okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

【登山】全部

仙丈ヶ岳


深夜1時過ぎ。
仙流荘駐車場にて車内泊。
P8220019
翌日は北沢峠までバスで50分。
DSC09922
天気予報が悪いため5転6転して決まった仙丈ヶ岳への登山。
DSC09953
まずは歩きやすい樹林帯。
そこを抜ければ涼しい川沿いを歩くなんとも快適登山。
DSC09981
百名山にして花の百名山。
写真が多くなってしまうのであまり載せませんが・・花の種類、量ともにすごいです。
DSC09989
その代わり・・この虫の量もすごい。
かなり体にまとわりついてきます。
IMG_6879
今回は初めてドローンも持参。
C7A1AAC9-E65D-4E6C-9C7E-26F222C998F5
馬の背ヒュッテでちょっと休憩。
このほか宿泊の仙丈小屋・こもれび山荘にも立ち寄りましたがどの山小屋も親切。
P8220029
さらなる樹林帯を抜ければ・・
DSC00002
稜線へ!
DSC00020
仙丈小屋に到着です。
DSC00026
30分ほどで山頂なんですが・・
何しろ真っ白にガスってまして・・
呑んじゃうことに!
IMG_6887
と!思ったら少し切りが抜けたんです!
IMG_6888
さすがに飲酒で登れませんのでドローン遊びを!
P8220073
寝室は雑魚寝ですがさすが平日!
布団は一人一個使えました!
P8220076
この小屋のいいところは食事時間。
いつも朝晩ともに5時と言われてましたが30分前には食べることができました。
DSC00030
しかもライスおかわりフリーダム。
DSC00032
このあと明日の天気予報など嬉しい情報もみんなに告知してくれたりして・・
DSC00033
爆睡です。
何時間ネタかわからないほど!
DSC00034
朝食もご来光組にも合わせて時間を長くとってくれる親切さ。
DSC00036
ご来光こそガスって見えなかったものの・・
DSC00045
霧が赤く染まって幻想的でした。
DSC00053
そして視界にないまま5時半前に出発!
DSC00056
雨混じりの霧。
DSC00059
チングルマもかわいそうなんですが。。
DSC00071
いつか視界が出現することを期待しつつ諦めつつ登ります。
そして・・
P8230085

仙丈ヶ岳
3033m!
のテッペン!
とったったガネー!!
なんも見えせんけど!


DSC00076
そしてここから嵐のような暴風雨が・・
DSC00078
雨具着るのが遅れてパンツもグチョグチョに・・
P8230103
ツルッツルの岩も水浸しで怖い・・
と・・
その時!!!!!!!
DSC00105
は・・・・晴れた!!
DSC00115
信じられん・・・
あれほどの天気が一瞬にして・・・
IMG_6902
山のすごさと恐ろしさを数分で味わうとは・・・
DSC00120
富士山も雲の中から顔を出してくれました
DSC00122
甲斐駒も!!
P8230117
一気にテンション上がりまくりで!
P8230126
小仙丈ヶ岳(2864m)も!
DSC00131
そしてのんびり下山しました。
P8230138
仙丈ヶ岳のいろんな姿を見ることができて充実した山登りでした!

仙丈小屋旅館 / 伊那市その他)
夜総合点★★★☆☆ 3.5

蔵王山


火曜日。
全国的に天気は望めない予報でしたが・・
山形ぐらいまでこれば悪くはない・・ということで!
蔵王にやってまいりました!
P6270003
霧で真っ白な蔵王ハイラインでしたが・・抜ければこんな天気の
蔵王山頂レストハウス
DSC00081
まずはこちらで腹ごしらえ・・と!思いきや!
DSC00085
時間が早すぎて玉こんだけ。
でも美味しかったです。
P6270004
しっかし駐車場から目の前にこの景色。
もう山なんか登らなくてもいいですね。
P6270014
と・・目の前に神社があったので来てみれば・・
P6270018
凄い!
ここが山頂!?
苅田岳の山頂です!
P6270032
エメラルドグリーンのお釜
P6270036
噴火口の縁を歩けば蔵王山最高峰、熊野岳も目の前に!!
P6270041
イワカガミちゃんがいっぱい咲いておりました。
P6270043
振り返ればレストハウスと借りただけ山頂にある神社。
P6270052
起伏もなくのんびりした散歩感覚。
P6270048
鳥や花や空を見ながらゆっくりと歩けば・・
P6270066
熊野岳山頂!
1841m!
日本百名山・・圧倒的に楽チン登山じゃないでしょうか!!
P6270079
山頂で空を見上げれば太陽の周りに虹!!
P6270059
ハロ現象です!
なんたる・・なんたるラッキー・・
P6270089
最後にはミヤマオダマキちゃんも顔を出してくれました。
最高の山でした。 

関連ランキング:郷土料理(その他) | 蔵王町その他

入笠山 マナスル山荘


今週は、入笠山にハイキングに行きました。
P3070015
まだまだ山登りをたくさんしたわけではありませんが・・
自分の好きな山は、山頂近くで長く滞在できることなんだと思って来ました。
P3070019
日帰りできる山でも1泊して夕日や朝日、星空などその山の魅力をたくさん知りたい。
そう思って来ました。
P3070021
入笠山はゴンドラの駅から山荘まで30分。
山荘から山頂まで往復しても1時間のお手軽ハイキング。
DSC08915
何度か山頂に行って景色を眺めたいと思いきや・・
この天気!
さらに吹雪いて来ちゃってこの日は山頂までは断念。
DSC08939
やめたと決まったら暇なんで・・シリセードで遊びまくりです。
DSC08946
そして吹雪くマナスル山荘に到着
P3070025
本日のお宿です。
DSC08949
もう・・これ以上快適な山荘はないんじゃないでしょうか・・
つか・・もう・・山荘というよりは旅館に近いかも!!
P3070028
往復30分ほどの八ヶ岳を望むビュースポットまで歩きました。
八ヶ岳を一望するすごい場所なんですが・・この雲のたまりよう・・
星空・・大丈夫かなぁ・・
P3070031
またシリセードで山荘まで戻ります。
P3070014
戻ると玄関口に用意されていた・・のが・・
4時間酒飲み放題!!!
すごい!すごすぎる!
DSC08958
生ビールもOK
P3070032
持参したつまみでワインから焼酎からウイスキーから・・
DSC08964
片っ端からやっつけます。
DSC08973
日が暮れると、そのまま夕食に突入系!
DSC08974
牡蠣のオリーブ漬けなど手の込んだ自家製料理の始まりです。
DSC08975
鶏肉も美味かったけどポテサラや・・この地場野菜のレタスが激ウマ!
DSC08977
麻婆豆腐も豆腐と肉の量が同じ!
DSC08979
豚汁も最高でした。
DSC08980
なんでも揃う売店に・・
携帯の充電器やらヘッデンが無料貸し出しでカイロも無料。
DSC08985
もう・・楽園ですわ!
DSC09002
制限時間まで呑み続け・・
DSC09001
一度就寝。
DSC09009
そして午前2時起床。
夕食前に行ったビューポイントへ!
P3080057
八ヶ岳の前には大きな夜景
P3080060
そして上空には星空。何個も流れ星を見ました。
P3080061
しかし・・雲の流れが早く写真撮影は苦戦しました。
DSC09014
そして1時間ほど山荘に戻り・・
DSC09020
ご来光を求めて山頂に出発!
P3080062
アイゼンやスノーシューよりチェーンスパイクが軽くて便利でした。
山荘が無料で貸してくれた!
DSC09022
そしてラストスパートを決めると!
P3080067


入笠山(1955m)のてっぺん!

とったったがやー(ノ`Д´)ノ



P3080068
100名山のうち35がここから見えるそうですが・・
雲でなんも見えません!
しかし!
P3080053
逆に薄い雲が反射してご来光はこんな神々しい美しさに!
P3080088
日の当たる薄い雲が全部染まり柔らかいあかりに包まれました。
DSC09031
そして下山!
DSC09036
吹雪いて知らなかったけどマナスル山荘の隣にすごい建物発見です。
DSC09037
そして山荘に到着。
DSC09040
前日マイナス9度だった気温もこの日はマイナス15度までに。
風があったのと前日とのギャップで寒く感じました。
DSC09043
到着するなり用意してくれた朝食・・・
DSC09044
もう・・うまいなんて言葉じゃ片付けられません!
DSC09045
あったいプースーが身にしみました。
P3080078
ご主人や従業員さんたちの温かい人柄、心遣い。
普段、山小屋はその近くの山に登るために宿泊する施設だという感覚ですが・・
この山荘だけは、この山荘を目当てに何度でも来たいと思いました。
P3080082
そして帰り道は快晴。
P3080097
のんびりと時間を楽しめた山でした。
DSC09047
下山後近くの、ふれあい温泉へ。
歩く時間が少ないのに高度感も感じられ景色も望む入笠山。
それ以上にマナスル山荘の魅力もありファミリーなど山登りを始めたい方にかなりおすすめです。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 富士見町その他

最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ