幼少の頃からプロ野球ファンで、どの選手が好きかと聞かれてイチローと大谷が好きだというのはにわかファンのような感じで恥ずかしい。
でも好きだから言います。イチローと大谷が好きだ。
中華料理の料理人で誰が好きかと聞かれれば同じく答えます。
菰田さんが好きだ。
DSC08790
シセンチャイニーズレストラン 南青山 (4000 Chinese restaurant) 
DSC08796
今月、高樹町に菰田さんがOPENさせた店。
22000円(税別)のコース
この値段にして安いと思わせる内容になるとは入店前は思いもしませんでした。
DSC08800
つぶ貝のネギ山椒
チシャトウの歯切れの良さにつぶ貝の肝のコクも合わさって複雑ない味わいに。
DSC08807
黄金ピータン唐辛子和え
通常のピータンよりあっさりしていて前菜にはこちらの方がマッチしてる。
DSC08816
香鶏の白酒漬
味だけでなく輪島塗の上に次々に乗せられるモダンな有田焼が美しい。
スーツァンレストラン陳が全て白い皿だったのであえて全て色付きを選んだとのこと。
海南島の唐辛子が黄色くて可愛いが刺激的な辛さ。
DSC08821
仙台牛の唐辛子炒めと指宿のそら豆
DSC08834
帆立の黒クコの実炒め
京都のほうれん草、キョウレンソウやハナビラダケ、早取り筍、銀杏をフランス産の藻塩で
DSC08828
このビチビチ生きのいい長崎県産の車海老
DSC08836
なんと!二尾を・・さっと火を通すだけ。
車海老と満点星唐辛子の炒め
DSC08841
皮だけカリッと、大げさに言えば身は生に近い。
味噌も極上。
今までの人生の海老の中で一番美味い海老。
DSC08842
気仙沼産モウカザメの尾びれとオレンジクイーン白菜を上海蟹ソースで

DSC08854
この世のものとは思えない・・・
贅沢の極みにして伴ってる味。
何を書いても文字にすれば陳腐に感じる。
DSC08859
加藤ポークは塩釜焼きで
DSC08866
オレンジクイーン白菜の外皮で包み、塩加減を調節
DSC08870
塩釜で使った塩と甜麺醤を使ったソースでいただく
DSC08875
一同、大声が上がったのが意外やこれ。
セミドライ野菜の炒め
白菜とキャベツの掛け合わせであるハクラン、そして中華料理の一番得意としているという乾物野菜を戻した料理。
そこに中国で唯一使わない乾物、ドライトマトをあえて使った料理。
炒め物だが漬物のように後を引く旨さ。
DSC08877
こちらはサービス
ラーズーチー
DSC08881
現地で極上の漢源ホァヂャオの香りの良さが強い。
DSC08885
小籠包は二つ。
通常のものと黒トリュフ
DSC08890
台湾の有名店鼎泰豊でも黒トリュフ小籠包があって大好きだが・・
比にならないトリュフ感。
いつまでも口に残る。
DSC08892
大分県産の真鯛
DSC08895
発酵白菜、発酵唐辛子、発酵生姜、ふんわりとした白身に発酵の癖になる味。
DSC08902
火鍋伝道師として五反田や麻布十番で活躍する菰田さん、専門特化した火鍋の旨さも驚いたが・・
おそらく一番やりたかったことをやりたい放題できてるのがこちらの店のような気がする・・
DSC08903
こちら純血のマンガリッツァ豚
DSC08927
マンガリッツァ豚の回鍋肉
DSC08931
それも甜麺醤も使わない本場の味。
そして本場の味もマンガリッツァ豚を使われたらかなわない。
これだけのピーシェン豆板醤を使ってもマンガリッツァ豚が圧倒的勝利。
DSC08907
回鍋肉といえばご飯
ご飯といえば・・・
DSC08909
白子と牡蠣の麻婆豆腐
DSC08921
牡蠣も極上、白子は当然極上、そして菰田さんの麻婆豆腐は麻婆豆腐好きのボクが大好きな味。
DSC08934
デザートは山椒アイス、生月餅
圧巻でした。
なんでもない食材を美味しくする中華料理、四川料理。
それを日本の極めた食材で作ったら・・・
そんな夢を叶えてくれる一番わかりやすい場所。
それをなんでもなかったように提供する場ですが・・これを提供するまでの苦労を全く見せない菰田さんの人柄と男前さが際立つお店でもあります。
四川料理はベース。
人気のある四川料理は中国各地に広まっている感じですが各地で素材や調理法も変えてアレンジされています。 
日本に来た四川料理を日本の素材を中心に組み立てる料理は真の四川料理だとボクは感じています。 

シセンチャイニーズレストラン 南青山四川料理 / 広尾駅表参道駅
夜総合点★★★★ 4.5