okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

2016年09月

ブラジル旅行(11)マナウス CANTO DA PEIXADA(カントダペッシャーダ)


マナウスに帰ってきました。
DSC02393
アマゾン本流とホームステイしていたネグロ川との合流地点に位置し人口150万人の都会です。
DSC02395
19世紀にはゴム・コーヒ豆・コーヒ豆を入れる麻などで繁栄しヨーロッパ風のコロニアル調の建物が並びます。
DSC02398
そして1967年に経済免税都市となり日本からもホンダやヤマハなどなど多くの企業が進出していて2014年にはW杯の開催都市のひとつに選ばれました。
DSC02406
そこに現地でも高級魚と言われるタンバッキが食べれる店があると聞いて入ってみました。
DSC02409
CANTO DA PEIXADA(カントダペッシャーダ)
DSC02408
アマゾン川から帰ってきたばかりで人の多さにも戸惑っているのに・・
DSC02410
その中でも明らかに富裕層と思われる客層・・
なんとローマ法王がここで食べた時の写真も!!!
俺もついに・・彼と肩を並べることになったんだと・・・思ってたら冷凍庫を開けてびっくり!
DSC02412
タンバッキです。
これは40キロオーバーとのこと!
すごいです。川魚とは全く思えません!
DSC02425
ルービーの冷え方も半端ない。
瓶に唇をつけたら剥がれなくなりそうです。
DSC02419
黄色いのはトゥクピと呼ばれるもので唐辛子の酢漬けソースって感じかな。
辛いけど美味しいです。
DSC02429
Caldeirada ao canto de tucunare sem espinha 44.9レアル(だいたい1350円)
DSC02433
これはタンバッキではなく、トゥクナレという魚のブイヤベース
この魚もうまいんですが・・このプースーがやばい・・・
DSC02445
プースーにライスを入れた後たくさんのタロイモのすりおろしを入れます。
このまったりとしたコク、塩梅のいいニンニクの量・・なんなんでしょうかこの旨さ・・
そしてお目当ての!!
DSC02451
Costela frita ou na brasa 75レアル(だいたい2250円)
DSC02455
タッンバッキのあばら骨・・
要するにスペアリブです。
味はマグロに近いんですがもっとどろっとしたクエのような脂分が入ってて魚というよりは動物に近いかもしれません。
川魚でこれほど旨いものがあるということに驚きです。
DSC02461
かなり高級店と聞いていましたがこの量でこの値段は安いかと!
正直、今回の旅行でダントツナンバーワンに美味かったです。 
ローマ法王ってウメエもん食ってるんだなぁと。

店のHP
http://www.cantodapeixada.com
 

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | サンパウロ

ブラジル旅行⑩カボクロの家ホームステイ5日目


ホームステイ最終日・・・
DSC02335
朝顔を洗うとお姉さんが卵いくつ?目玉焼きでいい?
もう・・アマゾンにもお母さんができてしまいました。
DSC02337
この日も盛りだくさんの朝食
DSC02340
毒のないタロイモは蒸して食べます。
DSC02342
貴重なガスなのに・・ホールのケーキも焼いてくれました。
DSC02343
みんな目玉焼きと同じ量のファリーニャ。
これが田舎の農家のスタイルだと言っていました。
DSC02344
そしてトゥクマン椰子もい食べおさめ!
DSC02346
お姉さんに最後の写真どこで撮る?
って聞いたらひまわりが好きだからこれを入れて!
これだけ花にあふれている場所で造花の前かよ!
DSC02348
幼少の頃から憧れていたアマゾン川。
実際来てみていろんなことに興奮したけど・・
やはり人が良かった。
DSC02350
生産したり収穫したり自然と共存したり親しい人との時間を豊かに共有したり・・
生きるってことの生々しさにオブラートをかけて都会で生活しているボクにとってこの4泊5日で学ぶものは多かった。
そして誰もの顔のシワが優しく目が輝いていました。
P9200515
また船で8時間。
P9200520
途中インディオとカボクロが共存する「村」があるということで寄りました。
P9200537
人里離れた一軒家しか見ていないので・・・すごいギャップです。
アマゾンで子供も初めて見ました。
ポルトガルの血が入っているか否かは一目瞭然。
P9200547
ここでもファリーニャを同じように作っていました。
P9200554
普段は優しい笑顔をずっとしているんですがファリーニャを作っている時の表情は違います。
P9200569
素敵な笑顔なんですよね〜見ているだけでこっちも幸せになっちゃいそう!
P9200582
フランシスコさんが言うように半端ない雨が降り長く滞在しました。
P9200589
雨漏りでファリーニャ作り大変そうでしたが(笑)
P9200605
子供も赤ん坊も若い男も女もおじいちゃんもおばあちゃんもみんなで集まって楽しそう。
この子生後22日目
P9200613
子供もファリーニャ好きなんですね。
この子は1歳6ヶ月
P9200619
これってどういう意味?って聞いたら
街で掘ってもらう時一番カッコよかったから・・・どういう意味?
質問を質問で返されました。
P9200621
ノーバエスペランサ村には30家族130人が暮らしています。
フランシスコさんが村長さんに増えたねと伝えると本当に嬉しそうでした。
P9200623
村の人が増えることが大きな喜び。
そりゃ豊かさの表れなんだから当たり前のことなんだけど日本ってあんまないですよね?
P9200627
雨が上がったので船で再出発するも・・・
DSC02358
船を動かせなくなるほどの雨・・
DSC02369
船旅はのんびりです。
DSC02366
スパゲッティはスプーンで刻んでご飯に混ぜてスープや具と全部混ぜる。
カボクロスタイルです。
DSC02370
その後も激しく降っては・・・
DSC02375
カラッと晴れるの繰り返しを8時間。
P9210633
マナウスに戻ってきました!

ブラジル旅行⑨カボクロの家ホームステイ4日目午後


実は・・・帰ってきた時すでに2時を回っていまして・・
P9200503
滝までの滞在が長すぎてお母さんたちを腹ペコにしていたんです。
DSC02324
普段ほとんど正確な時間に食事をとる方々。
今日は珍しく遅れてがっついていました。
DSC02325
ご飯もスパゲッティもおかずも全部ぐちゃぐちゃ。
ファリーニャたっぷり。
もう完全にみんなと同じスタイルの食い方。
DSC02326
これは、パテレバのジュースって言ってたかな。
なんかの果物です。酸味と甘みが美味しい。
毎日違った果物が飲めました。
DSC02327
しかしこのファリーニャが美味い・・・
P9200858
そして日が沈む前に・・やらねばならぬ事が私にはあるんです。
P9200860
お兄さんのフランシスコさんを連れ出し・・
ピラニア釣りリベンジ!!!
と・・・
P9200865
一投目でGETだぜー!!!
P9200868
しかも・・・昨日見たどのピラニアよりもでかい!!
P9200872
ピラニアブランカという種類だそうです。
ピラニアって種類とかあるんですね。
P9200877
この大きさだと指一本は軽く取られるから気をつけろと言われ慎重に!
P9200880
そして帰って一人で祝杯!
P9200881
と思ったら・・実は皆ぼくが釣れなかったことを気にかけていてくれたみたいで・・
みんな大きな笑顔で迎えてくれました。
P9200884
弟さんはぼくが大好きなトゥクマン椰子を朝のためにとたくさん拾ってきてくれました。
P9200882
お姉さんは僕が鶏の卵が食べたいと言っていたのを覚えててくれました。
見た時、お姉さんは卵の殻に少し糞がついているのが気になったみたいで・・
照れ臭そうに
「以前市場に売りに行ったら殻が汚いって言われたのよ。私はその時、あんたが欲しいのは卵の中身じゃなくって殻なのかい?って言ってやったわよ!」
これにはみんな大爆笑でした。
DSC02330
最後の夕食はピラニアのスープ
カウデラーダデピラーニャ
DJI_0127
ここでの最後の夕日は鳥肌が立つほど美しかった。
P9190313
そして暗くなってもベランダで全員集まって僕のタブレットでドローンで撮影した動画や写真を見て盛り上がりました。
P9200508
60代の四人兄弟。
この中に入れてもらえている。
涼しい風。
柔らかい虫の声。
P9200510
寝る前に・・
船頭でもあるフランシスコさんが明日は必ず大雨と強い風がくるから早めに起きて予定より少し早く出ようと言いました。
その時、いつも天然で馬鹿話ばかりしているお姉さんが
「雨なんかこないし風も吹かないから早く出ないで!」
・・・もう・・凄くこみ上げてきちゃって・・グッときた・・・ 
最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ