大丈夫なのかと。
IMG_6260
甘鯛カリフラワー
IMG_6261
アイデアや立ち振る舞いばかりが目にとまるが、料理レベルも高いです。
素材選び・火入れ具合・味付け
どれをとっても3月に始まったサービスとは思えない。
IMG_6264

IMG_6265
書き忘れましたが、お酒はお願いすれば少量づつという注文もできます。
これだけそろっていると色んな種類を試したくなる心も満たしてくれます。
IMG_6266
津本式13日熟成 九絵
津本式14日熟成 ひむか鯖
9日熟成 本鮪赤身

IMG_6267
ボリュームのあるクエ。
熟成でなければこの厚みは食べれない。
IMG_6268
ひとつひとつ、津本式〇日と明記しているのも食べる側から見て楽しめるサービスだ。
IMG_6270
数年前までは養殖ものといって馬鹿にしていたお寿司屋さんも多いが、今ではこういったコダワリをもって歯ごたえや味わいを繊細に扱うブランドを楽しむのも寿司だ。
更に〆具合が相当好みでした。
IMG_6271
雲丹御飯
IMG_6274
料理のおいしさだけでなく、ここにいた20時半~23時までが贅沢かつ居心地のいい時間でした。
IMG_6276
スタイリッシュにスマートにいただきたいところですが・・
どうしても貧欲になってしまう・・ということで!
IMG_6277
追加です。
イクラ 1100円
IMG_6279
鉄火巻 1700円(※写真は半分です)
IMG_6281
恐らく読んでいる方もサブスクのお寿司屋さんというのは経験がない方が多いでしょう。
しっかりと予約が埋まり、月ごとのメニューの入れ替え、
これって食品ロスが最小限になっているから成り立つ仕組みだと思うんです。
そういった意味ではこれからの時代に合った楽しみ方のひとつだと思いました。
IMG_6283
デザートは
苺と新ジャガイモ
IMG_6284
洗練された動きで広い空間を使いこなすお二人。
でもマスクをとればアドケナサも残る22歳と21歳。
これからのコノ店の末恐ろしさすら感じます。

神楽坂 藤井割烹・小料理 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9