タイ料理も出すカンボジア料理屋さんには行ったことがあるものの・・
完全なるカンボジア料理というのは初めてです。
DSC08102
バイヨン (BAYON)
DSC08107
 ボンキア・スロッ 950円
茹でエビを胡椒と酸味のあるソースをつけていただきます。
DSC08112
チャー・トロップ 950円
なすたひき肉の炒め物。
オイスターソースの味で日本の田舎料理のような優しさ。
驚くことにここまで東南アジアな感じはゼロ。
DSC08113
ニョアム・ルホン 950円
パパイヤサラダです。
唯一この料理だけエビの発酵したクセがあり食べにくい人がいるかも。
DSC08115
アンコールビール。ノーマルもくろも普通に洗練された味で美味しい。
カンボジア料理ってここまでタイ料理に代表される東南アジアな感じはない。
むしろ日本に近い。
DSC08117
ソムロー・チーチャイ
海苔のスープ。なんてやさいい味なんだ・・でもこれは調味料で遊べます。
DSC08123
チー・クダウ
これまた中華っぽい豚肉のハーブ炒め
DSC08126
ポーンティア・チアン・トライプロマー 950円
こちらのお店・・だいたいどれも950円です(笑)
塩漬け魚が入ったオムレツ。
DSC08128
レモングラス・バーイ・チャー 1000円
レモングラスが美味しいチャーハンです。
驚くことにほとんどクセも辛さもパンチもないカンボジア料理。
どれだけ好き嫌いが激しい人でも困ることはないでしょう。
でもスパイスのパンチやメリハリはないので、なかなかこの料理のマニアになる要素ってのも薄いかもです。
DSC08129
ここから四谷へ電車移動
四谷ブリュワリー
DSC08131
前日うちに食べに来てくれた天君のバイト先です。
DSC08134
イケメンというのは遊んでいても働いてても常に楽しそうです。
間違いなく・・・
DSC08136
僕の5倍以上は人生楽しいんでしょうね・・・

バイヨン東南アジア料理(その他) / 牛込神楽坂駅飯田橋駅神楽坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3