5年前http://www.okamooo.jp/archives/7681866.htmlに来て焼き牡蠣の味に乾燥した浦村。
もし鳥羽に来ることがあったら必ず再訪問したいと決意しておりました。
DSC02341
海辺の宿まるさん
P7030034
この宿を予約した理由は一つ。
この時期でも真牡蠣を出してくれるから。
P7030037
もちろん真牡蠣のシーズンは冬。
しかし宿の真ん前で牡蠣養殖していているので夏でも焼きガキとして食べさせてくれるんです。
DSC02346
この宿は華美な宿ではありません。
でも4階建ての建物のどのスペースも広く掃除が行き届いています。
IMG_9675
そして静かな土地柄。
今回貸切だったのでもちろん静かだったんですが・・
過剰なサービスではなくゆっくり過ごすには最高のおもてなし。
IMG_9661
そして温泉も良かった。
海の真ん前なのに塩は微塵にも感じません。
ぬめりのあるアルカリ性単純温泉。
ここからがメイン。
16800円の宿泊費とは思えない夕食の内容。
ショータイムの始まりです。
DSC02349
舟盛りはグレ・カワハギ・アオリイカ・さざえ・ゴイカ
これだけでもすごいと思いますが・・
DSC02355
焼きアワビ様
DSC02360
いえいえ、これはまだ序章にすぎませんでした・・
DSC02366
伊勢海老のお造り
DSC02375
接客が苦手で宿を経営しない漁師さんから手に入る地魚のオンパレード
DSC02371
こちらではガシラと呼ばれるカサゴ、そしてメバルの煮付け。
DSC02373
関西風の薄味の煮付けだからいくらでも食べられる。
DSC02376
アワビ様のお造り
DSC02379
肝だって一口でいただけるなんともプレミアムな時間
DSC02384
牡蠣フライだって極上。
いちばん美味しく食べる方法を知っている人たちです。
DSC02386
そしてでっかい桶の登場。
DSC02393
焼きガキです。
DSC02396
完全に火を通す焼きガキ。
大きな真牡蠣を小さく焼き上げる食べ方が漁師のいちばん贅沢な食べ方とのこと。
確かに味が凝縮されていて旨味がより強い。
みずみずしさを求めていましたがこんな美味しいものになるとは・・・
DSC02402
アワビが蒸し焼きになりました。
DSC02406
しっとりきめ細かい舌触りとゴムのように強い弾力。
それでいて歯がスッと入る柔らかさ。
DSC02409
肝だってフワッフワ。
DSC02410
なんとこの値段で伊勢海老x2!アワビx2!
DSC02415
もう祭りですよ。祭り!
DSC02419
こともあろうか焼きガキのおかわり1回無料!
この大きさの桶が二杯も!
DSC02422
夏の真牡蠣なんて・・と思っていましたが・・
漁師は美味しい食べ方を知っていました。
DSC02423
しかし・・お腹が苦しい・・・
満腹のまま布団で横になると・・・
IMG_9673
もう朝でした。
DSC02430
朝飯も豪華。
DSC02431
全部が全部地物で余計なものは何もない。
全部が魅力的な食事。
激安だと思います。
DSC02432
そしてお母さんの人柄がまた優しく素朴でここに来て本当によかったと思います。
浦村にはまた来ると思います。
そしてまるさんに来ると思います。 

海辺の宿まるさん旅館 / 加茂駅松尾駅船津駅(近鉄)
夜総合点★★★☆☆ 3.9