11月になると、ほとんどの小鮎の中に白子か卵が入っています。
自分で釣ったり師匠からもらった鮎から少しづつため込んで塩漬けに。
15CF43F3-E8AF-497D-9662-8EE2DD5C9D59
白子だけのうるかは白うるか、卵だけだと真子うるか、
両方を混ぜるととりまぜうるかとも呼ばれるみたいですね。
伊豆に来る前までは内臓を使った苦うるかしか知りませんでした。
B4B1131E-B2A3-48B6-B6D3-36F139FD270D
高額ながら何度もお店で買ったことがあって美味しいんですが・・
正直、自分で作った方が数段美味しい。
多分・・
店で出すとなると衛生上、保管の関係で塩を強くせざるを得ないからだと思います。
D6BE936C-B9D8-40AB-B175-E3A644D4A1BD
自己責任なのでギリッギリまで攻め込むと白子や卵、そして鮎の香りがダイレクトで何にも変え難い味。
カマスを塩少なめで焼いてのせてみました。
FFD686C4-05DC-4DEB-B207-6AFEF7B857AB
白魚にも合います。
CAFF439D-41D9-4BCE-B263-E8C26757A87F
そして熱々ご飯に乗せるのがテッパンですね。
お酒のおつまみではありますが、こんな食べ方でも美味しかったです。