okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2017年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南粤美食②出羽屋③芭夯兔 长顺店
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊


2018年 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2017年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

【東京】居酒屋

浜町 大衆料理 川治 2回目


2016年1月に予約していただき
2017年3月に初めての入店
2018年6月の今回は2回目で
2019年12月が次回の予約となりました。
これでなんと全てが最短の日程。
DSC02783
大衆料理 川治
DSC02789
極小ではなく20名ほど入れる店内。
それでいてこれだけ予約が取れない居酒屋というのを他に知らない。
DSC02792
2種類のお通しの次はカツオの刺身。
全てがおまかせ。いいテンポで出してもらえます。
DSC02797
こちらの料理の特徴はどれも奇を衒ったものがないこと。
斬新なアレンジ無くして他の店とは確実に違う味、そして確実にうまい味。
だから凄い。
LRG_DSC02795
鮎の開き
川魚は好きですから鮎も大好きです。
だから方々で食べてます。でも違う。明らかに美味い。
DSC02798
鱧の紅梅あげ
DSC02800
味がいいだけではない。
出て来る順番にストーリーがある。
タイミングがいい。
これだけ食べてお腹いっぱいだろうがまだ欲しがる自分がいる。
DSC02802
煮穴子
味付けも田舎っぽくない。
洗練された東京の味。
DSC02806
ハマグリ酒蒸し
LRG_DSC02810
そして何と言っても素材がいい。
なかなかお目にかかれないクオリティのものを惜しみなく出す。
一見庶民的な店だし値段も庶民的。
でもよくよく見ると凄いものばかり。
DSC02813
鯵のなめろう
DSC02815
鯵のクオリティにも驚いたがまさか酢が合うとは。
DSC02817
焼きがき
DSC02819
焼いてあるのはビラビラ部分だけ。
生牡蠣に香ばしさがプラスされただけ。だからいい。だからナイス。
DSC02821
お造りは・・
アイナメの雲丹のせ・イサキ・黒ムツ・平目昆布〆・マグロ・〆鯖
そして・・
DSC02828
甘鯛。
ただひたすら極上。今の時期に考えうる最高のメンバー。
DSC02836
鯨。
全員が声を上げるほど美味い。
店主は驚くほど若いんだが・・何者なんだ・・・
LRG_DSC02834
毛蟹。
身がぎっしり。
これを作って自分が食べれないなんて地獄なんじゃないか。
作らず食べてる俺は当然天国。
DSC02839
本日全部美味かったがこれはヤバかった。
信じられないかもしれないが・・これが銀ダラの煮付け。
人生最高の銀ダラの煮付けは当然としてこれに近いものを食べたことがない。
もし死んだら棺桶にこれを入れて欲しい。
DSC02843
お酒のチョイスもいい。
七田・綿屋・水鳥記・作・開運
全部いただいた。
DSC02842
いやらしい話だが計算してみよう。
4人で24200円だから一人6050円。
これには生ビール4、そして日本酒7000円が含まれている。
生ビールを500円として2000円。
お酒を除くと15200円だからひとり料理は3800円。
DSC02844
味噌汁とお新香はタダとして全部で13品。
3800円を13品で割ると1品の値段がでます。
DSC02852
1品・・なんと292.3円!
お造りも全部で1品と計算してですよ!
DSC02858
タバコ吸えて呑み慣れた客層に混じり最高の酒とつまみをリーズナブルに。
DSC02863
何もかもを持ち合わせているこちらの店。
DSC02864
当然笑顔で溢れかえっていました。

大衆料理 川治魚介・海鮮料理 / 浜町駅人形町駅東日本橋駅
夜総合点★★★★ 4.6

飯田橋 樽八


四川フェスの会議が終了して駅まで歩く間に焼き鳥屋を探し入ってみました。
DSC07773
樽八
DSC07777
もちろん四川フェスの実行委員のメンバーを道連れにしました。
DSC07774
なんだかこういう店にくると居酒屋が古き良き時代だったのを思い出します。
仕事が終わった後の聖域でしたね。
DSC07775
美味しいものを食べて客もお店の方もみんなが笑顔。
DSC07776
それが今や、隣の席からはタバコが臭いと言われ声が大きいと言われ、女の子に可愛いねといえばセクハラだとか気持ちが悪いと言われ・・
いつからこんな窮屈になったんでしょうかね。
DSC07778
これが居酒屋ですよ。
大声とタバコを迷惑がったり女の子に気持ち悪がられて帰るのなんか居酒屋じゃないよ!
DSC07780
ってな愚痴を言えるのも居酒屋でした。
DSC07781
今日は自分の居場所がありぐっすり眠れそうです。

樽八焼き鳥 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

中野坂上 らすとらあだ


中野坂上の住宅街。
雨戸の閉ざされた一軒のなんでもない家。
DSC07679
らすとらあだ
DSC07681
目印は該当に描かれたテントウムシ。
店名の由来はききませんでしたがフェリーニの道の原題と同じ。
調べて見るとイタリア語でやはり 道 という意味でした。
DSC07682
日本酒が美味しいと聞いていたんですが、まずはビール。
6種類から選んでくださいと・・出てきたのが島根県は石見麦酒。
DSC07686
チョイスしたのが浜田市のナマケモノ珈琲をブレンドしたビール。
香り・キレが突出していますが味もある。
これでいて料理に合いそうな味です。
DSC07689
まずは佐賀県産大豆を使った自家製豆腐。
なめらかさではなく旨味で勝負する素朴な味。
DSC07691
茶碗蒸しには桜海老。
入っている量の多さもあるけど生感・風味で楽しめる。
DSC07693
ココから日本酒。
DSC07697
こちらで使っているお出汁。
厚削りのものを多用してます。
日本酒に合わせるためでしょうか、花カツオの繊細さより濃厚な味わい。
DSC07698
普通の家、普通な感じのご主人。
しかし繰る出される料理の数々は非凡だ。
DSC07700
ちぢみほうれん草
柔らかく深い甘味に厚削り出汁。
ここにフルーティな三十六万石の鍋島。
こうなるとハレとケが逆転。ご馳走です。
DSC07701
自家製カラスミは島根県の天穏をひたしてからの・・
DSC07702
蕎麦掻といただきます。
群馬県赤城の蕎麦。
DSC07705
日本酒は料理に合わせてオマカセしました。
DSC07706
料理に合っているだけでなくメリハリの強いチョイスで楽しめます。
DSC07709
岩中豚の厚削り出汁
DSC07711
予約は一ヶ月待ちでしょうか。
これだけ日本酒を呑んで全部でひとり1万円程度。
DSC07713
最後はお蕎麦三種類
DSC07714
量をあらかじめお腹に合わせて聞いていただけます。
これは大盛。
DSC07717
ノド越しは追いません。
粗く甘味旨味風味。
DSC07720
ご主人の美味しいと思うスタイルの追求を更に客が追う。
DSC07725
感じたコンセプトは・・
・メリハリ
・日本酒にあわせて美味しい力強さ
・手間を惜しまない
DSC07733
最後はブラマンジェ。
料理だけでなく器やお人柄も楽しませていただきました。
DSC07735
そしてこの界隈には良さげな呑み屋の多いこと。
DSC07736
いろいろ注文してみましたが・・
DSC07739
どれも美味しい、そして相席になった方との交流も。
DSC07740
中野坂上・・攻め応えがありそうです。
DSC07743
〆はココイチ。
DSC07749
グランドマザーカレースプーン・・・
DSC07750
今回はハズレ。

ら すとらあだそば(蕎麦) / 中野坂上駅中野新橋駅西新宿五丁目駅
夜総合点★★★★ 4.0

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
プロフィール

okamoooooo

Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ