5/8にOPENしたので毎月8日くらいにメニュー変更するようです。
栄えある第二回目のコースをいただきに再訪問。
DSC02020
南方中華料理 南三 (ナンポウチュウカリョウリ ミナミ)
DSC02021
今回も当然、水岡シェフの独壇場。
ステージで繰り出すエンターテイメントを味わいつくしてきました。
DSC02023
冷菜は6種類
揚げ茄子台湾バジル和え
DSC02026
稚鮎の海苔和え
DSC02028
よっぱらい縞海老
鯖のプーアル茶燻製

DSC02029
台湾タケノコのカラスミマヨ和え
DSC02032
臭豆腐の湖南唐辛子らっきょう
DSC02041
ヤギのにらソース
DSC02034
どれを口に運んでも圧巻。
全部がヒーロー。
これだけ凄いものが全部そろうのは他にアベンジャーズくらいしか見たことがない。
DSC02043
ウイグルソーセージ
青マンゴーピーナッツ和え

DSC02046
鴨舌の燻製
DSC02050
パリパリ豚大腸
ここらは前回悶絶したメニューがまた口に入れることができる幸せコーナー。
青マンゴーだけは前回なかったがこれまた天才的。
例えるとマイクトラウトやプホルズがずらっとそろうエンジェルスに大谷が入っちゃった感じ。
DSC02055
オオタニワタリのベーコン炒め
DSC02057
これも前回同様。
もうとにかくベーコンが凄すぎる。
このベーコンのためにオオタニワタリという品種が地球上に生まれてきたとしか思えない。
DSC02058
ポルチーニと舞茸の春巻
DSC02065
東急本店の5Fに宝石や高級時計をずらりと並べたコーナーがあるんですが、そこにあってもなんら違和感は感じないだろう。
パテックの時計とコノ春巻どちらかくれるといったらパテックだけど。
DSC02066
お肉は鹿とラムの二種類
DSC02068
鹿の沙茶醤(サーチャージャン)
DSC02069
火の通し加減が完璧な鹿に舌平目を使った沙茶醤。
淡白な鹿肉のベースを引き立てる魚介の旨み。
DSC02070
ラムのミントソース
ミントとクミンの香りで際立つラムの旨み。
DSC02071
そして肉から魚だ。
DSC02076
金目鯛のパイナップル醤豆麹ソース
フルーツを使ったソースに複雑なコクを使って魚を引き立てる。
こういうのはどれだけ頑張っても5億年くらい頑張っても絶対できない。
センスだと思う。
DSC02077 
イカの汁ビーフン台南セロリ
DSC02079
これが?ビーフン?
・いうても麺ものは絶対的に日本のものが旨い。
誰もが思ってることを易々と覆す水岡ワールド。
DSC02081
各テーブルから、何コレ?腰がある!イカが合う!セロリの香りとシャキシャキがいい!
大絶賛以外に言葉がない。
DSC02084
森のツバメの巣スイカシャーベット
DSC02093
今回も樹液系のデザート。
デザート専門店の斜め上どころか上の上を行ってる。
DSC02096
中華料理界でも孤高の人なんでしょうが、わかりやすく言えば超絶オタクにしてマニア。
中華料理界のシェフがみなピラミッドの頂点を目指す中、スフィンクスの上に石置き始めてピラミッドより高くなっちゃった感じでしょうか。

南方中華料理 南三中華料理 / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅
夜総合点★★★★ 4.5