技術的に難しく時間がかかる料理というのは外食で食べたいものです。
そんな料理を思い浮かべると真っ先に出てくるのがビリヤニ。
でもビリヤニほどなんちゃってが多い料理もなく好きではあるもののなかなか食べる機会に恵まれない。
DSC07443
インド料理 マルジョウ
DSC07445
カレーのメニューを見ただけで全部一気に注文したくなるほどですが・・
やはり食べたいのはビリヤニ。
時間がかかることから少し口に入れるものを先に注文しました。
DSC07446
前菜盛り合わせ 800円
村上園和紅茶 350円

DSC07450
こういうメニューがあるわけではないのですが迷っていると若きご主人が800円で色々守りましょうかと提案してくれたもの。
チキンピクルスを中心に正直目ん玉が飛び出ました。
最近中華料理でも中華のレシピをベースに日本の食材を使って日本料理のような繊細な調理を行う店が美味しいんですが・・まさにそれ。
DSC07457
カキのビリヤニ 1600円
DSC07461
美味しいとかのレベル超えてます。
感動です。
ビリヤニの固定概念を一掃するようなビリヤニ。
ビリヤニのスパイス、ビリヤニの調理方法を利用した今まで食べた中でもトップクラスのビリヤニ・・いやもっと大きいジャンルで炊き込みご飯!
DSC07464
なぜこの状態で牡蠣の火の入り方がベストなのかも不思議。
ビリヤニを作られされているのではなくビリヤニを創造しているといってもいいんじゃないでしょうか。
本場の味に近づこうとするだけの料理は廃れています。
中華に限らず和のテイストを巧みに取り入れオリジナルを作り続けるお店はみな魅力的に感じ受け入れられている気がします。
ボクの知る中ではインド料理でのそれ。
若きご主人・・いったい何者なんだ・・・ 

インド料理 マルジョウインドカレー / 池ノ上駅東北沢駅下北沢駅
昼総合点★★★★ 4.0