okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


さぷら伊豆キャンプ場のまとめ http://www.okamooo.jp/archives/8613010.html

iphoneアプリ「さぷら伊豆グルメ」 https://itunes.apple.com/jp/app/id736546434?mt=8

パプアニューギニア旅行記「ぱぷわ伊豆!」 
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/


「かめら伊豆!」 http://cameraizu.blogspot.com/

「さぷら商店!」 http://okamooo.doorblog.jp/

「さぷら印度!」 http://ameblo.jp/okamooo3

 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊

2017年 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

さぷら伊豆ミシュラン2011

さぷら伊豆地区別ミシュラン2011

さぷら伊豆お土産ミシュラン2009
さぷら伊豆抜け道ルートミシュラン2009
伊豆自宅めしランキング

【伊豆】南伊豆町

河津 天城ホースビレッジ → 南伊豆 コドコド


この日8月29日。
さぷら伊豆はブログ開設してから9年が経ちました。
DSC00344
10年前に伊豆に毎週行くようになり、6年前にキャンプ場も始めました。
キャンプ場は毎回セーブしておいて次が始まるドラクエ型の遊びですがその頃までは宇佐美の別荘を拠点にテトリスのような遊び方をしていました。
毎回が新しい挑戦。
DSC00363
その頃を思い出し今週はあの頃のように伊豆中を周り新しい挑戦をしてみることにました。
DSC00373
まずは人生初の乗馬。
DSC00379
ちょっと自由な考えは持つけどしっかりいうことは聞いてくれるゲイン君。
コース半分くらいは走れるようにしてくれました。
DSC00413
乗馬はほんと楽しくハマる意味が45歳にして初めてわかりました。
DSC00423
そして南伊豆のゲストハウス コドコドさんに今回も宿泊。
DSC00435
南伊豆の空気の匂いが感じられる大好きなゲストハウスです。
DSC00440
新サンマをまだ食べてなかったので今回は肝をドライトマトとオリーブオイルであわせイタリアン風に。
DSC00441
ホンビノス貝は地元の海苔とドライトマトでワイン蒸しに。
DSC00443
コドコドさんも地元で釣った魚を唐揚げにしてくれたり
DSC00444
この日も遅くまでガンガン飲みました。
スローで自由でアクティブにさせてくれる南国の雰囲気がこもってる宿、そして南伊豆。
DSC00445
空芯菜も美味しかった。
DSC00446
そして冷製ナポリタン!
これ!わさびソースで!
DSC00453
自家製鯖のアンチョビも!
なんとも贅沢な夜でした。
DSC00450
爆睡し・・
DSC00457
朝の7時半には朝食を用意してくれました。
DSC00459
地元の野菜盛りだくさん!
DSC00458
さあ!これから南伊豆の海を満喫しに出発です!

南伊豆 古民家cafeごはん 天ぽうや


風邪で宇佐美の別荘療養中ではございますが・・
PA150010
ちょっと近所までランチだけ食べに外出しました。
PA150012
古民家cafeごはん 天ぽうや
PA150015
南伊豆の名店びゃくが閉店し・・天ぷらを担当していた方が近所に独立したとのこと。
PA150017
最近、古民家をリノベーションしてお店や別荘にと利用するのが流行っておりますが・・
そんなレベルじゃございません。
全てがモノホン!
南伊豆まで旅行に来てこの空間に滞在できることだけでも価値がある。
DSC03796
もちろん天ぷら担当の方ですから天ぷら中心のメニュー
DSC03798
穴子ご飯もありましたが・・やはり今回は初めてなので・・
DSC03801
上天ぷらごはん 1880円 + 桜エビかき揚げに変更 450円
DSC03803
お酒を呑むのに一つ一つ丁寧に天ぷらを上げていただける店は数あれど・・
カウンターで定食を食べてもこのスタイル。
これを望んでいました。
DSC03806
若いご主人は、独学で天ぷらを覚えたそうですが・・都内有数の天ぷらを舌で覚えたとあって本格派。
DSC03807
揚げたての一番いい状態で口に運べるように奥様とのコンビネーションでタイミングを調節。
広い店内ですがテーブル席のお客さんまで完璧な動線。
DSC03810
天使の海老一本目。
二本の同じ海老ですが同時に出さないところがニクい!
DSC03812
この青ナスのみずみずしいこと。
天ぷらが蒸し料理だということを舌が脳に教えてくれます。
DSC03815
カマスでさえフワッフワという表現よりホックホク。
パウダー状の岩塩が馴染みます。妻良産です。
DSC03819
先週散々食べたマコモダケも私のものとは別物。
この厚さにして歯ごたえを奥歯でも感じたくなるほど。
DSC03820
半熟玉子は・・・
DSC03822
七味が合うとは初めて知りました。
DSC03824
国産真穴子
DSC03825
天使の海老二本め!
DSC03828
飛騨のブランドすくなのかぼちゃ
これも先週僕が調理したものとは別物。
生まれてこの店に嫁いで幸せです、このかぼちゃ。
DSC03832
しいたけもまだ時期が早いとご主人は言いますが、、これでも東京の人は驚愕の味です。
DSC03835
桜エビのかき揚げは、天使の海老の頭の味噌と混ぜた塩で。
伊豆に観光に行くときにランチの店を聞かれることが多いんですが・・
この値段の驚くほどの安さ、地元の野菜や魚をふんだんに取り入れたメニュー、旅を感じる広々とした本物の古民家、若いご夫婦の人柄・・・
全てにおいてオススメしない理由が見当たらない店だと思いました。 

関連ランキング:カフェ | 南伊豆町その他

南伊豆町 ヤーコン食堂


カノー伝説を満喫し通り道で気になる名前の食堂を見つけたので入ってみました。
DSC09656
ヤーコン食堂DSC09657
聞けば5/1にオープンしたばかりとのこと。
明るく綺麗なお店です。
DSC09661
明るいといえば娘さん?かな?若くて明るい看板娘が底抜けに気さく!
よく笑ってくれるのでこちらまで嬉しくなります。
DSC09658
私恥ずかしながら食べたことがないんですがヤーコンと言う植物を粉末にしたものが全ての料理に入っているとのこと。
DSC09662
全ては麺に練りこんであるそうです。
健康的でダイエット効果のあるヤーコン。
これを上手く料理に入れれば食っても食っても健康的で肥満にもならないんではないか。
DSC09664
これから増えて行くものなのかもしれません。
ヤーコン茶をいただき・・
DSC09667
ヤーコンラーメン 600円 + 大盛り 100円
DSC09669
ご飯にも粉末ヤーコンが入ってました。
少し青臭さがあり逆にこれがこってりしたものでも後味が良くなる気がします。
DSC09670
そばのような麺です。
ラーメンやチャーシューを食い過ぎても健康的・肥満にならない。
もしこれが本当ならそこまで味がないヤーコン粉末は売れるんじゃないでしょうか。
個人的にはお年寄りでも子供でも食べやすく塩胡椒を減らしたり温度を低くしたりする部分が物足りなさを感じます。
好みですが特に温度は熱いほど美味しく感じます。
今後は粉末を練りこんだ自家製麺にも取り組むそうです。
様々な料理にチャレンジして欲しいと思います。 

関連ランキング:定食・食堂 | 南伊豆町その他

最新記事
カテゴリ別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ