本日、井の頭線の高架下を歩いていると・・
京樽が運営している海鮮三崎港がリブランドしていたので報告したい。
IMG_0916
回転寿司みさき
IMG_0918
回転寿司みさきは、京樽の運営ながらスシローの子会社でもある難しい位置づけだが、郊外型のスシローに対し都内の駅前ばかりに出店するブランドなんだ。
IMG_0919
これまでは青い看板で安さをアピールする戦略だったのが今回は木目をプリントした落ち着いた外観に変更し高級感を演出しているかもしれないし、そうでもないかもしれないんだ。
IMG_0920
さて、諸君にはココに注目していただきたい。
テプラで大きく「わさび抜き」と貼っておきながらタッチパネルでは、さびありorさびぬきの選択ができる設定だ。
どうなるのか?
答えはブログの最後に記載するので最後までじっくり楽しんでほしい。
IMG_0921
ランチ大漁盛 1320円
IMG_0922
全部で14貫。
仮にワカメの味噌汁が60円だとすると1貫あたり90円になる。
逆にワカメの味噌汁が1180円だとすると1貫あたり10円になる計算だ。
IMG_0924
海苔巻きをひらいてみると穴子が出てきた。
この状態でニヤニヤしながら写真を撮っているヒゲメガネを想像してほしい。
世も末だ。
IMG_0925
回転もしない高級寿司屋に行く人が、口の中でパラリとほどけるシャリという表現をしている。
この店のシャリは指の中でパラリとほどける上級者向けだ。
女性を扱うように丁寧に接したい。
IMG_0926
さぁ、こうなってくると注目は「さびあり」「さびぬき」どちらになったのかに絞られる。
テプラが勝つのか、タッチパネルが勝つのか。
アナログとデジタルの最終決戦でもある。
IMG_0928
しかしながらブログを書いているうちにボクの気が変わった。
真実って自分の足を運んで自分の目で確かめた方がいいんじゃないかと思うんだ。
諸君の健闘を祈る。

回転寿司みさき 京王渋谷店回転寿司 / 渋谷駅神泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0