okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2018年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南三②4000ChineseRestaurant③山西亭
2017年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南粤美食②出羽屋③芭夯兔 长顺店
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊


2019年 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2018年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2017年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

【伊豆】南伊豆町

南伊豆 しいの木やま


伊豆最南端、南伊豆町にあるコテージに宿泊できるレストラン。
目の前にあるキャンプ場に来たのは http://www.okamooo.jp/archives/4847144.html
もう9年前。
PB190022
しいの木やま
PB190025
コテージは2棟。
チェックインするなりこの日の入り方。
PB190027
広々した1棟を貸し切りでゴロゴロしていると・・
PB190050
信じられないほど美しい夕日。
夕日が好きで美しい姿を写真に撮したい気持ちは誰よりも強いんですが・・
PB190103
毎度のことながらこれだけは写真では伝わらない。
大きな窓から見える色が変わり続ける光景。
伊豆に来て12年。
何度きて何度見ても感動する。
PB190107
夕食はレストランで。
築19年とは思えない美しさ。
地元の木をふんだんに使っているからか合板と違ってカビも生えないそうです。
PB190118
自家製ベーコンときのこのキッシュ
南伊豆産カワハギのカルパッチョ
伊豆鹿の紅茶煮いちじくのコンポート添え
PB190123
伊勢海老のトマトクリームソースは生タリオリーニで
PB190132
伊勢海老で作ったのに伊勢海老より伊勢海老。
伊勢海老の一番美味しい場所だけを抽出して作った料理ではない。
伊勢海老の色んな味を含めてトータルで伊勢海老というのはこんな味でこんな美味しい、そんな印象を持ちました。
PB190125
気仙沼唐桑産牡蠣のペペロンチーニ
ほとんど地元の食材を使った料理なんですが、シェフは全国の美味しい物をご存知で・・
美味しいものを出そうとした結果が地元産が増えたといった印象。
地元産だから無理やり使っている感は皆無。
PB190139
自家製パンは別料金で一つ80-90円
PB190141
南伊豆産焼きさつまいものポタージュ
ここら辺りで思ったことがあります。
こういう味、こういう料理が作りたくて素材を細工して美味しくして作った料理という印象が薄い。
素材の元々の良さを伝えたくて味わってもらいたくて作っている料理なんだなぁと。
これって・・
南伊豆の人がらそのものなんじゃないかと思いました。
東京に住んでいると効率の良さや生産性の良さを勉強したり教わって自分を変えていって生きている気がするんです。
南伊豆の人って自分の好きなことや得意なことを早い時期からわかっていて、その良さをどうやって生かして生きていくべきかを実践している人が多いと思うんです。
PB190144
南伊豆水揚げタカベのグリル
結果別々のことをやり続けることに他人はとやかく言わない土壌があるんです。
野菜も貝も魚もキノコもオリーブオイルでグリルして調和した味ができているんです。
PB190146
南伊豆産白米&松崎産黒香米
PB190148
全ての味が合わさったオイルに入れた米は格別でした。
それぞれ別の個性が合わさらないとできない味。
PB190149
オレンジヨーグルトシャーベット
PB190152
伊豆牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
DSC07292
東京から一番遠い伊豆、こんな山奥で・・
伊豆本来の良さが浮き彫りになっている場所が。
PB190156
効率を求めてプランテーションのように生きることが悪いことではない。
でも、こんな遠い場所から自分が生活している場所を客観視すると色んなものが見えてきた気がしました。
PB190160
この日は貸し切り。
念願のオーナーご夫婦を独占して遅くまでお話しさせていただくことができました。
コテージに帰る途中、空を見上げれば大きなシューティングスターが何個も。
PB200168
朝食は部屋まで持ってきていただけました。
大きな窓から海を眺めました。
この先ニューギニア島までつづく海。
PB200169
焼き立ての自家製パンが極上。
PB200174
来年20周年を迎えるオーナーご夫婦。
ご興味ある方は・・こちらがオススメかも。http://minamiizu.news/0063.html/
PB200182
名残惜しい南伊豆から北上します。
PB200205
コバルトブルーや深い赤色。
PB200200
伊豆には色んな美しい色があるから好きなんだなぁと思いました。

小さな宿&レストラン しいの木やまパスタ / 南伊豆町その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.8

コスタリカ写真展 in 南伊豆コドコド


コスタリカスライドショー!
今年も南伊豆のこのゲストハウスに帰ってきました!
IMG_5559
コドコド
IMG_5264
今回特別に用意させてもらったコスタリカのソウルフード!
ガジョピント!
食べ慣れない食文化ですが意外や皆さんに大好評!
PB050019
スライドショーまでにプチ写真展も開催
PB050038
なんかもう・・・南伊豆にこれだけ人が集まっている場所ってだけですごいです。
PB050043
何人か数えてないんですが・・
ほんと多くの人に集まっていただき・・アザーっす!
PB050048
南伊豆の近辺の方の独特な個性の強さと・・ゆるい感じが心地よく・・
僕が一番楽しんじゃったかも!
PB050049
マダガスカルの写真と合わせ写真の即売会も大盛況。
PB050054
ちびっ子たちもたくさん集まり幅広い年代で一緒の時間が共有できたというのが心底嬉しい。
PB050058
ちびっこも様々で写真が変わるたびに大きな声で反応してくれる子もいれば大人しい子も。
74285208_1176640895877236_1411241522350784512_n
でも大人しい子もこんなノートを書いててくれたことを知って・・もう・・
おじさん・・こういうの弱いのよ・・
PB050056
一般人の小汚いおっさんがこんなにサインを求められるってことあります?
PB050062
今回も終始笑顔笑顔が溢れかえっていたこの時間、この空気。
DSC00068
前年同様、生涯忘れられない経験になっております。
http://kodokodo.jp 

南伊豆 古民家cafeごはん 天ぽうや


何度も書きますが、伊豆旅行で圧倒的におすすめなランチです。
DSC09977
古民家cafeごはん 天ぽうや
DSC09978
・その土地のものを美味しく食べたい。
・安く美味しいものを食べたい。
・その土地ならではのロケーションで食べたい。
・その土地ならではの建物の中で味わいたい。
そのすべてを満たしている店でしかランチしたくないという・・ふざけた貴方!
あります。
ここにあるんです。
DSC09979
上天ぷらコース 2500円(税別)
その一部始終をご覧ください。
DSC09997
大きな水槽で生き生きしているハゼをすくいます。
DSC00015
信じられない大きさです・・・
このハゼ・・近くの青野川で釣ったものばかり。
DSC00019
目の前で〆ていただき・・コースが始まります。
DSC00021
天使の海老の頭
DSC00024
むかご・銀杏と地元の季節の味が続きます。
DSC00025
ご飯とお味噌汁はお代わりフリーダム。
千葉の専属契約農家に作ってもらっているという天ぷらに合う米。
極上です。
DSC00030
ここから天使の海老へ。
自家製の青唐辛子味噌は寝かした熟女の味わいとフレッシュなJKの味わい食べ比べ。
DSC00031
ハゼの骨煎餅
DSC00035
超巨大ハゼ
この厚み!フワッフワさ!
DSC00037
ハゼがここまで上品でご馳走になる魚だとは!
DSC00041
インカのめざめの新品種!彦星
濃厚かつ皮の厚みにも旨味が!
DSC00042
この値段のコースでこのグレードの箸休め。
山葵の名産地ならでは。
DSC00043
味付けたまごは・・
DSC00044
オンザライス&青唐辛子味噌
DSC00047
この貴婦人のような美しさ
なんとアオリイカです。
特大サイズのみ
DSC00050
もう一つはイカの皮を塩漬けにし乾燥させたパウダーをかけて
素材の良さだけでなくこの手間が面白い
DSC00052
もう一つの天使のエビは衣を変えて
DSC00054
こちらも地元の名産、獄厚原木椎茸。
しいたけがご馳走です。
DSC00056
こちら変わり種。
中身の正体は・・・
DSC00057
フリーズドライのイチジク。
若き店主の探究心恐るべしです。
DSC00059
デザートは田園風景を望む縁側で・・
シルクスイートとベニハルカ
DSC00061
この店でランチを食べるためだけに南伊豆旅行を計画する価値があります。
予約方法はHPをよく読んでから予約してください。 https://www.tenpouya.com
極上の南伊豆旅行になります。 

関連ランキング:天ぷら | 南伊豆町その他

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
プロフィール

okamoooooo

Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ