年々勢力を増し恐ろしくなっている渋谷のハロウィン。
DSC00299
会社近辺や神泉あたりは出歩くのが怖い。
常日頃から全世界が傷ついても僕だけは傷つきたくないと考えているので今年は渋谷を離れ退避します。
DSC00300
GOUKA (ゴウカ)
DSC00304
乃木坂と西麻布の間。駅もなく静かに過ごせそうです。
DSC00305
本日のおまかせ  10000円 + 消費税 + サービス料
DSC00309
豪火前菜盛り合わせ
DSC00310
アオリイカと新銀杏のネギソース
DSC00314
モッチモチのアオリイカと新銀杏を香ばしくゴゲメをつけてからのネギソース
極上なんじゃないでしょうか。
DSC00311
筋子の紹興酒漬け
DSC00316
筋子って紹興酒に漬け込んだだけでこんなに濃厚になるんですか?
の問いに一工夫のアイデアを期待したんですが・・・
はい!
と元気よく回答いただきました。
マジで??
DSC00312
しめじ金華ハムの焼きおこわ
DSC00313
クラゲ
太くて弾力ある食感にほんのりとからしの香り、パクチーでまとめています。
DSC00317
蒸し鮑・大海老・活鱧・冬瓜 澄ましアン仕立て
DSC00319
大好物の冬瓜
DSC00321
分厚い大海老
DSC00324
香ばしい鱧
DSC00326
鮑、そして・・
DSC00327
鮑の裏
DSC00328
高級店なので上品に汁の最後の一滴まで。
一つ上をゆくテーブルマナーを披露。
DSC00331
伝助アナゴ・秋茄子・加賀蓮根
DSC00333
秋茄子はトロ茄子とゼブラ茄子
豆豉で味付けされ食感と味わいを食べ比べ
DSC00335
自信に満ち溢れた感が全くない控えめな感じのシェフですがこの仕上がりは見事。
DSC00339
黒酢の酢豚
DSC00341
大きな酢豚なのでナイフを入れると・・閉じ込められた肉汁が大洪水。
肉が白っぽくなく深い色を帯びています。
DSC00346
完全放牧の蝦夷豚とのことでフレッシュで健康的な味わい。
DSC00347
咸魚・中国漬物・干貝柱の焼き飯 お茶漬け仕立て
DSC00351
そのまま食べると、中国の塩漬けの魚・咸魚と天然まいたけが香ばしく感じます。
DSC00353
ここへ京都の茎茶(カリガネ)を注げば・・
DSC00356
出汁出まくり。干し貝柱・干し海老など複雑にお茶の味を変えオクラのとろみ少々。
DSC00357
この汁を・・口の両脇からこぼしてしまったことは悔やまれます。
DSC00362
ベースとなる中華の高い調理技術を持ちつつも日本の四季の食材を織り込み、驚きで楽しませてくれる中華でした。
入り口は非常に重厚で入りにくさを感じますが然程の堅苦しさもなく雰囲気もいい。
この日はあまりお客さんが入っていませんでしたが有名雑誌などに取り上げられたら、かなり注目される店になるポテンシャルを十分に秘めています。
DSC00365
京都の茎茶(カリガネ)が美味しくお代わりをいただき余韻を楽しみました。

関連ランキング:中華料理 | 乃木坂駅表参道駅六本木駅