okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2017年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南粤美食②出羽屋③芭夯兔 长顺店
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊


2018年 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2017年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

【東京】居酒屋

中目黒 料理屋ENAKA (いなか)


中目黒とはいっても駒沢通りを少し入った場所。
THE閑静な住宅街とも言える場所に落ち着いた大人の雰囲気の料理屋さんがありました。
DSC04446
料理屋ENAKA (いなか)
DSC04447
料理はおまかせのみ。
お腹のキャパに合わせて追加で用意されています。
DSC04448
お造りは白海老、子持ち蝦蛄、水ダコ、平貝、雲丹、鮪。
DSC04451
今回ご接待いただき自腹を切ってないのと値段がわからないので評価はしませんが・・
丁寧な仕事と美しい出汁でいただける本格派です。
それでいて地元住民だけのような隠れ家で静かな空間。
DSC04452
サラダ。
いちぢくの使い方など勉強になるなぁ。
DSC04453
太刀魚は指5本近いんじゃないでしょうか。
フワッフワできめ細かい。
DSC04455
お肉もあります。
外はガリっと焼いて中はレアの極上。
DSC04457
最近ちょっとした料理屋で禁煙の店が増えています。
タバコが吸えるのもうれしいサービス。
また行くきっかけにボトルを少しだけ残しておきました。

料理屋ENAKA割烹・小料理 / 中目黒駅祐天寺駅代官山駅
夜総合点-

中野坂上 らすとらあだ 3回目


中野坂上の住宅街は普通の一軒家
今回で3回目になります。
DSC02605
らすとらあだ
DSC02671
3回目にして初の二階席
DSC02607
ビールは今回志賀高原ビール
DSC02610
魅力的な前菜から始まります。
DSC02611
ケールのカボス味噌和え
DSC02612
枝豆
DSC02613
愛知県産とうもろこしゴールドラッシュのすり流し
DSC02616
里芋と鯵の西京味噌和え
DSC02623
愛知県産トマトの煮こごり風
DSC02627
鯵の茶碗蒸し
DSC02631
蕎麦がき本日は群馬県赤城の蕎麦
DSC02635
強い粘り気はない。ゆるく蕎麦の風味がより引き立つ。
DSC02637
青森県産ゴボウ鶏団子
DSC02642
美味しい出汁は強さを感じない。
かと言って上品すぎない。
この具合がもう・・・
DSC02646
岩中豚の野菜炒め
DSC02647
お蕎麦
最初は北海道摩周
DSC02652
風味を損ねないように冷やしすぎないんだが・・
個人的には細いのはもう少し強く冷やして欲しいかも・・
DSC02657
次は群馬県赤城
DSC02663
最後の牛しゃぶ赤玉ねぎの冷やしぶっかけは・・
福井と山形ブレンドの切り幅違い
DSC02668
これから死ぬまで酒の〆はこれだけがいい。
DSC02669
何度来ても美しい食事です。
DSC02670
20歳の頃にフェリーニの道を一度だけ見て最悪な後味だったことを覚えてます。
同じ名前にして最高の後味。
DSC02672
二階席は一階に比べてはるかに広く居心地も最高。
DSC02678
駅前の店で二次会
DSC02680
らすとらあだと昨日の南三は完全に別ジャンルですが・・共通点が多く感じます。
あえものの組合せ、飛び道具的な素材の使い方
DSC02681
ジャンルは違えど料理人の考え方が似ているのかもしれません。

ら すとらあだそば(蕎麦) / 中野坂上駅中野新橋駅西新宿五丁目駅
夜総合点★★★★ 4.0

浜町 大衆料理 川治 2回目


2016年1月に予約していただき
2017年3月に初めての入店
2018年6月の今回は2回目で
2019年12月が次回の予約となりました。
これでなんと全てが最短の日程。
DSC02783
大衆料理 川治
DSC02789
極小ではなく20名ほど入れる店内。
それでいてこれだけ予約が取れない居酒屋というのを他に知らない。
DSC02792
2種類のお通しの次はカツオの刺身。
全てがおまかせ。いいテンポで出してもらえます。
DSC02797
こちらの料理の特徴はどれも奇を衒ったものがないこと。
斬新なアレンジ無くして他の店とは確実に違う味、そして確実にうまい味。
だから凄い。
LRG_DSC02795
鮎の開き
川魚は好きですから鮎も大好きです。
だから方々で食べてます。でも違う。明らかに美味い。
DSC02798
鱧の紅梅あげ
DSC02800
味がいいだけではない。
出て来る順番にストーリーがある。
タイミングがいい。
これだけ食べてお腹いっぱいだろうがまだ欲しがる自分がいる。
DSC02802
煮穴子
味付けも田舎っぽくない。
洗練された東京の味。
DSC02806
ハマグリ酒蒸し
LRG_DSC02810
そして何と言っても素材がいい。
なかなかお目にかかれないクオリティのものを惜しみなく出す。
一見庶民的な店だし値段も庶民的。
でもよくよく見ると凄いものばかり。
DSC02813
鯵のなめろう
DSC02815
鯵のクオリティにも驚いたがまさか酢が合うとは。
DSC02817
焼きがき
DSC02819
焼いてあるのはビラビラ部分だけ。
生牡蠣に香ばしさがプラスされただけ。だからいい。だからナイス。
DSC02821
お造りは・・
アイナメの雲丹のせ・イサキ・黒ムツ・平目昆布〆・マグロ・〆鯖
そして・・
DSC02828
甘鯛。
ただひたすら極上。今の時期に考えうる最高のメンバー。
DSC02836
鯨。
全員が声を上げるほど美味い。
店主は驚くほど若いんだが・・何者なんだ・・・
LRG_DSC02834
毛蟹。
身がぎっしり。
これを作って自分が食べれないなんて地獄なんじゃないか。
作らず食べてる俺は当然天国。
DSC02839
本日全部美味かったがこれはヤバかった。
信じられないかもしれないが・・これが銀ダラの煮付け。
人生最高の銀ダラの煮付けは当然としてこれに近いものを食べたことがない。
もし死んだら棺桶にこれを入れて欲しい。
DSC02843
お酒のチョイスもいい。
七田・綿屋・水鳥記・作・開運
全部いただいた。
DSC02842
いやらしい話だが計算してみよう。
4人で24200円だから一人6050円。
これには生ビール4、そして日本酒7000円が含まれている。
生ビールを500円として2000円。
お酒を除くと15200円だからひとり料理は3800円。
DSC02844
味噌汁とお新香はタダとして全部で13品。
3800円を13品で割ると1品の値段がでます。
DSC02852
1品・・なんと292.3円!
お造りも全部で1品と計算してですよ!
DSC02858
タバコ吸えて呑み慣れた客層に混じり最高の酒とつまみをリーズナブルに。
DSC02863
何もかもを持ち合わせているこちらの店。
DSC02864
当然笑顔で溢れかえっていました。

大衆料理 川治魚介・海鮮料理 / 浜町駅人形町駅東日本橋駅
夜総合点★★★★ 4.6

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
プロフィール

okamoooooo

Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ