okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

【東京】bacar

北参道 sincere (シンシア)


なんども通ったbacarでしたから新しい店になっても石井くんが美味しいものを出していることや以前以上の満足度のものを提供しているだろうことを想像するのは容易いことです。
DSC00157
開店同時からこれだけ予約の取れない店になっているんですからなおさらです。
sincere (シンシア)
DSC00011
興味があってこの店に来たのは美味しいかどうかなんてことじゃありません。
DSC00014
北参道という静かな住宅地の一角の地下。
雰囲気のいい庭が開放感を演出。
DSC00018
店の半分近いんじゃないでしょうか。
大きなキッチンには若い男性のみ6人。
DSC00019
席数からしたら多いんじゃないかと聞けば
少し太った石井くんは、いや普通じゃないですか?
DSC00025
どちらかというとラーメン店に近いようなカウンター中心だったbacar
少数精鋭を絵に書いたかのようなbacar
DSC00028
石井くんの目指すところは以前のものを引き継いだものと全く違いものが混在していました。
DSC00031
ジェットコースターのように客を驚かせ続ける選出は金山イズム。
形は違えどあちらこちらでお客さんの歓声をあげさせる。
DSC00033
素材が変わっていく様をしつこいくらいに見せつけ美味しいものをより美味しく食べさせる 流れ がスマートだ。
DSC00035
大きくなったはずの店の広さだけどキッチンとお客さんとの距離は驚くほど近く感じる。
DSC00036
スタッフさんや石井くんみんなが縦横無尽に店内を動き回りキッチンとの境目は見えなくなる。
実際、キッチンの中を歩いてしまうお客さんもチラホラいたほど。
DSC00037
今回、コースとそれにあったワイン、サービス料などイッサイガッサイで2万円ちょっと。
DSC00041
どうしてもbacarと比べてしまうが値段は変わらないかな。
今回は魚介が多くなった印象。
DSC00046
何よりスタッフが楽しそうに動いている印象ですが、中でも石井くんが一番楽しそう。
DSC00047
自分の居場所をこの若さにして掴み、活用しきっている印象。
DSC00051
確かbacarに最初に入った時、ブログに彼らの将来が末恐ろしいと書いた覚えがある。
DSC00058
イチローに例えるとbacarでの出会いはメジャー直前の2000年か2001年
そして今はジョージシスラーを掘り起こした2004年といったところか。
DSC00062
料理に関しては詳しくは書きません。
と言うか書けません。
DSC00065
どんな言葉で書いても陳腐な表現にしかならないことがわかっているからです。
DSC00072
石井イズムは確実に進化していました。
DSC00074
潔く切り捨てるものははっきりと切り捨て大きなステージを手にしています。
DSC00075
しかしながら凄いと思ったのはbacar時代のものを自信を持ってそのまま出しているところ。
DSC00083
どうしても印象に強いものは引きづる感じがして捨てたいもの。
でも堂々と受け継いでいるのは逆にかっこいい。
DSC00086
蟹味噌のバーニャカウダ。
さぷら伊豆BBQに無償で大量に提供してくれたことが嘘のよう。
DSC00088
今じゃ床に頭こすっても無理でしょうな。
DSC00092
シンシアは嘘偽りのない、誠実なと言った意味。
DSC00094
戦国武将のように真っ向勝負、ごまかさず走り抜ける石井くんらしい名前だと思いました。
DSC00097
今までのツートップ。二人三脚から総大将として店を引っ張ることになりました。
DSC00098
しかし迷いや不安などは微塵にも見られません。
DSC00102
目の奥からは自信と希望がだだ漏れ。
DSC00104
5年後。この店はどんな店になているんでしょうか。
DSC00105
どんな料理をどんな形で提供してるんでしょうか。
DSC00106
想像するだけでニヤニヤしてしまします。
DSC00108
DSC00111
DSC00114
DSC00115
DSC00117
DSC00120
DSC00124
DSC00125
DSC00127
DSC00129
DSC00131
DSC00135
DSC00142
DSC00146
DSC00148
DSC00151
DSC00154
石井くんに最後に一言。
DSC00159
酔っ払ってジャケット忘れたから取りにいくね!

関連ランキング:フレンチ | 北参道駅原宿駅千駄ケ谷駅

神泉 マティーニハウス (MARTINI HOUSE)


以前、バカールという伝説的な店があった場所・・・
DSC02023
通りかかると新しいお店が出来ていました。
マティーニハウス (MARTINI HOUSE)
DSC02025
バカールの雰囲気そのままに、新たなシェフとカトラリーに包まれたカジュアルフレンチ
DSC02027
しっかりしたメニューはあるもののバカールと比べれば、のんびりオツマミをいただきながら呑む感じ。
宣伝していないそうで・・・実際お店はガラッガラ。
DSC02029
美味しいパンは健在です。
アショヤードを塗り塗りして旨い。
DSC02033
発酵バターを使ったピーナッツ
DSC02034
以前よりバー感覚でも使える店です。
DSC02036
白から。ワインのチョイスもバカール時代から完璧。
DSC02037
オツマミを1300円で作ってくれました。
燻製の鯖・帆立
豚の喉肉のパテ
DSC02040
ブールラディッシュ
変わった味です。フランスのもろきゅう。
DSC02041
海老のクナーファは濃い海老の味のソースが旨味強い!

DSC02042
平目の昆布締めはカルパッチョで
DSC02043
金山節も絶好調、他にお客さんいないから余計に絶好調☆
こんなガラッガラのバカールって見たことないですからね。
DSC02047
而今で合わせたのがカスベとカサゴ
DSC02051
そしてメインで選んだのが鴨のコンフィ
DSC02055
バカールでは開店当初から有名になり続け、お客さんの要望に応えいそがしくなり続け自分のヤリたいことが出し切れなかったという金山君。
DSC02058
今後ゆっくりと楽しみながらこの新たな道を進み始めました。
DSC02059
25歳の若いシェフとこの場所で彼の個性を生かしてまだまだ成長する金山君。
これからはもっとラフにそして楽しく楽しませていただきたいと思います。
ガラガラです。今のところ。
 
マティーニハウス
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ワインバー | 神泉駅駒場東大前駅渋谷駅

神泉 レストラン バカール


ネパールのブログもかかずにbacarに来ました☆
DSC09458
ちょっと久々です☆
DSC09374
ハジメテこの店に来てから何度も若い二人が末恐ろしいと書いてきましたが・・・
その通りになっております。
DSC09375
更に成長しまくっているから驚きです。
DSC09378
今回もスペシャルコースを用意してくれていました☆
DSC09380
「白桃」の冷製カプチーノ 生ハムのアクセント
DSC09381
ブータンノワールとヘーゼルナッツのプリン
DSC09383
徳島産「鮎」のパート包み 頭・身・わたそれおれの調理法で
DSC09385
ホッキ貝のマリネ 山葵クリーム
DSC09387
冷製「秋刀魚」の瞬間燻製
DSC09388
ウェハース~フォワグラとチョコレート~
DSC09393
ポルチーニと栗のパン
DSC09396
ポルチーニ・・・巨大です。
DSC09401
今日のバーニャカウダは少なめですが・・内容が濃い!
DSC09406
オクラの花、生マッシュルーム、マイクロトマト
DSC09408
~植木鉢~日本各地から取り寄せた有機野菜と能登産ズワイ蟹とカニ味噌の「フレンチ」バーニャカウダ
DSC09410
金山君のシャベリに磨きがかかってカマっぽくなってるような・・・
DSC09411
リエット
DSC09413
冷製コンソメゼリーとカリフラワーのカクテル仕立て
DSC09418
塩水ウニ・地蛤・ブリュターニュ産オマール海老
DSC09422
まとめて口に入れてもひとつひとつの旨味がハッキリしている。
DSC09425
のどぐろも。
DSC09427
近い・・・
DSC09429
ランド産フォアグラのポアレとフレッシュ・ポルチーニ
オニオンキャラメルタルトのガトー仕立て
DSC09432
巨大ポルチーニ
DSC09435
ランド産フォアグラ
DSC09438
熊本産「馬肉」のロースト
DSC09439
bacarでは珍しいシンプルな料理、赤身でもジューシー
DSC09440
そしてどのワインも極上
DSC09445
欧風きキノコご飯
DSC09452
放つ香りの良さ
DSC09447
トリッパをフランス風にトリップ、これもストウヴご飯で
DSC09453
甘いもの
DSC09454
DSC09457
5年以上前に近所だからという理由で入った一軒の小さなカジュアルフレンチ
DSC09459
今や有名店になってしまってなかなか予約がとれませんが・・
何度食べても奥歯が楽しくなるような新鮮さがありこの店のピークはいつなのかと考えるだけで楽しくなってきます。

関連ランキング:フレンチ | 神泉駅駒場東大前駅渋谷駅

最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ