バオバブ街道から海岸のホテルまで、意外と距離があってかなり遅い時間になっちゃいました。
P9100199
PALISSANDRE COTE-Quest Risort&Spa
P9100205
モロンダバで一番のホテルです。
この間接照明で泳ぐフランス人の女の子は天使のように見えました。
P9100212
全室コテージ。敷地は全部砂浜です。
P9100211
エアコン付きのコテージです。
マダガスカルの中心部は標高があり涼しいんですが、流石に海岸沿いは暑い。
P9100207
広いシャワールーム。
今回どこもその土地で予約可能ないちばんいいホテルを選んでいます。
それでも夜は温かいシャワーはどこも出ません。
昼間は意外と出ます。
DSC05865
荷物だけ置いて夕食へ。
DSC05871
海老の濃厚なプースー。
激しく美味しいです。
毎晩どこでも予定が押していて遅い時間に食べてるので極限の空腹。
お猪口で飲むように瞬殺。
DSC05872
高級なテルホはどこもフランス文化。
挨拶もボンジュール、メルシーボクー。
小指を立てるなどフランスのテーブルマナーを熟知しておいて助かりました。
DSC05877
メインも海老。
海の真ん前はやはりシーフードざんまい。
フランス文化。ソースで食べるものは全部美味しい。
DSC05886
深夜2時半起床。
バオバブ街道の星空が撮影したいので3時にホテルにきてくださいとマークさんとシャルルさんに伝えてありました。
二人は2時には準備完了。
しかし土砂降り。
2時半にフロントで今日は撮影できないので寝てください。
はいわかりました。
・・・二日で23時間の移動、疲れ果ててるにも関わらず日本のキチガイにお付き合いしてくれる二人。
DSC05891
雨が降らないからバオバブが育つ環境だと聞いていました。
更に9月は乾季だと聞いていました。
まぁ降るわ降るわ・・
DSC05894
曇ったり小雨降ったりする中ホテルでゆっくり朝食。
DSC05898
バオバブジュースが美味しいです。
DSC05902
ここのホテルのSUNNY SIDE UPは世界一かと。
DSC05904
天気は良くないものの朝から遊びに出かけます。