こんなクソ暑い毎日から逃げ出したい。
そんな思いでやって来たのは金峰山。
P7240003
なぜこの山を選んだかというと・・
標高2360mからの出発!
P7240007
2360mの大弛峠は一般道としては日本最高峰。
ここまで車で乗り付ければ山への暑苦しいアプローチ無しで・・
しかも楽々登山が涼しげにできるかと!
P7240023
予想は大的中!
気温15度からの涼しげなスタートで少し歩けばもう稜線に!
P7240035
涼しいハイキング気分で抜けたところからもう金峰山が!
P7240040
もうないと思っていたシャクナゲくんもギリギリまで僕を待っててくれました。
P7240045
視界が広がっても涼しい。
太陽が照り続けても涼しい。
朝までのイライラが嘘のような開放感。
そして・・
P7240078

金峰山(2599m)のTEPPEN

獲ったたがやああ(ノ`Д´)ノ


P7240090
涼しいってこんなに素晴らしいことなのか!
涼しいとここまで気分爽快なのか!
P7240101
ということで金峰山のシンボル五丈岩まで!
P7240128
自然物とは思えない・・風化して現れた古墳の石碑のような神々しさ。
P7240131
ここから望むは八ヶ岳。
そして瑞牆山まで続くステゴサウルスの背中のような稜線。
全てが美しい。
P7240148
少し降りて見下ろせばこれまたシンボリックな岩が庭にそびえる金峰山小屋。
P7240149
今回の目的は頂上ではなく涼むこと。
ということで・・
滞在時間を長くするために山小屋での宿泊です。
P7240161
ユズヒコ君が丁重に迎えてくれる金峰山小屋です。
P7240162
なんとも居心地のいいこの空間。
涼しいだけで大満足なのに・・住みたい・・
P7240163
寝室も平日とあって広々。
P7240167
夕飯はなんとデフォルトでワイン付きのチキンソテー。
スイカなんて重いものを・・歩荷さん・・ありがとう・・
P7240176
そしておかわりはカレーライスの食べ放題!
P7240180
ここから夕日の時間なんですが・・厚い雲がかぶっててもうダメだと思ったその時・・
八ヶ岳の姿が現れる!
P7240256
主峰赤岳の山頂方面に太陽が侵入開始です!
P7240347
うわあああああ!
これ・・ほんと日が沈む瞬間だけ雲が切れたんです。
涼しいだけで大満足なのに・・なんたる幸せ・・
P7250395
星空も撮影したかったんですが雲が切れた3時に外に飛び出るも・・
もう明るくなり始めてこれくらいです。
でも夜中まで全天空雲だったので星が見れただけで大興奮でした。
P1020240
星を眺めていたらそのまま夜が開け・・
IMG_9932
朝食の台湾風おかゆ。
これまた美味しいんです。
P7250472
そしてこの朝、もう一度山頂まで登り返します。
P7250557
早起きはなんとかと言いますが・・
一瞬富士山も顔を出してくれました。
P7250504
そして下山開始。
P7250550
正直・・帰りたくない・・
歩荷を日給6400円で募集していたので・・本気で考えましたよ。
P7250585
あんな暑い場所に帰ることなく月20万円貯金できる生活・・
P7250593
まぁそうはいかないので最後までここにいられる幸せを噛み締めます。
P1020264
奥秩父に行くくらいなら八ヶ岳やアルプスへって思ってましたが・・
今回標高高い場所での滞在時間の長さを考えここに登りました。
P1020277
確かに上記ほど洗練された感じやスケールはないものの、美しい稜線歩きやちょっとした岩場、アプローチが短いこともあって心地よい凝縮感がありました。
そして必要以上に飾らない登山ルートや登山者も心地よかった。
次回は縦走のスタート地点としてテント担いで登ってみたいと感じました。