okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>

2023年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①GUUUT②和韓料理若狭③やきとり清水
2022年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①小料理鈴木②鳥さみ③一休食堂
2021年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①季節料理かたやま②とり茶太郎③忠弥
2020年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①炉ばた高塚②翠雲③黒ひげ
2019年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①サエキ飯店②鮨おさむ③欽山
2018年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南三②4000ChineseRestaurant③山西亭
2017年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南粤美食②出羽屋③芭夯兔 长顺店
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊


2024年 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2023年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2022年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2021年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2020年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 番外 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2019年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2018年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2017年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

☆伊豆ランチ

南伊豆町 肉厨房 hah (ハチ)


日曜日の朝は友人を連れてサンコウチョウを探しに行きました。
IMG_4683
自分の写真より、誰かに見てもらいたいと思いながらの探鳥というのは生れてはじめてです。
鳴き声をたどり近くを飛んだり木にとまっている姿を見てもらえました。
IMG_4687
肉厨房 hah (ハチ)
IMG_4688
飲食店が少なかった南伊豆町で、今、少しづつお店が増え続けています。
IMG_4689
イワタニのマルチスモークレス・・家で使ってみたいなぁ・・
IMG_4694
焼肉屋のビーフカレー 1100円
IMG_4698
焼肉がのっているんですが、煮込まれたお肉の方が特徴的。
これは好み分かれますね。
牛脂がたくさんソースに溶け込んでいるので、コクがでてボクは好きなんですが、脂っこいものが苦手な人もいると思います。
IMG_4691
焼肉屋のハンバーグ 1300円
IMG_4693
全部盛り付けやつくりは丁寧なお店だと思いました。
IMG_4700
ここからは伊豆高原の周辺で伊豆のアーティストの方との交流や作品鑑賞を楽しみました。
IMG_4703
伊豆で毎週末を過ごすようになって18年目に入りました。
東京でもたくさんの出会いがあるんですが、大きく違うのはアーティストの方と出会う機会が非常に多い。
IMG_4706
芸術のジャンルに疎いワタクシなので、「この作品、この発想、この完成度が凄いなぁ」と思える感性が少ないんだけど・・
伊豆ではこの連続。
IMG_4702
個人的にアート作品というのは、全く何もないところから、何からも影響を受けず、生みだされたものではなく・・
自然など普遍的なものからインスピレーションを受けたり、題材を使って、オリジナル作品へと姿を変えることだと思っています。
IMG_4715
伊豆の自然の中に身を置くと、このような感性が育まれるのか・・
アーティストが伊豆の自然の中に身を置きたくなるのか・・
わかりませんが、素晴らしいアーティストや作品や自然が、伊豆にあふれているように見えるのは事実です。
IMG_4717
自分に全くこういった感性がないにもかかわらず、たくさんの方とお話しする機会に恵まれ、
率直な質問にも優しく教えてくださる方々。
この出会いには感謝以上のものがあり豊かに過ごせる最大要因になっています。
IMG_4710
宣伝になりますが、ボクが大好きな画家くぼやまさとる先生。
自然に包まれる環境に常に身を置いてファンタジーな世界を描き続けています。
IMG_4711
人気作家のため、一度に様々な絵が見れる機会というのは少ないのですが・・
このコミック形式の本が新発売され、本人も力作という絵がたくさん入っています。
物語として読むも良し、ひとうひとつの絵を感じるも良し。
もしご興味があれば・・とAmazonのリンクを貼らせていただきます。



肉厨房 hah焼肉 / 南伊豆町その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.3

松崎町 蔵ら


GW留守にしたので少し久々の南伊豆です。
今週末はとにかく暖かく風もなく過ごしやすかった気がします。
IMG_4296 2
何も買ってこなかったので朝食はおむすびに。
佐久のお蕎麦屋さんで買った青唐辛子入りナス味噌
IMG_4306 2
そしてオビタダシイ数のロードキルをやってのけましたので、
車のフロントには柄かと思うくらい虫がビッシリ。
IMG_4309 2
ようやくキレイになったのでお出かけ。
IMG_4314 2
雲見海岸の牛着岩からは富士。
松崎に到着すると・・はやめのランチをすることに。
IMG_4316 2
蔵ら
IMG_4321 2
手作りのものがたくさん飾ってあるお店です。
クリエイティブなものというのは見ていて楽しい。
ここでしか見られないであろうものほど楽しい。
IMG_4318 2
基本的には飲食営業をしていないみたいですが、少しならできますよと・・
IMG_4325 2
蔵らのいなり寿司 350円
IMG_4326 2
お茶からお味噌汁からおしぼりなど、350円でこのおもてなし。
気さくに声をかけてくださるお姉さま方、
松崎町って伊豆の中でも少し変わっていて都会的というか洗練された雰囲気を感じる。
IMG_4327 2
スパイスカレー 1000円
IMG_4328 2
辛さをほとんど感じないのにスパイスでホットになる。
盛り付けも味も、田舎っぽさを微塵にも感じません。
だけど何かほっとする。
IMG_4330 2
そしてお目当ての場所は長八美術館のスグ隣り
IMG_4332 2
伊豆を拠点とする木工作家の方々のよる「四人展」
IMG_4334 2
伊豆の観光の何が凄いの?と聞かれることも多いんですが、
伊豆の風土を感じながらクリエイトされる作品がわかりやすく「いい」と思います。
IMG_4335_jpg 2
都会にはない自然が生み出す生命が、感性を持つアーティストを呼び寄せる。
そしてアーティスト同士が共鳴して作品、創作に打ち込める場所と時間があるんだと思います。
IMG_4336 2
南伊豆の子浦でも、「三人展」が開催されていました。
同じものを見ているはずなのにこんな表現方法もあるんだと初めて知ることばかり。
IMG_4337 2
これからのシーズン、伊豆に観光に来る機会も増えてくると思います。
伊豆には地元のアーティストの発表の場がたくさんあり、
作り手の方とお話できる機会もたくさんあります。
旅行プランに加えたり、雨で海水浴や釣りができなかったときに行ってみることをオススメしたいです。

蔵ら創作料理 / 松崎町その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.4

伊豆の国市大仁 ノストラーノ (Nostrano)


キャンプ場を後にし、大仁で遅めのランチを食べることにしました。
IMG_1937
ノストラーノ (Nostrano)
IMG_1939
以前は、レモントリー http://www.okamooo.jp/archives/8554170.html
その後は、タケルクインディチ http://www.okamooo.jp/archives/9726767.html
だった場所です。
IMG_1947
ランチは2500円で、パスタ3種類かピザ3種類の中から一つ選ぶようです。
IMG_1949
スープはイタリアのオニグラスープ、カラバッチャです。
味は深みがあり、食感はバゲットのねっとり感だけでなくバラエティがあるもの。
IMG_1954
白子にツブ貝、ブルスケッタにいちごと、一つ一つが美味しいものです。
IMG_1960
2人でピザとパスタを注文したからかパスタは半分に取り分けてくれました。
内浦産鯖、松の実、レーズン、フェンネルのシチリア風ソース、ブカティーニ
地元の食材の使い方が無理やりでなく自然なのが好印象。
ブカティーニはしっかりコシもあるけど軽やか。
IMG_1965
北海道産小柱、駿河湾産シラス、ラディッキオタルティーボゴルゴンゾーラ
IMG_1966
小柱が旨味の強いチーズに感じる使い方。
焦がしたチコリがアクセントになってます。
IMG_1970
アーモンドのセミフレッド
伊豆旅行に来ると海鮮丼などわかりやすいものを食べがちですが、こんな上手くイタリアンとして地元の素材を取り入れた料理もたまにはいかがでしょうか。


ノストラーノイタリアン / 大仁駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
プロフィール

okamoooooo

Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード