okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

【東京】懐石

松見坂 なかしま


名店「東北菜館」を失った時に自分の中にぽっかり穴が開いたような気がしましたが・・その穴をガッツリ埋めてくれるような存在のお店が・・・
DSC03089
松見坂 なかしま
DSC03090
無花果白和え
しっかり冷えた器と素材、特にイチジクのふくよかさに初めから確信めいたものを感じました。
DSC03092
とうもろこし豆腐
DSC03094
味は素材の良さから組み合わせのバランス、卓越した技術から繰り出される作品ひとつひとつが完璧。
ゴルゴ13がこめかみのど真ん中を打ち抜く感覚。
サイボーグのような正確さを持ちながら華やかで人間味あふれる演出。
DSC03098
鱧のぬくぬく
DSC03099
冷やして身を引き締めずしても葛打ちして湯引きするだけで食感をじゅうぶん楽しめる。
温かい温度が優しく心地いい。
DSC03102
海老と新銀杏のしんじょ
DSC03103
お造りはかんずりで
DSC03106
新もの
DSC03113
以前は川越でうなぎ専門店をされていたご主人小林さん。
無駄のない厨房での動きに魅了されるも話せば初々しい笑顔
DSC03115
さんまの茄子大葉巻
DSC03117
さんまの肝をこし、おかゆと合わせて糊状に。
DSC03118
器と料理の組み合わせ
料理と味付けの組み合わせ
目だけでなく舌でも美しさを感じます。
DSC03119
イタリアンなどの名店あれど本格日本料理に飢えていた松見坂界隈の住民待望の店なんじゃないでしょうか。
DSC03120
食べる直前に最高の状態になるよう炊き上げる釜のごはん
DSC03121
嚙み続け飲み込むのがもったいないほど。
DSC03122
店を出て素直に一番の感想は・・
早く季節が変わってココでいろいろなものが食べてみたい。
DSC03123
余韻を楽しむように遅くまで吞み続けました。

関連ランキング:懐石・会席料理 | 神泉駅駒場東大前駅池尻大橋駅

西新宿五丁目 宍倉


東京で築地の極上素材を卓越した技術で調理し手ごろな価格で食べさせてくれる店
そんな夢のような店の名前は・・
DSC00739
宍倉(ししくら)
DSC00740
揚げました胡麻豆腐 べっ甲餡
DSC00742
新順菜 酢の物 新生姜
DSC00746
青森県産無添加雲丹めし
DSC00747
これは・・・
DSC00749
葛うち鱧と早松茸の土瓶蒸し
DSC00751-001
北海縞海老
青森県産活け〆天然平目
北海道産塩水雲丹
縞鯵
DSC00753
超高級ぶどうルビーロマンGランク
今年の初セリでは一房110万円!
DSC00770
ひとつぶ1000円でいただきました。
DSC00755
牡蠣餡かけ
DSC00758
悶絶です。
DSC00760
毛蟹
DSC00761
大きな松茸が手に入らず申し訳ないとのことでこんな大きな毛ガニをいただきました。
DSC00762
別物ですね。これ。
DSC00764
のどぐろと鮑
DSC00766
こんな台風続きで宍倉さんにして築地にはないもないと嘆いておられましたが・・
最初から最後まで気を抜かない名料理の数々。
素材のみならず手の込んだものばかりです。
DSC00768
蕎麦粉のつなぎに大量の布海苔を使って、独特のモチモチツルツルの食感で煮干しと削りの極上出汁と芥子お召し上がりいただきます。
DSC00772
渋谷で呑みなおし・・
DSC00775
こんな大盛パスタをコンビニで買ってくるこの方・・凄いっす。

関連ランキング:割烹・小料理 | 西新宿五丁目駅都庁前駅西新宿駅

西新宿五丁目 宍倉


もう、、何なんでしょうかね。
驚くような食材をふんだんに使って卓越した技術で生かしバランスよく飽きさせない。
そして7500円という安さ。
文句のつけどころがまったくもって見当たらない。
P7270011
宍倉(ししくら)
P7270018
揚げました胡麻豆腐 べっ甲餡
愛知県産 新銀杏塩煎り
北海道余市産 アン肝 山葵


これが銀杏?これが鮟肝?
こんな食材を集めてくるセンスに毎回驚かされる。
P7270021
早松茸芝海老真丈博多
千葉県鴨川産中長茄子天婦羅
鹿児島県産 キス梅紫蘇


松茸・長茄子・キス
宍倉さんの天ぷらは天ぷら専門店以上
P7270029
青森県産無添加雲丹の雲丹めし

なんなんですかこのウニ・・・大きさ・味の奥深さ・輪郭・・・
こんなすごいものを平気でキューリのキューちゃんと合わせちゃう宍倉さんが凄い。
DSC09731
熊本県産大長茄子蕎麦仕立て 新順菜 大和芋 ドラゴンフルーツ蕾空揚げ 山葵 刻み海苔 柚子

細長く切った長ナスを葛打ちしズルズルっと。
季節感うんぬんよりドラゴンフルーツのツボミを合わせるセンスとか天才なんじゃないかと。
DSC09732
酒のチョイスは入手困難なメジャーどころも、多くは知られていないが確かに旨いものもズラリ。
外したことなど一度もない。
P7270032
北海縞海老
北海道産大鰯
青森県産天然活け〆平目 雲丹のせ
青森県産 ムラサキ雲丹の毬雲丹
墨烏賊の子供 新烏賊

DSC09735
北海道吉岡産スペシャル雲丹
ヒラメで巻いて食べてくださいとのことだがどちらが巻かれているのかわかりません。
DSC09737
とろとろ溶ける大イワシ
杏仁豆腐のような食感とみずみずしい甘さのシンイカ
DSC09742
どれひとつ取っても極上
極上がこれだけ並んでも個性を発揮していて飽きない。
P7270040
南京饅頭空揚げ 穴子の柔らか煮 夏野菜餡かけ 柚子胡椒
P7270043
その場での手際の良さはもちろん目立つが煮アナゴのような仕込んだものも喉をウナラセル。
P7270045
鴨川の鮑
かまぼこより分厚く切ってるんじゃないでしょうか。
輪郭がハッキリしているも歯が入ると柔らかい弾力、甘味が口の隅々までイキわたる。
アワビの肝が苦いと思ってる方にこの肝を口いっぱいに詰め込んでヤリたいです。
P7270047
特大のどくろ西京焼き
千葉産茹で落花生
白ダツ胡麻和え

P7270048
のどぐろ・・・西京焼きですよ。
700-800gの特大のどぐろ。
当然口に入れると濃厚な脂が大洪水。
脂がノッテルって感じじゃないです。ダダモレです。
P7270050
宍倉さんの提供するボリュームもすごい。まだまだ続きます。
P7270051
三重県産特大岩牡蠣フライ
P7270052
これだけ大きな岩ガキ、さっぱりとした味付けで・・・
DSC09743
これですよコレ・・・
カキフライっていうか・・白子に近いような・・・
DSC09745
鮑の肝ごはん
P7270054
何度食ってもどれだけ食っても美味しいへぎそば
DSC09746
7500円です。ほんとに。
ガンガン酒飲んでひとり12000円
DSC09747
もうお分かりかもしれませんが・・・この人・・・天才です。
この人と同じ時代に生きていることだけで幸せです。

関連ランキング:割烹・小料理 | 西新宿五丁目駅都庁前駅西新宿駅

最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ