okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

2014年09月

神泉 奈る実 → 千羽



今年は祭りに出席できなかったコトをオジキにワビを入れに・・・
DSC09515
行ったわけではなく!
DSC09516
まだブログでは書いてない部分なんだけどアンナプルナトレッキングを5日連続でしていた男の子とネパールで出会っていまして・・・一緒に呑んだわけです。
DSC09517
初物のイクラ
DSC09518
赤貝ヌタ
DSC09520
ルービーと同じ色のフグの煮凝り
DSC09521
500人の観客の前で居酒屋を歌う相手に立候補して歌いきったサブちゃん・・・スゲエ
DSC09522
マツタケ様の土瓶蒸し
DSC09523
もう秋なんですね~
DSC09524
ネパール土産クンピーが似合う奥様
DSC09527
氷見の鰤
DSC09528
極上です☆
DSC09529
柳鰈
DSC09530
ふぐの唐揚げ
DSC09532
豆腐
DSC09533
奈る実さん・・・ナント!45周年というコトで!
通常6000円のふぐコースが・・・10月11月は破格の4500円だそうです!
予約は必ずです!スゴイです!
DSC09534
で・・・千羽さんへ~
DSC09537
バックパッカーでありトレキング好きな30歳に学ぶものは多かった。
DSC09539
キャンプ場にも誘ってみようと思います。
DSC09540
いやあ・・・しかし・・・チョットご無沙汰だったけど・・・
この二軒・・・イイ店だわぁ

関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅

関連ランキング:居酒屋 | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅

ネパール旅行⑪6日目 世界遺産 カトマンズのダルバール広場


タメル地区からダルバール広場への道は・・・
P1620165
浅草と御徒町とかっぱ橋を合わせた様な道です。
P1620171
人と車とバイクと荷物でぐっちゃぐちゃ。
P1620180
活気のあるアジアって雰囲気でしょうか。大好きです。こいうトコ。
P1620187
ココから先は外国人750円、インド人150円、ネパール人は無料です。
P1620188
とはいえガラッガラ。
かなりシツコイ偽ガイドがまとわり付いてきます。
P1620193
露天で売っているものもニセものばかり。
P1620195
しかし建物はモノホン!
P1620199
王宮の細工の細かさ!
P1620200
目の前でガンガン路中バイクを持ってイク警察。みんなライフル持ってます。
P1620201
さて中心部に入るとスグ
P1620206
有名なクマリの館がありました。
P1620207
クマリとクマリの館というのがこれまた不思議な存在で・・詳しくはwiki(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%AA
P1620212
一度見てみたかったんですが・・・クマリ自体が顔を見せることはなく。
顔を見せること自体、相当なレアケースみたいです。残念。
P1620219
ここからはダルバール広場からまたタメル地区に戻っていく道のりですが・・・
P1620221
わたくし・・この世界遺産に興味なく詳しい説明はハショらせていただきます。
スナップ写真的に雰囲気をお楽しみください。ませ。
P1620227
P1620231
P1620235
P1620236
P1620237
P1620238
P1620241
P1620242
ひとり・・・死んでる?
P1620243
P1620248
P1620251
世界遺産に・・・刑務所!
P1620259
写真撮って金とる人。
P1620264
P1620266
P1620268
これ・・・壊れる寸前じゃね?
P1620270
犬はドコでもこの状態。暑いですからね。
P1620271
P1620272
豆腐も売ってます。
P1620273
凧屋さん多かったなあ
P1620283
タメル地区に戻り木彫りのお面と
P1620284
Tシャツ
P1620285
山のポスターを購入して一度ホテルに戻ります。
そしてカトマンズ最高級店でのディナーに向かいます☆

ネパール旅行⑩6日目 タメル地区 Yangling Tibetan Restaurant(ヤンリンチベタンレストラン)


なんというんでしょうか・・・
P1620075
マウンテンフライトを終えホテルまでの車の中では何事が起こったのかって感じでボーっとしてしまいました。
P1620076
夢から現実に戻るのには少し時間が必要でした。
P1620088
ホテルにもどり翌日の出発に向けてパッキング。
P1620086
ホテルのカゼダルバール・カマルポカリ。古い伝統的な建築を美しく再生した最高のホテルです。
DSC08328
朝飯は日本定食にしました。
DSC08331
納豆も付いてます。
P1620101
そしてこの一日はフリー。
翌日からまたカトマンズから離れてしまうので昨晩飯を喰ったタメル地区に来てみました。
DSC08332
そしてランチはこのお店
Yangling Tibetan Restaurant(ヤンリンチベタンレストラン)
DSC08334
一般的なネパールの定食屋さんって感じでしょうか。
DSC08337
ココはエベレストを初めて見た後ですから当然・・・
DSC08339
コレですよね~酒を止める人などいませんから好きなだけ呑みます。
DSC08343
Rgg Thenthuk RP170(170円)
DSC08345
エッグタントゥク・・すいとんときしめんの間のような感じでしょうか。
かなり優しい味です。美味しいです。
DSC08348
Buff steam momo RP120(120円くらい)
DSC08350
水牛のモモはちょっと高目。それでも10個120円。
肉がぎゅっと締まってて辛いソースがよく合う。
P1620105
ちょっとホロ酔いでの散歩。
P1620113
タンカ(曼荼羅)屋さんでは人殺しのような目をしたアーティストの方から大量購入
P1620124
ククリナイフ屋さん・・・優しそうな人が店主。
先ほどのアーティストがククリナイフ売ってたら間違いなく逃げていました。
P1620126
刃渡り15cm以下なら持ち帰れます。
P1620131
そしてタメル地区のはずれまで行くとこんな下町風の道に。
この道を行けば・・・世界遺産!
カトマンズのダルバール広場に続きます!
最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ