いやぁ~昨日のランチブログでは取り乱してしまい申し訳ございませんでした。
販促用の看板が間に合っていないだけなのに、渋谷道玄坂店では扱っていないと勘違いし・・
アークランドサービスホールディングス株式会社様に電話までしてしまい・・
挙句、エリアマネージャー様から直々にお電話いただき大変ご迷惑をおかけしました。
IMG_0870
少し言い訳をさせてください。
ワタクシにとって50歳というのは節目であり大きな意味がある年にしたいと思っています。
そこで今年2022年の唯一の目標として掲げたのが・・
「かつやの限定メニューを全部食べる」ことでした。
9月まで重ねた努力がなくなってしまう恐怖心、あるいは代々木まで電車にのってランチでかつやを食べに行かねばならない恐れ・・
そんなことからパニックを引き起こしてしまったんですね。
IMG_0872
ましてや今回の限定はいつものものとは全く違うものです。
「蕎麦」です。
いつもは同じ土俵にあがって、あらゆる敵と相撲を取っていましたが・・
今回の相手はまわしを締めてボーガンをもっている位の衝撃的な相手です。
一番の強敵を不戦敗にしてはまさに意味のない一年になってしまっていたんです。
IMG_0873
今回、名・実、共に2022年ハイライトと呼べる戦いになりました。
まさに令和のモハメドアリvsアントニオ猪木、いやいやメジロマックイーンvsトウカイテイオーさえも超えたんじゃないでしょうか。
IMG_0874
カツ煮冷やしそば(半ライス付き) 760円
IMG_0875
まず驚いたのが冷やされているであろう蕎麦が温かいカツ煮によって常温になっていることです。
しかしよく考えてみればあたりまえのことです。
温度ってそういうものですから。
IMG_0879
特筆すべきはこの「蕎麦」自体です。
ボソボソしていてブチブチ切れて、逆にこんな蕎麦よく作れたなと感心するほどです。
以前アンポンタンなグルメブロガーが「まずい料理というのはない、自分に合わなかっただけだ、だからまずいと書くグルメブロガーはおかしい」と書いていました。
貴様・・これ喰ってから同じ文章書いてみろと言いたい。
これよりまずい蕎麦を知っていたら知的好奇心として本当に食べてみたいほどだ。
IMG_0876
しかし、さすがは「かつや」さん。食べた後の清々しさがハンパない。
中途半端にまずいものは腹が立つが、ここまでふりきってまずいと気持ちがいい。
こうなってくると楽しみなのが「かつや」限定のワーストランキング。
なかなかの粒ぞろいでハイレベルだとは思っていましたがココに来て20馬身をブッチギル存在が現れるとは思いもしませんでした。
残り3か月、どんなドラマが待ち受けているんでしょうか。

関連ランキング:とんかつ | 渋谷駅神泉駅