モロンダバのバオバブの木と星空の写真を一枚だけ撮影でき、午前4時にモロンダバを出発。
雨の中車は走り
P1044215
厚い雲の下から朝日を見ることができました。
DSC05975
雨も上がり天気も回復、僕のわがままのせいでホテルの朝食は断っています。
DSC05977
街のコーヒーショップで朝食です。
マダガスカルの一般的な食事はコメ。
でも最近パンを食べるハイカラな人が出て来たそうです。
DSC05978
そしてこの注文が入ってから丁寧にいれてくれるコーヒーがうまい。
DSC05980
パンもコーヒーも1つ500アリアリ(約17円)
パンは少し甘めな味付け。
DSC05981
いつも笑顔の超人ドライバー、シャルルさんが後で写真を見直すとどれも笑っていない。
最終日に聞き出したら・・すきっ歯が恥ずかしいとのこと。
P1044217
街から街への移動はタクシーブルースを現地の人も安いので使うそうです。
積載量とかいうレベルじゃなくて・・車の上も中も隙間がない。
これはタクシーブルースがとまっている近くで車を止めた時・・
乗せてくれると勘違いして笑顔で近寄ってくる家族。
いやいや違うんだと言うと笑って戻って行きました。申し訳ない!
P1044228
街と街の間には本当のド田舎の小さな村が何個もあります。
ド田舎は飴をねだるどころか逃げます。
車を止めると道から奥の方まで逃げます。バナナ食いながら逃げます。逃げすぎです。
望遠でしか撮影できません。
P9110857
これもTHEマダガスカルといった風景。
ハゲ山、焼いて黒い山、そして棚田。
P9110860
これも棚田。
マダガスカルの人が食べる米の量。
世界一だそうです。
日本の倍の年間60キロ。
P9110820
ここは見ての通り川です。
川でも乾季にコメを作ります。
もちろん雨季は川になります。
マダガスカルでは二毛作どころか三毛作です。
年間3回の収穫があるからこそこれだけの米を食べることが可能なんです。
P1044233
鍋に入った大量の米。
農家はこの上に少量のおかずを乗せて家族でつついて食べます。
DSC05993
ランチはちょっと大きな街で
MAND'AM
DSC06013
ローカルレストランですが今回はパスタのようなものも!
DSC06007
麺はこちらでミサウと言います。
大量に作ってショーケースにあるときはハエの量が半端なくって黒いのかと思いました。
DSC05996
米のおこげのお茶はこんな風に入っていて自由に飲めます。
DSC05999
ティラピア
DSC06006
豚の耳
DSC06011
これは豚の足だと言うこと。
とろっとろで味付けも良くて美味しい。
DSC06009
前情報として精米技術が悪いからコメに砂利が混じってると聞いてましたが・・
僕が食べたものの中ではそれはなかったです。
DSC06015
ローカルレストランはどこも美味しい。
けど、日本にマダガスカル料理の店がないのはうなづけます。
DSC06022
すきっ歯を隠すシャルルさん。
P9110880
2時に集合してそのまま長時間移動。
すきっ歯のシャルルさん・・ほんとさーせん!