みなさん、地魚のイメージってどんな感じですか?
旅行だから食べておきたいけど割高、雑な感じで出てくる白身魚、たまにはいいけど何度も食べたいものではない・・・などなどあまり良いイメージを持っていない人も多いと聞きます。
が!
おそらくそんなイメージを一発で変えてくれるであろう店が伊東駅前に登場しました!
DSC00032
鮨と地魚料理 さかな倶楽部 たっぱん
DSC00034
血合いの竜田揚げ・からしあえ・おじさんの腸
と・・・こだわりの御通しから始まるこちらのお店・・・
伊東港の名店、浜善で腕を振るった平ちゃんが新規オープンした店なんです。
DSC00036
おじさんという名前の地魚を説明してくれてるのが魚変態と名高い平ちゃん。
凄い店になるのは間違いないと思っていましたが・・・
想像以上の店のさらに上をいく店になっておりました。
DSC00041
石垣鯛の薄造り
右は、おじさんの刺身
DSC00043
おじさんという地魚はおそらく初めてですがふっくらした身の甘みが強く高級魚の味わい。
石垣鯛は平ちゃんをして驚いたと言っていたまんま、繊細な脂のノリは今まで食べていた石垣鯛はなんだったのかと疑うほど。
華麗な魚さばきから繰り出される刺身は誰が食べても瞬時に一般的な地魚との違いがわかると思います。
DSC00045
アカゼムロの刺身
メアジの刺身
ムロアジと聞いて脂の乗ってない地魚だと思って注文しないのは人生半分以上損しているかと。
ムロの中でもこのアカゼが別物。
それぞれ一番美味しい厚さで切ってくれていて口に入れた瞬間、奥歯が青物の豊満な脂を欲しがって仕方がありません。
DSC00049
アブラボウズ煮付け
地魚系回転寿司でもたまに見ることができるアブラボウズも平ちゃんにかかれば高級魚。
やんちゃな脂のボリュームは残しつつも動物的な癖のある脂だけを落として繊細な味に。
DSC00051
魚変態と名高い平ちゃんですが・・
あまり数の上がらない魚も素材の味を知り尽くし多彩な料理にしてくれる。
選ぶ魚の質が極上で美味しい以上にそれぞれ驚きを楽しませてくれます。
DSC00054
おじさんの酒蒸し
これにはオオー!と食べてすぐ大きな声が出てしまう!
口に入れるたびに味の違う部位、塩で酒蒸ししただけだというが信じられない複雑さを引き出しているのは素材を知り尽くしているからこそ。
これは絶品、いや絶品の中の絶品。
DSC00055
日本酒も魚に、調理方法に合わせたものが揃ってます。
意外と日本酒が少ない伊豆にあってこれは嬉しい。
DSC00058
アカゼムロ青唐バッテラ
もう見ればわかりますよね。分厚い身がまったりと酢飯に馴染み、それだけでじゅうぶん感動的な味なのに青唐辛子でキリッとまとめる。
DSC00061
よく美味しいものの表現で飲み込みたくないという言葉がありますが・・
奥歯と頬の間にこれを常に詰め込んで人生を送りたいほど。
DSC00064
伊豆ポテンシャルであった部分を豪快に解き放った。
そんな存在のお店なんじゃないでしょうか。
DSC00065
サンマちゃんバッテラ
DSC00067
この寿司になれたサンマちゃんは毎年凄い数の漁獲があるうちでも最高に幸せなんじゃないでしょうか。
僕がもしサンマに生まれるようなことがあったら平ちゃんにお願いしたいと思います。
DSC00068
げそにツメ、そして擦りたて本わさびをふんだんに使えるのは伊豆一番の幸せ
DSC00071
締め尾赤バッテラ
バッテラ数種類を食べるだけでも東京からJR料金を払う価値があるかと。
DSC00073
江戸前煮穴子握り
DSC00074
地魚を素材の味を楽しむために大きく切って豪快に、そんな店が伊豆にはたくさんありますが・・
こちらのお店では違います。
手を加え地魚といえどその魚の種類一つ一つに合わせてポテンシャルを引き出す。
DSC00075
伊豆に来て美味しいと思ったものを何度来ても同じように食べるのもいいでしょう。
でも、たっぱんに来て一度平ちゃんに知らぬ魚を教えてもらうのはどうでしょうか。
少なくとも僕は視界がぐんぐん広がりました。
最高です。 

関連ランキング:居酒屋 | 伊東駅