okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

【伊豆】松崎町

伊豆岩地 民宿 かいとく丸 (かいとくまる)


10年前から来てみたかった民宿があります。
P3140007
その宿は、非常に予約が困難で何度か電話をしてみたものの念願はかないませんでした。
それもそのはず、日本三大民宿・料理民宿御三家として名高い民宿。
その名も・・
P3140012
民宿 かいとく丸 
P3140013
しかしながら賛否両論。
大げさに言えば評価は真っ二つ。
酷評されていることも少ないのも事実です。
P3140014
その謎を解き明かすべく私はやってまいりました。
P3140017
しかし不安材料もあります。
10年前は8000円・10000円・13000円(税別)だった価格が電話で聞けば・・
13000円・15000円・18000円(税別)
P3140018
色々なブログを読み漁っても料理の内容はさほど変わっていないよう。
10年前から変わらぬ料理、それでいて1.5倍の値上げ。
正直厳しい戦いになるのではないのか、そう思っていました。
P3140029
酷評されているのは料理以外のものの方が多いです。
夕食が17時半、朝食が8時と決められていること。
でも若い従業員がいるわけではありません、おかみさんが一人でやっています。
料理もお一人で作られているようです。
意外や広い民宿で客室数も多いんですが3組が限度。
不思議なことではありません。
P3140034
寝具の上げ下げはセルフ。
急須やポットは朝セルフで返す。
もちろん全部やってくれる民宿もありますが不思議に思うのが理解できません。
お風呂が14時から20時までと短い。こんな情報もありました。
確かに20時は・・と思いましたが実際は翌朝8時まで大丈夫でした。
これは勘違いしたのか途中で変わったのか私にはわかりません。
今回15000円(税別)をお願いしました。
これが高いと思うのか安いと思うのか・・
P3140041
全ては料理にかかっていると思っていいかと思います。
DSC07078
客室は広いんですがごくごく普通です。
しかし食事処や共有スペースはかなりセンスいいです。
DSC07079
まずはサザエとチーズ
チーズは自家製、胡椒とオリーブオイルでいただきます。
豆腐のような素朴さを持ちつつハイセンス。この宿そのものです。
DSC07083
熱々のサザエは肉厚。
ガーリックバターです。
DSC07081
そして読者の皆さん!
おそらく海洋堂のフィギュアでしか見たことがないかと思いますが・・
実はコレ!モノホンの伊勢海老様です!
DSC07084
まぁ僕クラスになると何度か食べているんですが・・
今まで食った伊勢海老はなんだったのかと!!
DSC07087
トランポリンの様に強く跳ね返す弾力。
脳天までほとばしる甘み。
奥歯の奥の歯茎が早くこちらによこせと脳に指令を送りますが、そうはいきません。
前歯で一度噛み、中ほどで少しすりつぶし旨味を舌の上に少しづつ配達。
何が違うのかわかりません。
でも今まで食っていた伊勢海老は伊勢海老の殻に違うエビを乗せられていたんじゃないかと思うほど。
DSC07089
ヒラメです。僕たちの業界ではラメヒーと呼んでいます。
よく平目は美味いものとそうでないものの差が激しいと言いますが・・
極上です。
DSC07095
その極上のラメヒーには生七味。
これは凄い。生に生。超ナマ派です。
DSC07098
アメリケーヌソースト言われ、やはり結婚式で出てくる様な昔のフレンチを想像していました。
が・・
DSC07101
結婚式でこの伊勢海老が出て、このソースなら新婦奪ってその場で結婚式あげてもいいくらい。
DSC07105
パンも極上でした。
DSC07111
卵豆腐です。と・・出て来たのが・・具のない茶碗蒸し。
お出汁が上品で焼いた柚子の香りがこの一つだけで最後まで心地いい。
DSC07119
私がいつも食べているののおすそ分けと言って出してもらえたのが・・
このこです。大好物です。
いつも笑顔で明るいおかみさんです。
DSC07120
そして真鯛の塩焼き
DSC07121
こちらも驚くかもしれませんが・・海洋堂ではありません。
DSC07123
無駄な水分だけを落とし無駄な脂も落とし、香ばしさと旨味を最大限に引き出す焼き方・・
ぜんっぜん違います。
DSC07132
今後、今までの自分を改めて真鯛に生まれ変わることがあったら・・
確実に、かいとく丸さんを逆指名させていただきます。
DSC07137
料理に季節感はかなり好きないと思います。
地元の食材にこだわりまくってる感じでもないです。
ブログなどを見る限り内容が変化することもあまりない様です。
DSC07138
しかし、絞られた素材を使って極められた料理の数々。
毎日同じ料理を作っているからこそできるものだと・・
これはこれで一つの完成系だと思いました。
DSC07142
部屋のデザイン、器に至るまで良いものをよく知っているからこそできる特別な民宿です。
DSC07143
そして朝食。
DSC07144
夜も朝も完璧なご飯。
食い過ぎます・・
DSC07147
夜もそうですが、わかりやすい良さは少ないです。
子供にはわかってほしくもない大人の良さ。
DSC07149
これはなくてもよかったと思う料理など一つもありませんでした。
DSC07150
民宿ですが一流を見た気がします。
P3150044
チェックアウト後、この季節香り高く本当に美味しいひじきを求めて岩地を散策。
P3150048
岩地のひじきは磯の香りが強くも上品で肉厚。
しかし・・去年今年と不作で、皆さん売らずに家でいただくとのことでした。
DSC07155
天気が良かったので雲見・・
DSC07159
石部を周り
DSC07161
下田から東伊豆へ
DSC07162
かいとく丸・・
若い頃来ていたら・・と思うと今来て良かった気がします。
少人数で静かにゆっくりと味わう民宿です。 

関連ランキング:旅館 | 松崎町その他

松崎 きくや食堂


キャンプ場を後にして伊豆をぐるっとドライブに向かいました。
DSC04764
松崎の裏道にあった店
きくや食堂
DSC04775
ずいぶんと・・リーズナブルなような・・・
DSC04776
と・・周りを見渡せば!
DSC04778
学生に囲まれてます!
しかし金にものを言わせ高額メニューを連続注文します。
ガキンチョじゃありませんから!
DSC04781
カツカレー焼きそば 900円
DSC04784
キャンディー付いてます。
分厚いトンカツのしたのはキャベツ焼きそば
DSC04787
こんな涙がでそうなくらい懐かしい味って・・もう絶滅してたかと思いました。
このジャンルとしてはほんと美味しいと思います。
DSC04780
ほんとに名刺渡してる!!!
DSC04788
餃子 300円
DSC04791
たっぷりの油で焼いてるのか揚げ餃子のようです。
軽やかで旨い!
DSC04792
チャーシュー定食 900円
DSC04794
柔らかいチャーシューがどっさりキャベツの上にのってます。
DSC04796
おばあちゃんの家で出るような味噌汁の懐かしい味。
そして全部キャベツ三昧。
学生の健康のことも考えてくれてるんですね。
DSC04798
松崎の超ディープゾーンでした。
きくや食堂
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:中華料理 | 松崎町その他

松崎 味正 (あじまさ)


シュノーケリングを楽しんだ後、お腹ペコペコで・・はじめての店に入ってみました。
DSC01840
味正 (あじまさ)
DSC01845
なにやら魅力的なメニューを壁に発見しましたよ!
DSC01849
金目鯛のひきずり寿し 1382円
DSC01850
なんと!この!金目鯛ちゃんを!
DSC01857
シャブシャブしてお寿司にしちゃうんです☆
煮付けに使うようなほんのり甘いタレが美味しかった~☆
DSC01864
日替りづけ丼 1490円
クオリティ高い!づけ丼も立派なご馳走ですね~
DSC01865
てまり寿し 1058円
カワイイ・・金目もありまっせ~
DSC01866
とろかつ 1706円
DSC01867
ミナミマグロをサクっと歯ごたえある衣で!
牛かつと同じ感じで揚げてます。
DSC01870
地魚丼 1814円
手長海老に金目に鯵、イカ・・・
たくさんの地魚の下には細かく刻んだ干瓢と青海苔も。
地魚丼とはいえ繊細に仕上げています。
DSC01873
さち 2030円
少々高目ではあるものの、その価値はじゅうぶんあります。
せっかくの旅行、少し高めに払っても本当に美味しいものが食べたいと思う方にかなりオススメの店でした。
DSC01874
そしてせっかく松崎によったのでアサイミートさんの名物「川のりコロッケ」の揚げたてをいただき・・・
DSC01877
帰り黄金崎の馬ロックを見て帰りました。
DSC01880
人生二度目シュノーケリングの俺ガレS山さんに運転をお願いしてたのでぶっ疲れてました。

味正

昼総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:寿司 | 松崎町その他

最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ