マナさんの家には4泊5日の滞在予定。
P9161137
これで2泊して中日となりました。
DSC01384
朝食は何かの(多分、羊)タンと蕎麦の実
DSC01386
厨房では慌ただしく昼食の準備がもう始まっています。
それもそのはず・・
DSC01393
本日からイヌワシ祭が始まるんです。
DSC01397
昨晩、呑んで歌ったあとアサルベックがウサギを獲りにいくと行って去りましたが・・
かなりの深夜で真っ暗の外、嘘だと思っていました。
家の前に吊るされていたウサギ。
目が光るから大丈夫だというのは本当でした。
新鮮なウサギの方がイヌワシの競技には有利だということでしょう。
凄すぎです。
P9161160
子供はワシではなく隼を。
P9161198
アサルベックはマナさんに捧げる好成績を胸に気合十分。
P9161206
イヌワシ競技には四男アサルベックだけでなく五男のノラサルも出場します。
P9161183
マナさん亡き後の初の大会。
緊張がこちらまで伝わってきます。
P9161311
車で先に到着した時には、こんなに人がいるのかと想うほどのにぎわい。
地元の人だけでなく同じく海外からの観戦者も多く来てました。
P9161231
美味しいと聞いていた羊肉のBBQ屋さん。
この味さんが一番だと聞いていたんですが・・・
DSC01400
最高でした!
P1004335
山の上にイヌワシをおき、遠くからの大声と右手に持つ餌だけでキャッチする競技
ブルケッテ コルガ シャッカロォ
P9161275
続々と出場者が集まって来ます。
P9161340
この日の予選では腕でイヌワシをキャッチ。
翌日のロープで繋いだ餌を引きずって呼ぶ決勝と両方のタイムの速さで順位を決めます。
P9161234
何年か前にNHKで紹介されたというアイちゃん
この子の好成績以来、若い女性参加者も増えているといいます。
P9161244
我らがアサルベック!
彼が愛して尊敬する父親マナさんに捧げる好成績はいかに・・
P9161350
これが夢にまで見た毛皮で身をまとい馬上でイヌワシを操る民族の雄姿。
P9161354
中央赤い部分のある帽子をかぶったのが怪力ジュンスベック。
彼はほとんどの競技に参加。
去年の覇者が出場しない今年の大会とあって何人かの強豪が並ぶんですが、彼もその一人。
彼は体の大きなこの地方の中にあっては特段大きな方ではないのですがとにかく腕っ節が強い。
午後のヤギを引き合うククブルという競技と地面の花を連続して拾うティエン イルゥで怪力と桁外れの馬術を見せつけられました。
P9161371
普段は温厚なカザフ民族の方々ですが狩猟民族。
獲物を追う眼光の強さ。
この不毛の地でたくさんの家族を養って来た男たちの自信と誇りがぶつかり合う大会です。
P9161382
競技場に移ります。
P9161447
あの人だかりの山から自分のイヌワシを呼びます。
ワシとの信頼関係と訓練の成果を観戦するんです。
P1004367
参加者60名ほどだったでしょうか。
最初の競技者は大声をあげた瞬間イヌワシは飛び立ち彼に一直線。
P1004384
これ以上早くくるワシなどいないだろう。
そう思いました。
P1004400
そして次々に競技者は成功していきます。
P1004403
そしてアサルベック!!
P1004405
なんと!この時点で最速を叩き出しました!
P1004513
しかし、この後から観戦者が増え続けラインから出始め、ほとんどの競技者が失敗を繰り返すようになりました。
大勢の人が押し寄せる場所にイヌワシは敏感で飛ばなくなったり違う方向に飛んでしまうんです。
五男ノラサルのイヌワシも飛んだものの違う方向に行ってしまいました。
P1004542
成功率が激減する中でも成功させる競技者はいます。
このコンディションの中でも成功させなければいけない。
P1004590
観戦者から成功率が低すぎるとクレームが入ったそうです。
おそらく海外からの観戦者と推測できますが・・
自分たちが状況の不公平さを作っているのに・・
P1004653
さらに、ドローンを飛ばす観客もいました。
どの競技であっても動物を使っている以上、悪影響を及ぼす可能性がないとは言えません。
しかももしもの墜落も顧みず観客や競技の真上から撮影するドローンも出現。
P1004720
もちろんワタクシは自粛しましたが、コントローラーを持っているのが日本人だと知りショックでした。
P1004726
とは言え競技者の真剣勝負は続きます。
P1004774
鷹匠は日本にもあるようですが見たことはありません。
この広い大地で、農産物を育てることができない土地で食べていくには牧畜か狩しかありません。
馬に乗ったまま調教したイヌワシを操る技術は世界でもほとんど残っていないと聞きました。
P1004825
外国人観戦者から動物虐待の声も上がっていると聞きました。
イヌワシはワシントン条約の規制もあると聞きました。
海外の人間は動物の絶滅を防ぐためにザックリとした規制を押し付けているようですが、もしこの文化がなくなったらと思うと寂しい、寂しすぎる。
P9161508
午後の競技へ移ります。
アサルベック、本日の競技が終わった時点での途中経過は・・
第一位。