okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2019年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①サエキ飯店②鮨おさむ③欽山
2018年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南三②4000ChineseRestaurant③山西亭
2017年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南粤美食②出羽屋③芭夯兔 长顺店
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

l
2019年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2018年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2017年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

【東京】フレンチ・ビストロ

下北沢 ユリイカ(EUREKA)


本日はゆっくりランチがいただけるので下北沢に行ってきました。
DSC00128
ユリイカ(EUREKA)
DSC00133
何店かお目当てがあったんですが・・結構まだお休みだったりするトコも多いんですね。
DSC00130
ラーメン屋さんが休んでるのに一番休みそうなビストロがやっていたり・・
なかなか読めない。
DSC00134
Aセット カボチャのスープ+選べるメイン+ドリンク 1200円
DSC00137
ローストポーク
DSC00143
絶妙に火の入った豚肉にほどよいマスタードソース。
お酒飲みたくなるんですが・・ランチでこれが食べれるのもうれしい。
DSC00148
牛スネ肉とシャンピニオンのカレーライス
DSC00149
コチラもオリジナルですが丁寧で誰もが美味しい仕上がり。
DSC00156
偉そうなコーヒーにサンドイッチを食べるとすぐに1200円超えてしまう昨今・・
ドリンクやプースーがついて1200円というのはお得に感じます。
下北沢は日曜日のランチメニューがあっていいですね。
 

ユリイカビストロ / 下北沢駅新代田駅東北沢駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

池ノ上 トネリコ(tonerico)


偉大、威厳、高潔。
壮大な花言葉を持つトネリコですが、素朴な雰囲気のお店でした。
DSC07416
トネリコ(tonerico)
DSC07419
お昼時とあってお店は超満席。
カウンターの片隅に座れましたが、続々とくるお客さんは店内を見て諦める人も。
DSC07418
ローカルな雰囲気を持つ池ノ上にこんな店があったとは!
DSC07424
ドリンクはエスプレッソトニック。
ダーサラにはトリュフオイルです。
DSC07427
柔らかい味の白菜のポタージュ。
この季節こういう味がありがたい。
DSC07428
これ全部いただけるのかと小躍りしてしまいましたが・・
ランチはこの中の茶碗1杯だけ。
DSC07430
季節の炊き込みごはんSET 1360円(税別)
塩漬け胡椒のアクセントが美味しい。
千枚漬けと柿のマリネ。
鶏肉の低温調理は中華風の味付け?
DSC07433
メインディッシュSET  1680円(税別)
DSC07437
ブラックアンガス牛サガリ肉のエスカロップ〜ソースボルドレーズ〜
しっかり煮込まれた赤ワインにエスカロップとは思えない厚切りにく。
DSC07438
これだけの客数を一人で作るシェフ。
時間はかかっていましたが丁寧な仕上がりでした。 

トネリコバル・バール / 池ノ上駅下北沢駅東北沢駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

神泉 ソン デコネ (SANS DECONNER)


無理にへりくだった「ビストロ」という言い回し。
もちろんフランスには行ったことがないんだが・・
もしかしたら「ビストロ」とはこんな場所なのかもしれない。
そう思わせられた店でした。
DSC07376
ソン デコネ (SANS DECONNER)
DSC07378
松濤公園のまん前とはいえ、大きな看板があるわけでもなくわかりづらいと言えばわかりづらい。
実際、自分自身なんども通ってはいるが気にならなかった。
最近の東京で混みあっている店と言うのはこんな感じ。
場所でさえわかりづらい。
DSC07380
味に関してもわかりづらい。
味付けどころか素材すらわからない場面も。
いつも田舎のお袋を基準にしているんだが・・新しい食べ物に好奇心がある人にはわかる。
そんな料理が続く。
だからダレでもカレデモ一緒に楽しめる店じゃない。
DSC07383
実際、東京は好みが細かく再分化されていて地方のような幅広い世代やファミリーで楽しむスタイルの店が少ない。
東京が求めているのは個性がより際立った店。
DSC07387
そしてこいうった店の特徴として店側が楽しんでること。
色々ご苦労はあるにせよ微塵にも労働という言葉が見えてこない。
味ひとつひとつを神経質に見るのではなく雰囲気、時間を楽しめるスタイルだ。
DSC07389
最初にわかりづらいと書いたが、それは同時にさりげないとも言える。
店の外観も味も雰囲気も。
DSC07391
季節の食材やエスニックな味付け、気遣い。
さりげなくが、わかりづらいが、わかって来るのが今の東京の客層なんだろうなぁと思いました。
DSC07392
近所とはいえ、あまり来ないタイプの店なのでいろいろ考えさせられちゃったりして。
DSC07395
若い世代が大型の店を好んで出さなくなってきているのは努力したいわけでなく夢中になりたいから。
DSC07398
「夢中」は「努力」をいとも簡単に抜きさってしまうんだなぁ。

ソン デコネフレンチ / 神泉駅駒場東大前駅渋谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
プロフィール

okamoooooo

Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ