okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>

2023年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①GUUUT②和韓料理若狭③やきとり清水
2022年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①小料理鈴木②鳥さみ③一休食堂
2021年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①季節料理かたやま②とり茶太郎③忠弥
2020年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①炉ばた高塚②翠雲③黒ひげ
2019年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①サエキ飯店②鮨おさむ③欽山
2018年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南三②4000ChineseRestaurant③山西亭
2017年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南粤美食②出羽屋③芭夯兔 长顺店
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊


2024年 l 3月 l 2月 l 1月 l
2023年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2022年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2021年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2020年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 番外 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2019年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2018年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2017年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

【自宅めし】伊豆

南伊豆別荘めし うくの店みきさんの豆カレー


金曜の深夜、別荘に到着すると先週に仕込んでおいた干し筍がキレイに完成していました。
IMG_2513
そして土曜日は朝早く起きてお弁当作り。
IMG_2515
普段お弁当を作ることがないので、これが楽しくて仕方がない。
IMG_2517
やってきたのは、またまた石部の棚田。
今回は田んぼに水が入って美しくなってきてます。
IMG_2518
今週もお願いして、茅葺のお手伝いをさせてもらうことにしました。
IMG_4401
まさか今世で茅葺を手伝えるとは思ってもいなかった。
言われることをやっているだけで仕組みも何もわかっちゃいないんだけど、
この部分はここに使って曲がってる部分はこの向きで・・・
なんて話を聞くと、なるほどの連発。
IMG_2528
これから日本や世界の茅葺を見るたびにそういった目で見れるようになるし、
これを工夫して機能的にしていった時代の人たちへのリスペクトも感じられるようになってきている気がします。
IMG_2537
お弁当は、ルーロー飯やパーコー、ナムルなどを。
ご飯はお願いしました。石部の棚田米です!
IMG_2539
建設、建築現場って、怒られたりチカラ仕事だったり、ピリピリとしたイメージだったけど、
本来は、こういう長閑な雰囲気があってみんなが集まることも楽しみだったのかなあなんて想像してみたり。
IMG_4405
作業分担もそれほどなく、極力自然のものを使って、土に帰る素材ばかりで、
人の力で作っている、自分たちが作っている感覚って、
こんなに楽しいものだったんだなぁと。
IMG_2543
こういう技術どころか、こういう時間の感覚自体も知らずにこの歳になってたんだなぁとw
IMG_2551
そして作業を見にきていた方に、今からうちに来てカレー持ってかない?
とお誘いいただき、ありがたいし、これは面白い流れだとついていくと・・
IMG_2558
これ!
思い出した!
南伊豆のイタリアンレストラン「しいの木やま」さんで食べたカレーだ!
http://www.okamooo.jp/archives/10693774.html
IMG_2565_jpg 2
なんたるラッキーw この方がみきさんだったとはw
味は当然抜群。小豆が入ったライスやマンゴーの添え物・・癖になりそうです。
ボク、ブログ書いてるんですけど、これ書いてもいいですか?と聞けば、
時々見てるよとのこと・・知ってたんですね・・・
IMG_2571
おつまみは、先週、煮て冷凍しておいた牛すじこんにゃくを使って
ラヂオ焼き
IMG_2573
ご近所さんも配るとなんでラヂオ?って聞かれたのでネット検索してみると
タコ焼きの元祖でタコが入る前はすじこんだったみたいで、その当時ハイカラだったラヂオの名前を使ったんだそうです。って書いてありました。
IMG_2598
翌朝は少しだけ残った豆カレーを使ってインド風目玉焼き
IMG_2601
日曜日は来週の三連休の準備でバタバタしていたので・・
ランチはルーロー飯とルーローうどん。

南伊豆別荘めし 鯛と筍の酒蒸し


今年も筍の季節が南伊豆にもやってまいりました。
IMG_2218
去年に続き、今年もたけのこの山を管理する友人に、掘らせてもらいましたよー!
IMG_4262
毎回初心者で申し訳ないんですが、毎回教えてもらってますw
IMG_4268
こんな美味しくって食べ応えがあるものが、毎年何個もスクスクと育つ。
山の手入れは必要だと思うんだけど、畑や田んぼのように手間暇をあまりかけることなく、毎年食べ物として収穫できるって凄くないですか?
IMG_2223
これを自然の恵み、豊かさ以外の何と呼べばいいのかと。
IMG_4287
ウドやフキ、イタドリ、
これらも勝手に生えてくる。
IMG_2238
農業って、自然の恵み、雨・太陽・土壌から授かっている部分もあるけど、
でも収穫物の奴隷にならざるを得ない部分もあると思うんです。
IMG_2239
土地が誰か個人の所有物というヘンテコな考え方ができてからは少し違う部分もあるけど、
やはり筍や山菜というのは、作物の奴隷になることも少なく、収穫ができるというのが豊かに感じる。
IMG_2244
掘り立てを薪で茹でて、薪が炭になったら取り出して炙る。
IMG_2247
家で育てているという絹さやも収穫させてもらいました。
IMG_2251
家に帰るとご近所さんが・・ウォースン持ってきてくれましたw
これが美味しいと伝えたら育ててくれていたみたいで・・
涙が出そうになったと思ったら・・
IMG_2258
目の前の海で今日釣れた鯛もいただいちゃいましたw
この時期の鯛は桜鯛と言って色も味も格別。
しかも・・この大きさの鯛・・初めてさばきましたよw
IMG_2263
頭と筍は酒蒸しに。
IMG_2266
収穫させてもらったアスパラやイタドリ、ウドの葉は一緒に油で炒めてマヨネーズ和えにしました。
IMG_2268_jpg
鯛もここまで大きいと動物っぽいというかクエっぽいまったりとした脂なんですね・・
釣れたてってもっと味が薄いのかと思いきや・・旨味が強いんです。
寝かせたらどんな味になるのかと・・
IMG_2267_jpg
そして白子が最高だった。
ポン酢でいただきました。
IMG_2295_jpg
翌朝は、鯛の出汁茶漬け
IMG_2288_jpg
素人がさばいた鯛ですから・・出汁は最高峰ですw
絹さやはナムルで、フキは煮ました
IMG_2296_jpg
絶品だったのはウドのピクルス。
IMG_2311
朝食後は洗車です。
雨のキャンプ場でどろっどろだったインディ108。
IMG_2315
ピッカピカになりました。
IMG_2319
ランチは筍と絹さや、紅しょうがを使ってビーフン。
出汁はもちろん鯛出汁です。
IMG_2324_jpg
東京に帰ってから食べれるように鯛を昆布締めにして
IMG_2321
たけのこはそのままパスタにできるようにオリーブオイル漬け

IMG_2326_jpg
煮物や鍋に使えるように干し筍
IMG_2332
そして冷凍したまま炊飯器でご飯と一緒に炊けるように小分け保存。
今週末は南伊豆の食材を通じて豊かさをカラダで味わうことができました。
南伊豆の友人たちのおかげです。

南伊豆別荘めし ズガニの中華風豆腐煮込み


ハムエッグというのはハムに火を通してあるものが多いんですが、
ワタクシとしては両方食べたい。
一枚を目玉焼きの下に敷き、一枚をそのままのせる。
これが正解だと思っています。
今回はシラチャーソースでいただきました。
IMG_1358_jpg
そんな土曜日の朝食を食べていると、どこからともなく太鼓の音が聞こえてきました。
IMG_1364
海蔵寺に集まってくる人・・その中心でソロで大きな太鼓を叩いています。
IMG_1366
富松慎吾さん
美しいリズムと力強さ、そして即興では自分でもどんな曲になるのかわからないとおっしゃっていましたが、見事に南伊豆の山に咲く桜を表現
IMG_1368 2
耳で聞く曲としてだけではなく、
体にダイレクトに振動で響き、
体だけではなく内側にまでエネルギーで揺さぶられる
IMG_1369 2
終始目を閉じ、精神を高め、
太鼓というのは音楽以上の何かがあると感じました。
IMG_1370 2
気さくな方でたくさんの質問にも笑顔で答え、短い時間でしたが大ファンになってしまいました。
IMG_1378
最近週末は雨が多いのですが南伊豆ではたくさんのイベントが。
IMG_1379
いつもお世話になっているゲストハウスKODO-KODOさんでもたくさんの人が集まっていました。
IMG_1380
ランチもここでいただき・・
IMG_1381
ワークショップや出店など盛りだくさんでして・・
IMG_1389_jpg
見習い魔女という方にタロット占いをお願いして・・
IMG_1423_jpg
「寿司は奢るな」というありがたい名言をいただきました。
IMG_1427
その後は、足ツボマッサージに悶絶w
IMG_1431
立派なわらびも販売していたので購入
IMG_1446
家に戻ってアク抜きです。
IMG_1437
夕飯はご近所さんからいただいたズガニを豆腐煮込みに
IMG_1441
贅沢させてもらってすみません・・
IMG_1448
朝食はレモン塩サバ、5分だけ絞ったレモン汁につけて食べたら油もさっぱりいただけました。
IMG_1458
アクを抜いたわらびはピクルスに
IMG_1460
日曜日も雨・・
ということでスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換
IMG_1461
せっかくなので、12から14にインチアップ。
高速で風であおられることが多いので少しは解消するかも・・
IMG_1462
この後も南伊豆のいろんな方にいろんなことを教えてもらいました。
IMG_1467
ところかわればじゃないですが、ほんとに知らないことだらけなんだなぁと、
毎回思い知らされます。
IMG_1475_jpg
知ることも楽しいし、まだ知ることがたくさんあるということも楽しい。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
プロフィール

okamoooooo

Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード