昨日2019年最初のさぷら伊豆グルメオブザイヤーを選出したのだが・・
第一位のマルジョウのビリヤニの写真を見てもう一度無性に食べたくなった。
そして本日のランチでお店に向かうのだが、駅から歩いていると気になる看板。
DSC09142
思わず二度見してしまった。
手打ちであることをやたらアピールする蕎麦屋多しといえど・・
手打ちでないことをアピールする蕎麦屋は珍しい。
三由 (ミヨシ)
DSC09146
これだけ食べたかったビリヤニを瞬時に諦めてこの店に入ることにしました。
DSC09150
ふじ(カツ丼ともり) 1000円
DSC09151
なんの変哲も無い街の蕎麦屋。
ちょっと驚いたんだがこの蕎麦美味しい。
DSC09160
風味や甘さもよく、程よいコシもあり喉越しも悪く無い。
いやいや下手な手打ち蕎麦より断然美味しい。
DSC09164
カツ丼は100人の人がカツ丼の味を想像したのなら、100人がこの味を想像するであろうカツ丼。
カツ丼はこうなくっちゃ。
そして蕎麦の美味しさに追加。
DSC09170
かけそば 500円
DSC09174
美味しい蕎麦といえば手打ち。
機械で量産された蕎麦というのは蕎麦のグルメ通の中では問題外とされてることが多いのでは無いか。
蕎麦の美味しさは一点ものでなければならないのか。
もっと庶民のものであって量産されていてもいいものはいいのでは無いか。
そんな世の風潮に対し一石を投じる姿はまさに、蕎麦界のアンディ・ウォーホル。
DSC09145
蕎麦界のポップアート、蕎麦界のアンディ・ウォーホル
量産されていてもいいものはいいのだ。 

三由そば(蕎麦) / 池ノ上駅東北沢駅下北沢駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4