okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2021年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①季節料理かたやま②とり茶太郎③忠弥
2020年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①炉ばた高塚②翠雲③黒ひげ
2019年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①サエキ飯店②鮨おさむ③欽山
2018年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南三②4000ChineseRestaurant③山西亭
2017年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南粤美食②出羽屋③芭夯兔 长顺店
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊


2022年 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2021年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2020年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 番外 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2019年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2018年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2017年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

【伊豆】観光

伊東マリンタウン 人気料理マンガ家がマリンタウンで料理対決!


「味いちもんめ」の倉田よしみ先生
「包丁人味平」のビッグ錠先生
IMG_9604
グルメファンのみならず、幼少の頃、マンガで育ったボクたちにとって神のような存在のお2人。
ジョージ秋山先生の「ピンクのカーテン」とともに床屋には欠かせないマンガの大作。
IMG_9527
この日、そんな大巨匠のおふたりがココ、伊東マリンタウンで料理対決をするというんです。
IMG_9528
しかも15年毎週伊豆に行っているボクにとっては食べなれた伊豆の食材を使っての対決とあれば興奮を抑えることができません。
IMG_9530
そして・・
こともあろうか・・ワタクシ・・審査員としてお呼びいただいたんです。
IMG_9534
グルメな読者が驚くような内容を書き続ける漫画家の先生方のグルメの知識は・・
当然グルメ以上の知識。
そんなおふたりの料理のジャッジをワタクシが引き受けていいのか迷いましたが・・
やはり、食べてみたいという好奇心が大勝利です。
P1388071
御年82歳のビッグ錠先生。
カネサの鰹節を削る姿・・凄いなんて言葉を超越してますね。
P1388223
倉田よしみ先生、稲取の金目鯛をさばく手つき・・完全な料理人です。
知識のみならず、料理の腕前にも驚かされました。
P1388287
こういう料理対決って、下準備がホトンドで少し手を加えて出来上がりと思いきや・・
完全に一から作るのって・・インスタLIVEで生中継して見ている人には長すぎるのではないかw
テレビ慣れした視聴者にとってはテンポが悪いのではないか?w
とも思いましたが、現場で一部始終を見れるワタクシにとっては大興奮の時間。
P1388310
ワインを呑みながら笑顔でたくさんお話をしてくださる先生方・・サービス精神旺盛どころじゃない。
P1388323
ビッグネームばかりで緊張すると思っていた現場・・
緊張皆無ですw楽しすぎる。
P1388360
そして、料理が出来上がり・・
先生方と審査員だけが食べれるという極上の幸せタイムです。
P1388270
予定していた料理はあったみたいなんですが、作っている間に思い付き創作で料理を増やし・・
かなりの品数になりました。
IMG_9560
まず、料理の前に・・今回集まった伊豆の食材がとんでもないものであること。
伊豆ならではの極上食材は・・ご家庭では入手困難で再現不可能かとw
しかも全部、旬のものばかり!
IMG_9570
この極上素材をどう生かすかなんですが・・完璧に生かしきっていました。
全部の素材を好奇心で使い切りながらもそれぞれの良さが引き立っているんです。
優しい味で楽しみながら料理する先生方・・それは・・・
IMG_9571
先生方の人柄そのものでした。
茶目っ気・好奇心・優しさ・サービス精神・丁寧に食材を扱う心・気遣い・遊び心・穏やかさ
IMG_9572
全ての全てが憧れでした。
マンガを読んで憧れている方は多いと思いますが、お会いしてビックリそれ以上です。
IMG_9573
山の猪肉・鹿肉・椎茸・タケノコ・明日葉・菜の花・わさび
海の金目鯛・フグ・イカ・鯖・ワカメ・しらす
全てが旬の極上品。
この時間内に全部使い切るだけでも半端ないです。
IMG_9576
聞けば先生方、伊豆に所縁があるかと思えばないそうですw
それでもコロナで観光が冷え切っている伊豆が盛り上がるのならという思いで引き受けてくださったとのこと。
IMG_9579
当日まで知らなかったんですが、この対決が実現するには先生方のみならず多くの方の支援があってこそ。
P1377776
伊豆にどれだけ旬の極上食材があっても観光で来てくれなければ良さも伝わりません。
難しい時期で実際この対決も無観客でインスタLIVE中継。
P1377874
海があり山があり、魚ありジビエあり野菜あり果物あり・・
独特な地形が生み出す豊かな食材は季節ごとに目まぐるしく多様にボクたちを幸せにしてくれます。
P1377913
そこに人が加わり豊かな伊豆を発信できれば、少ない休日を使って遊びに来てくれる人を間違いなく幸せにできる。
なぜならボクがそうして幸せだから。
IMG_9603
こんな楽しい一日を企画、実現していただいた方々に感謝感謝です。
1BCF2D30-1480-49BB-B626-D916AC73389F
そして先生方に少しでも触れ合えた時間はワタクシにとっての一生の宝物です。

南伊豆 オリンピック4連休


今回のオリンピックはなんと東京なんですねー!
何が面白いのか理解できるほど賢くはないので幼少の時のイーグルサム以来みていないんです。
IMG_1246
そして1番驚いたのが首都高が割増なんですね。
目ん玉が飛び出たので今回往復用賀インターまで下道で行ってきました。
IMG_1251
4連休初日の朝食はパンツェッタたっぷりのピザトーストです。
IMG_1254
そして先日カヤックで行った京の字島。この写真だと右側の島なんですが・・
陸との間にチョットした砂浜があって最高のプライベートビーチ。
誰もいないし海は馬鹿みたいにキレイそのもの。
ちなみに京の字島の奥が妻良から渡し船もあるビーチ谷川浜です。
IMG_1279
今回はカヤックではなくSUPで行ってまいりました。
子浦の砂浜から15分くらいでしょうか。
景色も最高だし慣れてないぼくにはちょうどいい距離感。
IMG_1260
妻良・子浦の湾内は外堤防の影響で少し濁っていますが・・
外堤防をチョット越えればこの色。
IMG_1278
南伊豆は海が綺麗だと思っている人が多いと思います。
想像以上です。
IMG_1269
シュノーケリングでもミナミハコフグちゃんがたくさん見れちゃいます。
IMG_1273
シュノーケリングでこんな魚群に遭遇したり。
IMG_1270
こんなパラダイスでランチしてきました。
ちりめん山椒おむすびです。
IMG_1288
この日は思う存分最高な海を楽しみお好み焼きでお酒を飲んで爆睡です。
IMG_1289
この日は満月の2日前。
IMG_1329_jpg
翌日の朝は、ソーセージエッグマフィン
IMG_1304
この日は山に入り、何年もみたいと思っていたサンコウチョウに遭遇。
チョット見せれた写真ではないんですが、サンコウチョウだとわかる写真が撮れただけでも大興奮。
IMG_1310
帰りに道の駅でお弁当を買ったんですが・・
IMG_1313
足りずに冷蔵庫のありあわせでラーメンを作りランチにしました。
IMG_1322
この日は満月の一日前。
IMG_1316_jpg
夕飯は豚バラと茄子の味噌炒め・・
IMG_1317
そして!うずわの青唐辛子たたきです。
伊豆に来るようになって感動した味。
IMG_1318
うずわはソウダガツオのことです。
値段も安すぎるし足が速いので東京じゃあまり目にしませんね。
IMG_1320
でも個人的にはこれが、ソウダガツオの一番美味しい食べ方にして青唐辛子の一番美味しい食べ方だと感じています。
なんでも手に入りなんでも食べれると言われる東京に住んでて、伊豆旅行に行く人に必ずおすすめしています。
IMG_1331
昨日のサンコウチョウの撮影に成功したボクはまた同じ山の中に入りサンコウチョウのちゃんとした写真を撮りたいと長時間入りました。
前日は2時間、この日は4時間。
前日は藪蚊にホラーのように刺されまくりましたが、みなさん聞いてください。
フマキラーのヤブ蚊バリア、めちゃめちゃ効きます。
この日と翌日合わせて7時間、一度も刺されませんでした。
IMG_1326
それはよかったんですが・・カメラのシャッターを切ったのは0回。
強烈に難しいです。
東京の公園は緑が多く野鳥がたくさんきます。
南伊豆にはそれ以上の緑があります。
何が違うか、人馴れです。
南伊豆は人が全く入らないので警戒心強いんです。
東京の公園で当たり前のように人間に近づくキジバトやヒヨドリ。
ここでは最高に難しい鳥です。
ましてやサンコウチョウなど週末チョッっと来るだけの人間に撮れる訳が無い。
壁にぶち当たりました。
IMG_1335_jpg
一度家に帰りランチのタコライス
IMG_1340
午後はSUP三昧で遊びました。
IMG_1351_jpg
夕飯は、ひきずり鍋
IMG_1353_jpg
名古屋の鶏すき焼きです。
IMG_1355_jpg
牛肉を鶏肉に変えるだけなので超簡単です。
ぜひ真似してみてください。
IMG_1359
ちなみに南伊豆での別荘生活。
まだエアコンつけてないんです。
日中は暑いんですが海に行けばいいし、夜は風通しがよく寒いくらい。
東京じゃエアコンなしじゃ狂うどころか死んじゃいますよね。
IMG_1361
この日は満月でした。
IMG_1370
最終日、この日は3時間山に篭りました。
ほんと誰にも会わない山です。
IMG_1368_jpg
朝食のベーコンエッグソーセージマフィンは作って持って行きました。
ちなみにCOSTAはペットボトルのコーヒーで初めて飲めると思いました。
でもやっぱ缶がいいけど。
IMG_1375 2
最後の最後にサンコウチョウのメスが現れました。
これまたピンボケで失礼しますが・・
サンコウチョウは暗い場所を好み、警戒心が強く近づかないので撮影泣かせです。
IMG_1376
そろそろ繁殖期を終え、見窄らしい姿になり9月にまた渡りに旅立ってしまいます。
南伊豆では海でも遊びたいしサンコウチョウも見たいしやりたいことだらけ。
IMG_1372
海ではもっと釣りにも季節感あるバラエティが欲しい。
夏は、もっと潜っていろんな魚が見たい。
山の野鳥は季節感そのもの。
南伊豆にはほんと世間では知られていない渡りがたくさん来ることを学んでいます。
もっとバイクで色々回ったり食材探しもしたいんですがこのご時世ですのでその辺りは後々でいいです。
IMG_1382
まだまだ南伊豆のことは一握りも知らない状態であるのは間違い無いです。
好奇心を爆発させたいところですが、ここは他でもない南伊豆。
ゆっくりゆっくりがいいんです。 

南伊豆自宅めし 豚バラとピーマンの黒酢炒め


今週も金曜日の夜出発で南伊豆へ行ってきましたよ!
IMG_1092
緊急事態宣言orまん防中は静岡県で外食はいたしませんのでね。
IMG_1098
なんとかならんのかと思いながらも今週も夕飯は足柄SAです。
IMG_1099
翌朝は5時半起きでサンコウチョウ探しです。
先週から人のいない場所での外出は解禁しています。
IMG_1151
およそ3時間チョット山にこもりサンコウチョウを探し続けたんですが・・
IMG_1152
正直・・鳴き声も何個体か確認できましたし飛んでる姿や木に留まっている姿を見ました。
サンコウチョウをこの目で見るのは初めてで大興奮です。
それはそれはバードウォッチングとしては大成功なんじゃないでしょうか。
大成功なんですけどね・・
IMG_1153
1枚も写真撮れなかったんです。
なぜか。
もう・・サンコウチョウちゃんってほんと暗い場所が好きみたいで高いとこも大好きなんですわ。
これはなかなかハードルが高い戦いが続きそうです。
IMG_1105
そしてお昼に一度家に帰ってからシーカヤックです。
IMG_1111
今回来てみたのが家の前の海岸からシーカヤックで15分くらい。
妻良湾を出てすぐ南にある京の字島。
アオリイカの渡し船で有名な場所みたいですね。
IMG_1145
島の真前にちょうど砂浜も混じった場所がありランチには最適。
IMG_1115
しばらくシュノーケリングしてきたんですが・・透明度がやばい。
IMG_1116
海に潜って魚を見れば魚が宙に浮いているように見えるほどの透明度。
なんで水中カメラを持ってこなかったのか悔やんでも悔やみ切れないほどのコンディション。
IMG_1125
有名な蛇下り。溶岩が噴火して登ってきた痕跡です。
伊豆ができたときの息吹が感じられます。
IMG_1135
妻良湾は湾内はここだけ巡るだけでも楽しい。
外海に出ればジュラシックパークの世界。
IMG_1160
夕方戻って、豚バラとピーマンの黒酢炒め
IMG_1161
〆は山菜うどんです。
IMG_1172
翌朝、日曜日も早朝からサンコウチョウ探し。
IMG_1171
この日もサンコウチョウの鳴き声が絶えず聞こえたので写真が撮れる明るい場所で3時間待ちましたよ。
IMG_1165
ぜんっぜん・・明るいとこには出てきてくれませんでしたけど!
IMG_1163
帰って三色とろたく丼
IMG_1178
帰り道、雲見で富士山が大噴火してました。
IMG_1179
飲食には入らないのでファミチキを駐車場で2段重ね。
IMG_1181
やはり夕食も足柄SA
IMG_1183
旨味の効いた油そば 900円
IMG_1184
これ・・チョット驚いたんですが!
IMG_1185
太麺なのか!!
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
プロフィール

okamoooooo

Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ