上京後、水道橋の大学に7年在籍していた頃はカネもなく学食で食べるもの精一杯。
にも関わらず校舎の外には無理をしてでも食べたいお店がありました。
DSC00442
とんかつ いもや 二丁目店
DSC00432
その店は60年続いていた店だと本日知りました。
天ぷら・天丼・とんかつなど当時高級品で決して一流のものなど食べれないと思っていたけどこの系列の店で本物の味を知った気がします。
DSC00433
美しい白木のカウンターに座り、銅でできたヤカンからそそがれるお茶を飲む。
ハタチを過ぎ毎日お金はなかったけど大人になる実感を味あわせてくれた店だと言えます。
DSC00434
とんかつ定食 800円
DSC00436
今でもこの値段で出してくれてたんですね。
目の前で分厚い肉にパン粉をつけて揚げる。
一つ一つまな板に乗せては包丁を当て、ザクッザクッの音に心躍らせる。
DSC00438
たくさんのシジミが入ったお味噌汁、いつだってとんかつにあうしっかりと炊かれたご飯。
水気をあまり切らない甘いキャベツ。
DSC00439
学生時代の思い出の味も今月末で閉店。
閉店理由なんてどうでもいいです。
もちろん残念ではあります。
でもこの、いもやには感謝の心しかありません。
この界隈で学生時代を少した人間は皆同じ思いでしょう。 

とんかつ いもや 二丁目店 とんかつ / 神保町駅九段下駅水道橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8