okamoooのブログ 渋谷在住、会社も渋谷、 東伊豆に別荘、西伊豆にキャンプ場。 平日の渋谷グルメや 休日の伊豆グルメ観光情報を 中心に日記形式でガンガン 書き込みます!


 Pick Up ブロガーの第二回で紹介されています。

<さぷら伊豆グルメオブザイヤーノミネート>
2021年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①季節料理かたやま②とり茶太郎③忠弥
2020年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①炉ばた高塚②翠雲③黒ひげ
2019年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①サエキ飯店②鮨おさむ③欽山
2018年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南三②4000ChineseRestaurant③山西亭
2017年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①南粤美食②出羽屋③芭夯兔 长顺店
2016年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①新香飯店②たっぱん③カントダペッシャーダ
2015年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①宍倉②ラフ③海旬
2014年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①たくまんま②東木③満津美
2013年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①吉野商店②アッサイ③みなとや旅館
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①粧②川上③民宿さくら
2011年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①牛山精肉店②御膳房③阿宗麺線
2010年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①おかりば②也万波③奈る実
2009年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①bacar②友栄③はつかの
2008年さぷら伊豆グルメオブザイヤー ①万宝商店②オーベルジュフェリス③三つ割り菊


2022年 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2021年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2020年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 番外 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2019年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2018年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2017年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2016年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2015年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2014年
l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2013年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2012年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2011年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2010年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2009年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月 l 8月 l 7月 l 6月 l 5月 l 4月 l 3月 l 2月 l 1月 l
2008年 l 12月 l 11月 l 10月 l 9月以前 l

     戸田

【2022GW車上テント10泊】5日目(1) 静岡県戸田 喫茶セピア


5/2朝4時半、ここは道の駅伊豆ゲートウェイ函南です。
普段キャンプ場へは伊豆縦貫道から三津、真城山(サナギヤマ)を越えていくんですが・・
IMG_2599
この日は駿河湾沿いで海鳥を探しながら、大瀬(オセ)を越えていきます。
IMG_2600
東京の自宅で作ったアイスコーヒー、
少しづつ飲んでいるので5日目でもまだ無駄にお金を使うことがありません。
IMG_2601
美しい戸田湾。
みはま崎でしっかり囲われているので普段は波のない穏やかな湾。
1854年プチャーチンのロシア船「ディアナ号」が沈没したとき、戸田村民の好意で造船しロシアに帰れたことから日本とロシアの友好の象徴的な場所でもあります。
IMG_2607
キャンプ場滞在時などでお世話になっているのが戸田の名店
喫茶セピア
IMG_2609
キャンプ場メンバーが戸田に半移住してるんですが、この場所と喫茶セピアのお姉さまが地元の方々との交友を深める最大の場所だと言います。
気さくで明るく面倒見がよさそうな方だけにこの話も納得。
地元の方だけでなく常連観光客にも人気の飲食店。
IMG_2610
鯖焼き定食 800円
極上に炊き上げたご飯はおかわりもOK。
脂のりまくり絶妙に焼いた鯖がサイコー。
ラーメン、カレーうどんなどなどメニューも豊富で全部旨い。
さあ、ようやくGWとしては3年ぶりのアノ場所にのりこみます!

喫茶セピア喫茶店 / 沼津市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.6

沼津市戸田 ゆうなぎ


火曜日の6時に伊豆に向け自宅を出発
DSC03771
修善寺の自動車屋さんで車検をお願いしていたキャンプ場の軽バン・・
通称、雷神号・・帰ってきました。
IMG_4118
この後用事があり、戸田の道の駅「くるら戸田」にある沼津市役所窓口へ。
そこで驚いたのが役所の方々から・・
天ぷら山荘の方ですよね?
IMG_4131
くるら戸田の方々の中では僕たち・・
「謎の天ぷら山荘」と呼ばれていたらしく・・
次々に紹介されるたびに天ぷら山荘の方と・・
確かにあの看板見て今までも
「お前こんなとこで天ぷら屋やるのか?」と通りすがりの方に言われたこともあったので納得です。
IMG_4119
天ぷら山荘・・いや、さぷら山荘に戻り藤が生き生きと成長していることを確認です。
そしてランチです。
IMG_4120
ゆうなぎ
IMG_4122
戸田の一等地に店を構えるお店。
戸田はタカアシガニの街です。
IMG_4121
少々お高いものの、ちゃんとした内容の地魚を出すお店です。
IMG_4124
刺身 1750円
IMG_4126
高価なアカザエビ、真鯛、スルメイカ、平鯛(ヘダイ)など
IMG_4129
平鯛(ヘダイ)を見せていただきました。
鯛の名前がつく魚多しといえど実際の鯛の仲間はその1割。
その1割の魚です。
噛むとしっとりした甘みが出てくる美味しい魚です。
IMG_4130
サービスで頂いたウツボの煮付け。
これ絶品。
今度ウツボ狙いで釣りしてこの店に持ってこようと思います。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 沼津市その他

沼津市戸田 民宿さくら


月曜日です。
この日は昼過ぎに仕事を終え新幹線でまずは三島に。
IMG_6461
名古屋のみそかつはわかるけど・・
東京は焼き鳥で大阪がすき焼きって・・そんなイメージなんですね・・
IMG_6469
三島でイズッパコに乗り換え。
IMG_6474
なんだか・・ものスンゴイ電車です。
痛車ってのがありますが・・電車でヤッテル感じなんでしょうか。
IMG_6475
ここから修善寺まで乗りキャンプ場に到着。
DSC09137
梅干の土用干し1日目です。
DSC09140
毎回おんなじトコに作り続けるハチを観察し・・
DSC09144
芝の水まきやらを終え梅干を梅酢に戻したら・・・
DSC09146
民宿さくら
DSC09147
キャンプ場近くの戸田という場所にある民宿です。
以前、宿泊はしてないんですが夕食をいただき感動。
2012年さぷら伊豆グルメオブザイヤー第三位に輝いた名店です。
http://www.okamooo.jp/archives/6652387.html
DSC09156
近くに壱の湯があるのにコチラにもいいお風呂がありました。
DSC09160
そしてお楽しみの夕食です。
DSC09161
こちらのご主人がまさに孤高の人。
こんな小さな街にいて戸田の海と山の幸を極め続ける憧れの人です。
DSC09164
今回の塩釜焼きはイサキ。
DSC09166
若いころは漁船に乗り遠くは京都の料亭でも修行したとのコト。
DSC09170
小さな街、戸田でこの日本酒の品揃え。
DSC09174
しゃぶしゃぶは真鯛・金目・タコ
DSC09172
こだわりぬくのは日本酒だけではありません。
DSC09177
水です。
リュックとタンクを担ぎ達磨山だけでも5種類の湧き水を求め難所を登る。
米を炊く、お茶にする、飲むなどなど水の質で使い分けます。
DSC09179
水は汲む高度だけでなく竹林や杉林、場所場所で味の違いがハッキリありました。
DSC09173
山菜や水だけでなく野鳥も楽しみながら自然を深く知るご主人はまさに目標。
DSC09186
そして目の前で揚げてくれるてんぷら。
DSC09183
まずは蟹。
DSC09187
つぶ貝
DSC09189
海老
DSC09190
イカ
DSC09191
茄子
DSC09192
トマト
DSC09193
前回も感動して今回も驚愕だったのが海老のヒゲ
DSC09196
香ばしく鼻から抜ける香り。
地元の赤海老では油が多いので駿河湾のボタン海老だそうです。
量を買っても使えるひげはわずかとのコト。
箸に針金で巻きつけて何日も水分を抜く。
DSC09198
一瞬で食べ終わってしまうテンプラですが手間隙がハンパないです。
DSC09201
そして朝食。
DSC09203
腰折れ海老など具沢山の味噌汁
DSC09204
そして戸田のお米が旨いこと!
DSC09205
外観は非常にシンプルでラグジュアリーさはありません。
しかしコノ食事の内容がボクにとっては本当のラグジュアリー。
そしてご主人はボクの憧れの存在であることは最後にもう一回書いておきます。
コノ内容で1泊2食10500円税込み。

民宿さくら旅館・オーベルジュ(その他) / 沼津市その他)
夜総合点★★★★ 4.0

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ








ぱぷわ伊豆
http://blog.livedoor.jp/okamoooooo-png/
2011に行ったパプアニューギニア旅行記

さぷら印度
http://ameblo.jp/okamooo3
2009年に行ったインド旅行記

さぷら商店
http://okamooo.doorblog.jp/
さぷら伊豆に登場するアイテムの紹介

かめら伊豆
http://cameraizu.blogspot.com/
所有しているカメラ・レンズ・写真の紹介
プロフィール

okamoooooo

Twitter プロフィール
さぷら伊豆
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ