okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

2008年08月

自宅めし お取り寄せ でかホタテ


楽天で頼んだボイルホタテが届きました。
これだけ入ってなんと1980円送料税込み!
ebbaec09.jpg

2145da68.jpg

たしかにデカイ・・・
7409b943.jpg

ホタテフライ
ef00751d.jpg

ホワイトソース煮と醤油バター焼き。
美味しくいただきました。しかし安い・・・・。

剥き身&ボイル済みで手軽に調理♪滅多にお目にかかれない特大サイズです!北海道産でかホタテ...


修善寺 Auberge Feliz(オーベルジュ・フェリス)


オーベルジュ(Auberge)とは、主に郊外や地方にある宿泊設備を備えたレストラン である。
発祥のフランス におけるオーベルジュの歴史は中世 まで遡るとも言われるが、1900年に創刊されたミシュラン・ガイド が星によるレストラン の格付けを1926年から始め、自動車 が普及するようになると地方にあるオーベルジュも注目されるようになった。
日本国内のオーベルジュは、日本で初めてビストロ の店を東京に開いた勝又登 が都内を離れ、1986年に箱根 で開業したのが始まりとされている。以後、日本ではフレンチの一般化と共に、全国の観光地やリゾート地、別荘地などにもオーベルジュがオープンするようになった。現在の日本におけるオーベルジュは、日本独自の旅文化とも融合し、日本料理や世界各地の料理を提供する多彩なスタイルで登場している。
(wikiより)

2週間前から今日のために渋谷でスペイン料理を食べつくしてきた。
59243627.jpg

修善寺の別荘地、修善寺ニュータウン。その山の一番上にある店“オーベルジュ・フェリス(Auberge Feliz)”
一泊二食で休日28500円~。一日に入れるのは5部屋のみ。
a86e012d.jpg

エントランス。コジンマリした空間だが全ての部屋の天井は高く、開放感あふれる作りだ。
a7d046af.jpg

テラス。家庭菜園は作り始めとみた。オーナーシェフは汚くてスミマセンというが、これからイロイロな実がなっていく姿がみたい。未完成のよさがある。
73eba937.jpg

高い天井、大きな窓から見渡せるのは中伊豆全部。修善寺・大仁・韮山・長岡だけでなく沼津・三島まで見渡せる。富士山も山頂を望む。
968398fb.jpg

部屋の窓も大きい。天気さえ良ければ夜は部屋で星が見えるのだろう。いや星が降ってくるのであろう。
d8f53edf.jpg

風呂。源泉かけ流し。
3f92b295.jpg

ウェルカムドリンク。これだけ手作りのものが付いてくることはないだろう。さすがオーベルジュ。
1cc8751e.jpg

日も落ちて18:30に夕食。18:30から20:00の間に来ればいいそうだ。ユックリ時間も使える配慮だ。
これから13皿42種150以上の食材を2時間以上かけていただく。
2d956691.jpg

スペインからのミニチュア食前酒
もともと食前酒は好きじゃない。そんな理由じゃないけどこのディナーが始まる前から部屋でワインをがぶ飲みしている。酔っ払いながらディナーは始まった。
f54671bf.jpg

伊豆の食材とスペインの伝統を5種類のミニチュアスタイルのピンチョスにて
0308e5f4.jpg

ワインは一番安いボトルで4000円のをチョイス。大正解。
f34e292d.jpg

スプーン料理
ゴマ鯖のスモークにアリオリポテトの組み合わせ
枝豆のペーストのフラン ミント風味
オニオンスープのゼリー

もうこの時点で幸せ100点満点である。オニオンスープのゼリーを食べながら死にたい・・・
4b0a45d8.jpg

a9295014.jpg

色々なテクスチャーを加えた海の幸タルタル
25年物のシェリービネガー風味のビナグレタソース
・ライムの皮、果汁、バジリコオイルで作るアリオリソース
・オレンジの皮を漬けたフレーバーオイル
 3種類のソースで遊んで頂く一皿

タコ・鯵・サーモン・太刀魚・・・自分でも作ってみたいものだ。
981d400f.jpg

スペイン産ハモンセラーノ
 マンゴーのマリネ
 メロンパン
 トウモロコシのアイス
  の3種類のスタイル ケッパーの実 マンチェゴチーズのアクセント

甘いものは好きじゃないのだがトウモロコシのアイスなどはこの世のものとは思えないほど旨い。表現のしようもない。
bf5c9a55.jpg

10d28680.jpg

茹でたて野菜・生野菜・焼き野菜のパレット仕立て
 アーモンド風味の何種類ものハーブソース
 アボガドのタルタルソース イベリコチョリソ添え
 アンチョビ、黒オリーブオイル、ガーリックオイルのペーストを添えて

見た目にキレイだがただの惣菜盛合せではない。一品一品が複雑な味付けがされており全てが完成品
短パン・Tシャツ・ぞうりのドレスコード違反を打ち破った男も大満足です。
97a2855d.jpg

スペインのパン。もちろん焼きたて。シットリしているだけではない。風味が格別なのだ。
36ca3a92.jpg

修善寺黒米を詰めたイカ墨のクロケッタ
イカ墨ゼリーのパスタ風 イカ墨ソース

黒いしずくのようなものがイカ墨、棒のようなものがイカ墨のゼリー!上に刺さっているものはなんとなんとイカの中骨を燻製にしてから素揚げしたものだ!驚きの料理。これが旨いから不思議だ。
fb7ce507.jpg

6ceb7fad.jpg

狩野川鮎の長時間低温調理
アサリ、白ワイン、ブイヨンに磯の風味を加えたバスク地方のグリーンスープを流し入れて

燻製に近い鮎をほぐしてからスープと一緒にいただきます。なんとも贅沢な味だ。
2ed4ce93.jpg

沼津産香ばしく焼いた金目鯛
緑野菜を加えたクリーミーなマッシュポテト風ソース
ミルクの泡ずみのnuve(雲)を浮かせて

ミルクの泡ずみを使う発想がすごい・・・たしかにマッシュポテトのうまみが増す。
e3c2eabb.jpg

アンダルシアの冷たい野菜スープ
ガスパチョのミニサイズ
桃のグラニテを加えた口直し仕立て

ニンニクががんがん効いてる普通のガスパチョとは全然違います。
326ff5af.jpg

地鶏の野菜詰め ソバデアホ煮
白煮魚のバスク風 グリーンソース
牛ほほ肉の自家製サングリア煮

ここまでくると旨さも麻痺。なんてたって全部全然違う味で旨いんですから・・・
b4abe8de.jpg

イベリコ豚ロースの香り焼き
炎・煙・オーブンの3段階仕上げ
スペインのガルバンソ豆のクレマ
シェリー(ペドロヒメネス)でマリネしたレーズン
天城産の生ワサビの粗ずりを添えて


これだけジューシーな肉に生わさびの千切りやオリーブオイルをつけて味の変化も楽しめる。
75f81c8d.jpg

伊勢海老風味のメロッソ 桜エビのフリット添え
スープと米を別々んい仕上げて併せていくお米料理
由来や歴史に日本と深く関わりがある料理


今まで食べたどのスペイン料理より美味しいです。米の一粒一粒がしっかりしていて米の味とスープの味の愛称が抜群。
0d0d2ee9.jpg

スペイン各地の伝統的なデザート
生まれて初めてデザートを全部食べました
95211d55.jpg

バーに移ってタバコ。完璧な分煙。
843a70be.jpg

食後酒 3杯セットはオプション(+1000円)
モスカテル(シェリー)・ペドロヒメネス(シェリー)・エスプレッソをいただきました。
77bf8e9b.jpg

全中伊豆を見渡す夜景。雨が降ってなかったら・・・花火大会だったら・・・想像がふくらむ・・・オヤスミナサイ。
da5a27e6.jpg

朝食はオプション(ブランチはついてます)+1000円
ddd8f953.jpg

朝から贅沢で色が鮮やか!ブラッドオレンジジュース。
6511dd01.jpg

パンのなかのハム・・・最高です。

↓ここからは料金に含まれているブランチです!
6a0ec5e2.jpg

朝摘みのサラダ バターとシードルビネガー風味

朝に優しい色使いと味付け
92556225.jpg

タパス5品
・旬の食材を使ったスペインオムレツ
・野菜のベーコン巻き 焼きバナナ添え
・野菜のトマト煮 シャンファイナ カタルーニャ風
・野菜のアリオリソース
・マグロのタルタル アンダルシア風

これだけじゃ終わらないのがブランチ!
2326d788.jpg

自家製パン

蕎麦の実をねりこんだパンとバターたっぷり入ったパンでした。
496fc108.jpg

オプション:カスティーリャ風ガーリックスープ(+1000円)

これヤバイ。味の表現ができないけど是非みんなにのんで欲しい。
d08905f1.jpg

オプション:冷たい焼きとうもろこしのスープ スペイン風クルトン ミガス風味(+1000円)

冷たい焼きとうもろこし・・・すげえ。
e2021cc4.jpg

恵比寿のパエリャ1999'

見た目にシンプルに見えるが・・・
30e0424d.jpg

実は具材は多い。さっぱりしているのはブランチだからかな。今まで食べたどのパエリアよりも旨い。それだけは間違いない。これより旨い店知ってる人はメールください。
493a300d.jpg

最後の最後までウレシイサービス。
f5bb251e.jpg

今回お世話になったオーナーシェフ谷田部茂也さん。
ほんとうに美味しいものを最高の空間でいただきましてありがとうございます
正直これほど名前の売れた方なのでもうちょっと偏屈な方かと(笑)
またスグにでもお伺いします。

Auberge Feliz (オーベルジュ・フェリス) (スペイン料理 / 修善寺)
★★★★★ 5.0
オーベルジュ・フェリス公式サイト

今回のお会計
部屋代25500円
休日料金3000円
ワイン4000円
食後酒3杯セット1000円
スープ2杯2000円
・・・合計35500円
行った人しかわからないと思いますが・・・・安いです。
Auberge Feliz Auberge Feliz Auberge Feliz

沼津 ふく田


伊豆の蕎麦の名店といわれる店には全て行ってみたい。

韮山:三つ割り菊←過去ブログ
松崎:小邨←過去ブログ
多賀:多賀←過去ブログ
裾野:蕎仙坊←過去ブログ
稲取:誇宇耶←過去ブログ
伊豆高原:蕎仙←過去ブログ
伊豆高原:花柚←過去ブログ

いずれも旨い蕎麦だったが行ったことがない店もまだまだある。
今回行くのはそのうちの一つ
沼津“ふく田”(ふくでん)と読む。

9273a74b.jpg

沼津インターから近い。しかし・・・わかりづらい!沼津東高校の隣にあるのだが・・・カーナビに頼らず地図を持っていこう!
b935cd67.jpg

これ以上薄い座布団を見たことはない。コジンマリとキレイにしてある印象。応対も悪くない。
31be8a63.jpg

韃靼そば茶。これが最高にウマイ!650円で買うこともできるのでお土産に購入。
しかし・・・蕎麦湯も劇的に旨いので飲みすぎるとお腹がガバガバになる。気をつけろ!!
0f1246e9.jpg

手作りさしみこんにゃく(生芋から自家製)650円を注文。そばがきが15時からというのでしかたなくたのんだのだが・・・ヤバイ。柚子味噌、からし味噌、ワサビ醤油で食べる蒟蒻は香り、のど越し、歯ごたえが完璧だ。ココに来たら是非頼みたい一品だ。

15fa44e8.jpg

もりと季節のおかず盛合せ1400円。これもタマゲタ(死語)蕎麦の実に田楽味噌を添えたものは蕎麦がきマニアでなくとも驚愕するであろう。冬瓜、ゴーヤ、白和え、キンピラなどなど味付けがシンプルで素材のよさがこんな少ない量でもわかる。
7efd6a23.jpg

天せいろ1600円 どこかのブログに天ぷらは並の味と書いてあったがとんでもない。
22b11acf.jpg

桜海老のかき揚げはすりつぶしたエビしんじょうのようなものに桜海老がまぶしてあり歯ごたえも風味もいい。
これが並なら普段ナニ喰ってんだ!?
af34c788.jpg

で・・・肝心な蕎麦。高価で希少な長野県旧上村の在来種をほぼコノ店で独占しているらしい。完全手刈り天日干しのそばをその日使うだけ脱穀し4時間かけて石臼で製粉するらしい。もちろん十割の手打ち。
水・だし・醤油・みりん・ワサビ。天ぷら油・・・全てにこだわっている。

だからなのか、のど越しがいいわけではない。しかし蕎麦の香りや歯ごたえが見事に秀逸。旨いそば!って感じがじゅうぶんに感じ取ることができるだろう。いいものです。
7d807810.jpg


ふく田 (ふくでん) (そば / 沼津市その他)
★★★★★ 5.0

最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ