okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

【横浜】全部

横浜中華街 福満園 別館


横浜中華街に中華鍋と中華調味料を買い出しに行きました。
DSC01489
福満園 別館
DSC01490
ランチは湖南料理が食べたいので初めてのお店ですが入ってみました。
DSC01495
土曜日とあってか家族連れやアベックで歩くのが大変なくらい。
DSC01496
喫煙できるのが嬉しいですね。
隣の家族連れのお母さんにあからさまにパタパタやられましたが!
DSC01497
帆立貝の葱生姜和え 通常価格500円→100円(税別)
DSC01499
こういう温かい前菜ってのが嬉しいですよ。
中華は包丁の入れ方も楽しみの一つ。
DSC01501
焼き餃子 通常価格600円→100円(税別)
DSC01503
モッチモチの皮は真ん中で一度噛んで飲み込む。
つるんとした喉ごしがいいんです。
DSC01508
白身魚と漬け唐辛子の湖南風蒸し 1900円(税別)
DSC01504
もう・・・明らかにみんなでシェアする量です。
これだけをご飯で食うとかありえないです。
DSC01506
骨やウロコを取りながら食べるのはめんどくさいですが・・
味はいいです。
DSC01509
唐辛子の酸味が効いていてこれだけの量でも最後まで飽きない。
最後タレにご飯を入れて二度美味しかったです。
DSC01515
ここから少し歩き・・喫煙所を探しているうちに横浜までついてしまいました。
横浜駅でも喫煙所を探し歩き武蔵小杉で一度下車して喫煙所を探し歩き、自由が丘でようやくゆっくり喫煙。
DSC01519
なんか一日中喫煙所を探していた気がします。
おかげさまでいい運動になりました。 

関連ランキング:四川料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

つきみ野 横浜うかい亭 (ヨコハマウカイテイ)


最近料理を食べてる間、パシャパシャパシャパシャと写真を撮ってる人っていますよね。
DSC00152
横浜うかい亭 (ヨコハマウカイテイ)
DSC00154
そんな人を見るとちょっと恥ずかしいなぁなんて思うんですが・・
DSC00156
まぁ僕クラスになるとこんな店じゃあ珍しくもないんで。
写真少なめだし、雰囲気伝わるかどうかわかりませんが・・
適当にさらっといきますね。
DSC00160
白松茸とTボーンステーキ 15120円 + サービス料10%
DSC00162
こらからいただくTボーンステーキですね。
ヒレ部分の熟成具合がすごいんですが・・
DSC00166
まずはダーサラから。
DSC00170
一つ一つの調味料を入れては均等にまぜまぜ。
DSC00173
家でこんな風に作ってる人がちょっとした病気なんじゃないかと思いますが・・
DSC00177
笑顔をリクエスト
DSC00178
ローストビーフのサラダ
DSC00180
酸味の強いイチジクとモモ肉のローストビーフの相性抜群。
葉っぱの一枚一枚までが高級品に早変わりです。
DSC00181
そしてカナダ産白松茸様
DSC00183
写真少なめでさらっと流しますね。
DSC00184
頭の部分だけ軽くナイフを入れ均等に手で裂いた瞬間香りが充満。
DSC00185
150度の高温で均等に火を入れます。
DSC00187
上部からもオイルをかけては焼き
DSC00189
卑猥な表現になり恐縮ですが、キノコの頭も勃てて満遍なく。
DSC00191
もうここまでくると料理というより作品ですね。
DSC00194
焼き松茸
DSC00196
一言で表現すればジューシーそのもの。
溢れる汁とスダチの皮を混入させた塩のスープ。
DSC00197
オープンザ・・・・ふた(ノ`Д´)ノ
DSC00199
ズワイガニのビスク
DSC00201
ビスクと聞いてビスケットに生クリームを挟んだものを想像する人が大多数かと思いますが・・
それはビスコ。
滑らかにして濃厚、ズワイガニのエキスってこんなにあるんだと驚くほど。
DSC00203
そして艶かしい色彩の塊が近づいてきました。
DSC00204
これが!これがTボーンステーキ!
なんたる熟成度合い!
DSC00207
派手なアクションなど一切ありません。
女性を扱うように丁寧にゆっくりと。
DSC00212
焼くことを楽しむように少しづつ攻め込みます。
DSC00215
まずはヒレ部分からカット。
DSC00217
焼き方はおすすめだというミディアムで。
DSC00220
熟成された深い味わいのヒレを外は香ばしく焼き芯の部分はレア。
時は来ました。
DSC00223
出汁はおかしいくらい強め、酸味はおかしいくらい弱めのポン酢をくぐらせれば・・
ヒレ肉が強烈に舌で、味を解き放ちます。
牛肉の強い味わい。
DSC00224
サーロインも中田の押し出し、バースのタイムリーでじゅうぶんなのに・・・
DSC00230
レアードの満塁ホームランといった感じでしょうか。
DSC00235
ここで谷元
DSC00237
肉を乗せて汁を吸いまくったパンにもやし乗せ系で・・
DSC00241
挟んじゃったよオイ!
DSC00244
勝利確定です。
DSC00249
〆はまずガーリックライス
DSC00258
シンプルなだけにこれも動きが細かい。
一粒一粒のコメに、一粒一粒の刻みニンニクを絡め焦がした醤油に触れるか触れないかの距離で回す。
DSC00262
もう・・昼食ったのはなんだったのかと!
DSC00266
そして更に刻んだ白松茸様が・・・
DSC00268
リゾットに絡められ系で・・・
DSC00273
1080円プラスの松茸のリゾット
DSC00277
このリゾットに悶絶。
これほどまでに複雑で深みあるブイヨンが存在したとは!
DSC00280
口の中だけではなく耳の穴にも入れたいとさえ思いました。
DSC00281
くる前は記念日用の雰囲気重視の店だと思っていた部分がありました。
DSC00285
しかしシェフは一人一人個性を発揮しつつも誰もが気の利いたジョークやお客さんとの話を大切にしつつも・・味が良かった。
DSC00286
無駄のないスマートで料理を楽しませるシャープな動きから繰り出される料理の数々は、老若男女に好かれるスタンダードな部分を残しつつも斬新な組み合わせ、そして手間暇かかる仕事が生かされた充実した料理でした。
DSC00287
バブル期から安定した人気を保つ店の理由がしっかりと良く分かりました。

関連ランキング:鉄板焼き | つきみ野駅中央林間駅

青葉台 KEN (ケン)


今週の土曜日、午前中で仕事を終わらせキャンプ場に向かいました。
東名の事故渋滞を避け横浜町田ICで乗る前に飯です。
KEN (ケン)
image1
正直少し焦りましたが新しいSDカードの初期不良のためデータがないんです。
通常のグルメブロガーならぶっちゃけブログにならなかったと思いますね。
しかしながらワタクシ、スーパーグルメブロガーでして・・
こんなこともあろうかとアップル社製のアイフォーンでも写真を抑えてあります。
我ながら、ペラッペラなグルメブロガーとワタクシの違いの大きさを実感しております。
image2
お好み焼きやさんがランチタイムだけカレー屋さんをやってるみたいで地元の常連さんでマンインコです。
image3
カツカレー 700円(中辛と大辛の間) + ライス大盛り 100円
家庭的な味のカレーライスを極めたような感じです。
ココナッツと唐辛子の辛さが逆に新鮮です。
常連さんでないお客さんにも優しく雰囲気もいい。
なんの変哲もないカレーとも思える味ですが丁寧に手間暇かけた感があって僕は好みのお店です。

関連ランキング:欧風カレー | 青葉台駅藤が丘駅

最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ