飯倉片町の交差点に中の光も漏れていないひっそりとした店。
友人に誘われ、なじみの少ない地区ですが重い扉を開けてみました。
DSC04250
杉もと
DSC04251
2つのテーブルとアーチ型のカウンター。
居酒屋っぽい雰囲気も残しながら実にモダン。
DSC04252
ここから美しい器に盛られた独創的な料理が、次々に登場します。
DSC04254
車海老の塩茹で頭の天婦羅
焼き白子に柚子醤油のジュレ
公魚の唐揚げ、ボルドーワインの塩
菜の花黄味和え
DSC04257
唐墨の塩マシュマロ
DSC04258
お造りです。
DSC04259
鰆燻製塩
DSC04260
本鮪とろ&赤身、スミイカ
DSC04261
いしなぎ甘海老醤油のジュレ、〆鯖
DSC04263
そして今回、料理ひとつひとつに日本酒を変え合わせてお願いしたんですが・・
見たこともない希少なものばかり。
DSC04264
いしなぎ甘海老醤油のジュレ
DSC04266
帆立しんじょうのスープ、京人参のエスプーマ
DSC04268
料理にひとつアクセントを入れるのがコチラの流儀なんでしょうか。
中でもエスプーマはこれでもかと印象深くなるほどの使いっぷり。
DSC04269
希少なだけでなく、マリアージュが凄い。
一度、違うものがいいとチェンジしましたがその時も瞬時に出してくれた酒の相性も抜群。
DSC04270
好みもありますが、ワタクシにとってはドストライク。
DSC04271
土佐酢のエスプーマでいただく椎茸、蛸、赤芯大根、クレソン
DSC04273
鰆の生海苔味噌焼き
おからの小鉢と大根おろし
DSC04275
付かず離れず、程よい距離感のご主人や女将。
DSC04276
生海苔味噌は磯の風味が強く、鮑や何かの肝の濃いコクを感じました。
DSC04277
卓越した技術の上に遊び心のある創作。
ホンモノでありながら料理を楽しむスタイルが前に出ていて、おそらくですが「食」に興味がない人でもコチラのお店をきっかけに視界が広がる雰囲気を感じました。
DSC04278
圧倒されたというより魅了されたという表現がしっくりくる。
月ごとに変わるという「おまかせ」
また季節を楽しみにきたいと思います。
 
杉もと
夜総合点★★★☆☆ 3.9

関連ランキング:京料理 | 麻布十番駅六本木一丁目駅六本木駅