なんども通ったbacarでしたから新しい店になっても石井くんが美味しいものを出していることや以前以上の満足度のものを提供しているだろうことを想像するのは容易いことです。
DSC00157
開店同時からこれだけ予約の取れない店になっているんですからなおさらです。
sincere (シンシア)
DSC00011
興味があってこの店に来たのは美味しいかどうかなんてことじゃありません。
DSC00014
北参道という静かな住宅地の一角の地下。
雰囲気のいい庭が開放感を演出。
DSC00018
店の半分近いんじゃないでしょうか。
大きなキッチンには若い男性のみ6人。
DSC00019
席数からしたら多いんじゃないかと聞けば
少し太った石井くんは、いや普通じゃないですか?
DSC00025
どちらかというとラーメン店に近いようなカウンター中心だったbacar
少数精鋭を絵に書いたかのようなbacar
DSC00028
石井くんの目指すところは以前のものを引き継いだものと全く違いものが混在していました。
DSC00031
ジェットコースターのように客を驚かせ続ける選出は金山イズム。
形は違えどあちらこちらでお客さんの歓声をあげさせる。
DSC00033
素材が変わっていく様をしつこいくらいに見せつけ美味しいものをより美味しく食べさせる 流れ がスマートだ。
DSC00035
大きくなったはずの店の広さだけどキッチンとお客さんとの距離は驚くほど近く感じる。
DSC00036
スタッフさんや石井くんみんなが縦横無尽に店内を動き回りキッチンとの境目は見えなくなる。
実際、キッチンの中を歩いてしまうお客さんもチラホラいたほど。
DSC00037
今回、コースとそれにあったワイン、サービス料などイッサイガッサイで2万円ちょっと。
DSC00041
どうしてもbacarと比べてしまうが値段は変わらないかな。
今回は魚介が多くなった印象。
DSC00046
何よりスタッフが楽しそうに動いている印象ですが、中でも石井くんが一番楽しそう。
DSC00047
自分の居場所をこの若さにして掴み、活用しきっている印象。
DSC00051
確かbacarに最初に入った時、ブログに彼らの将来が末恐ろしいと書いた覚えがある。
DSC00058
イチローに例えるとbacarでの出会いはメジャー直前の2000年か2001年
そして今はジョージシスラーを掘り起こした2004年といったところか。
DSC00062
料理に関しては詳しくは書きません。
と言うか書けません。
DSC00065
どんな言葉で書いても陳腐な表現にしかならないことがわかっているからです。
DSC00072
石井イズムは確実に進化していました。
DSC00074
潔く切り捨てるものははっきりと切り捨て大きなステージを手にしています。
DSC00075
しかしながら凄いと思ったのはbacar時代のものを自信を持ってそのまま出しているところ。
DSC00083
どうしても印象に強いものは引きづる感じがして捨てたいもの。
でも堂々と受け継いでいるのは逆にかっこいい。
DSC00086
蟹味噌のバーニャカウダ。
さぷら伊豆BBQに無償で大量に提供してくれたことが嘘のよう。
DSC00088
今じゃ床に頭こすっても無理でしょうな。
DSC00092
シンシアは嘘偽りのない、誠実なと言った意味。
DSC00094
戦国武将のように真っ向勝負、ごまかさず走り抜ける石井くんらしい名前だと思いました。
DSC00097
今までのツートップ。二人三脚から総大将として店を引っ張ることになりました。
DSC00098
しかし迷いや不安などは微塵にも見られません。
DSC00102
目の奥からは自信と希望がだだ漏れ。
DSC00104
5年後。この店はどんな店になているんでしょうか。
DSC00105
どんな料理をどんな形で提供してるんでしょうか。
DSC00106
想像するだけでニヤニヤしてしまします。
DSC00108
DSC00111
DSC00114
DSC00115
DSC00117
DSC00120
DSC00124
DSC00125
DSC00127
DSC00129
DSC00131
DSC00135
DSC00142
DSC00146
DSC00148
DSC00151
DSC00154
石井くんに最後に一言。
DSC00159
酔っ払ってジャケット忘れたから取りにいくね!

関連ランキング:フレンチ | 北参道駅原宿駅千駄ケ谷駅