ついに待ちに待った伊東 湯のまちバル!
DSC08092
伊東といったらもちろん温泉!
ケーズハウスでの日帰り温泉に入ってからスタートです!
DSC08093
昭和初期の建築様式をそのまま生かした廊下や階段、客室はもちろん今風に改装された風呂も最高なケーズハウスですが・・・値段も激安なんです!
伊東で宿泊の方には是非おすすめです!
そしてケーズハウスでもっとイチオシなのが働いてる女の子がみんなメタメタかわいい!!!
DSC08102
まだアルコールが入ってないボクですがもう・・・すでにテンションMAXでございます~☆
そして呑みに突入(ノ`Д´)ノ
DSC08094
一軒目はケーズハウスのお隣さん!
MahaIndia(マハインディア)
DSC08097
こんな本格的な南インド料理を出しても・・・いいのかと・・・
DSC08098
シヴァさん!ごちちそうさま~なんて店を出たら!
DSC08100
こんなキレイなお姉さま方に声かけられて!
読者さまとの遭遇第一号です!
DSC08105
商店街に入ると実行委員長の土屋さんと!
このハッピ欲しい!
DSC08106
そして二軒目
魯あん(Roan)
DSC08107
バルはこんなチケットを購入してハシゴしまくりのイベントです。
伊東のバルでよかったのはビールだけでなく酒の種類が用意されてることと料理にこだわってる店が多いと思いました。
DSC08108
こちらの料理は選べて・・・1つめはお腹いっぱいの人のための前菜盛合せ
DSC08109
そしてチキンステーキ!これ旨かった~☆
DSC08110
みんなもう気分良くなってきて車にひかれないようにするのに精一杯です。
DSC08111
こちらでも読者さまと!!!
DSC08112
三軒目は以前おじゃましたことのある・・・
つた好
DSC08113
キャンプ場の石窯で使ってる大きな大谷石を手配してくれた石井石材さん!
インド帰りだそうでインドの話で盛り上がりました!
DSC08115
しらうおともずく・・・だけじゃなくて!
DSC08116
巻物も!
DSC08118
そして和菓子屋さんはあんま興味がなかったんですが・・・なんか盛り上がってる!
4軒目 にし村
DSC08119
スゲエ!旨そうな日本酒・・・
DSC08120
なんと飲み放題!!!
DSC08122
みんな目が真剣・・・あぶないっす!
DSC08124
そんな大盤振る舞いのにし村さんから・・・みんな離れようとしない!
DSC08126
ほぼみんなが全種類呑んだようで・・・大丈夫でしょうか・・・
DSC08130
日本酒の入った湯呑茶碗を片手に外に出て練り歩く人たちと交流。
DSC08132
運営本部にも人だかりです。
DSC08134
五軒目は 魚酔
DSC08137
イカ刺しと酢の物
DSC08144
もう・・・合流のしすぎで人数がかなり膨れ上がってて
DSC08146
入れる店も限られてきました!
DSC08150
一度お会いしてみたかったアオキさんもこんなトコで遭遇!
DSC08149
そして6軒目 トスカナ
DSC08154
みんなむっちゃ笑顔です。
DSC08157
お店の方は予想外の客の多さだったんでしょうね~かなりごった返してますが・・飲み続けます!
DSC08158
食材が足りずにどんどんメニューがかわるお店が続出だったようです。
DSC08160
そしてバルチケットは一枚残らず使い果たしたどころか・・・追加してしまった始末。
DSC08163
チケットはもうないので・・・普通にシメでのラーメン
いでゆ商店
DSC08167
こちらも大勢で押し寄せたのでなくなったスープをこんな時間からまた仕込みなおしてくれました。
DSC08168
こんな時間なのにみんなのテンションはあがる一方・・・
DSC08169
しゅまちゅうはもう・・・この店で12軒目
DSC08170
ランチからのスタート組も結構いたようです。
DSC08171
きくらげポン酢 250円
DSC08174
円盤餃子 1000円
DSC08176
おつまみネギチャーシュー 500円
DSC08178
水餃子ドンブリ 1000円
DSC08179
なんかまた食欲が・・・食えば食うほど・・・増してくるような・・・
つか・・・しまちゅう眠そうです!
DSC08183
魚介豚骨ラーメン 750円
DSC08184
つかここのラーメン激旨っす☆
DSC08188
九州豚骨ラーメン 750円 もいただいちゃいました!
DSC08189
最後は代行で帰りましたが・・・しまちゅう!寝る寸前!
いやあ・・・今回のバルも楽しかったッス!
初めて行く店も多くてあまり知らなかった伊東の街中もグッと身近に感じれるようになりました。
こりゃあ是非二回目も参加するしかないっすね。
大変でしょうけど実行委員会のみなさま!夜露死苦おねがいします!そしてお疲れ様でした。